2019年10月14日(月・祝)。
西武池袋線「武蔵藤沢駅」~「狭山ケ丘駅」間にて人身事故が発生しました。

Twitterには人身事故発生当時に偶然現場に居合わせたユーザーの方々が、事故発生当時の状況とツイートしています。

ツイートを見てみると、「現在 救助活動中」とリアルタイムな投稿が多数…。

そこで今回は、西武池袋線にて発生した人身事故について人身事故の概要や当時の状況を含め気になる情報をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

2019年10月14日西武池袋線「武蔵藤沢駅」~「狭山ケ丘駅」間で起きた人身事故の概要は?

10月14日(月・祝)に西武池袋線「武蔵藤沢駅」~「狭山ケ丘駅」間にて人身事故が発生しました。
人身事故発生時刻は18時47分頃だったとのこと。

今回注目している人身事故は、駅のホームで発生したのではなく、駅と駅のの線路にて発生したものだと言います。

具体的にどのあたりで発生したのか情報は不明ですが、おそらく踏切でしょう。

Twitterに投稿された情報では、武蔵藤沢駅の下り側の直前に踏切があり、その踏切に侵入した人が走行中の電車と接触したものであると見られています。

「踏切外で人が倒れている」という目撃情報がありました…。

こちらもTwitterに投稿された情報になりますが、西武池袋線で発生した人身事故の該当車両は、40102Fではないかということです。

人身事故が発生したその後、駅職員より連絡を受けた警察、救急隊が現場に駆け付け、回収作業や現場検証が行われました。

今回注目している人身事故の影響で、西武池袋線「狭山ケ岡駅」~「武蔵藤沢駅」間が一時運転を停止することとなりました。
また、西武池袋線だけでなく、以下の路線でもダイヤが乱れたと言います。

西武池袋線
西武有楽町線
西武豊島線
東京メトロ有楽町線
東京メトロ副都心線

多くの路線に影響を与えてしまったということが分かるでしょう。

18時47分頃に発生した人身事故は、19時36分頃に運転を再開したと言います。

スポンサーリンク

2019年10月14日西武池袋線「武蔵藤沢駅」~「狭山ケ丘駅」間で起きた人身事故の当時の現場の状況は?

Twitterには人身事故発生当時に偶然現場に居合わせたユーザーの方々が、人身事故発生当時の現場の状況をツイートしています。

では、人身事故発生当時の状況をみていきましょう。

このようにTwitterにはある1人のユーザーが、人身事故発生当時の状況を詳しくツイートしていました。

人身事故発生当時、どのような流れで処理されていくのかが分かりましたね。

救急車が到着したとのことですが電車と接触した人は無事だったのでしょうか。

スポンサーリンク

2019年10月14日西武池袋線「武蔵藤沢駅」~「狭山ケ丘駅」間で起きた人身事故の身元情報は?

西武池袋線「武蔵藤沢駅」~「狭山ケ丘駅」にて発生した人身事故ですが、踏切に侵入したとみられる人の身元情報は公表されていません。

人身事故が発生し駆け付けた警官により身元情報は調査されたはず。おそらくすでに、身元情報の確認はとれているでしょう。

しかし、他の人身事故でそうであるように、今回の人身事故でも確認がとれた身元情報について公表されることはないと言います。

なぜなのか、その理由は分かりません。

もしかしたら亡くなった遺族への配慮などがあるのかもしれませんね。

2019年10月14日西武池袋線「武蔵藤沢駅」~「狭山ケ丘駅」間で起きた人身事故についてSNSネットの反応は?

では最後に、西武池袋線にて発生した人身事故についてSNSネットの反応をまとめていきたいと思います。

Twitterをチェックしてみると、人身事故が発生した影響で乗る予定だった電車に乗ることができず嘆いているユーザーのツイートが多く投稿されていました。

今回人身事故が発生したことで注目している西武池袋線は、2019年に入り人身事故が多いそうで、なんと今回の人身事故で17件目だと言います。

ちょっと…、多過ぎませんか…。

まとめ

10月14日(月・祝)に西武池袋線にて発生した人身事故について今回は気になる情報をまとめていきました。

今回は踏切内にて発生した人身事故だった模様。

Twitterに多く投稿されていましたが、西武池袋線はほんとうに人身事故発生件数が多過ぎる。

多数発生しているにも関わらず対策していないことに疑問を感じますが、対策してもきりがないと言うか…。
全国的に発生件数が減ることのない人身事故、いい対策はないのでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事