2019年10月15日(火)。
新京成線「元山駅」にて人身事故が発生しました。

Twitterには人身事故発生当時に偶然現場に居合わせたユーザーの方々が事故発生当時の状況をツイートしています。投稿されたツイートを見てみると、「ドンッてなった…」とリアルな当時の状況をツイートした投稿も…。

今回は新京成線「元山駅」にて発生した人身事故について事故の概要や当時の状況など気になる情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

2019年10月15日新京成線「元山駅」で起きた人身事故の概要は?

10月15日(火)新京成線「元山駅」にて人身事故が発生しました。
人身事故発生時刻は、20時29分頃とのこと。

では、人身事故の概要をみていきましょう。

新京成線で発生した人身事故ですが、こちらは「元山駅」に到着する手前の踏切にて発生したとの情報が入っています。

どうやら線路内に侵入した人と、走行中の電車が接触したとのことです。

人と接触した該当車両に乗っていたユーザーがTwitterに当時の状況をツイートしていたのですが、「どんってなった」と投稿していました。

人と接触したときのリアルな感覚を感じてしまったのでしょう…。

人身事故が発生し、すぐに警察、救急隊が現場に駆けつけました。
そして回収作業、現場検証が行われたと言います。

その間、新京成線では一時的に運転を見合わせることになりました。
見合わせた区間は「松戸駅」〜「京成津田沼駅」間の上下線だったとのこと。

人身事故が発生したのは20時29分頃。
当初の予定では、運転再開は21時過ぎだったと言います。

しかし大幅に時間を早めた約10分後に運転を再開したとのこと。

人身事故が発生し約10分で運転を再開させたという話はなかなか聞きません。
調査したところ、新京成線は人身事故発生後の処理がとても早いようで、事故発生から運転再開までの時間が短いことで知られているんだとか。

スポンサーリンク

2019年10月15日新京成線「元山駅」で起きた人身事故当時の現場の状況は?

Twitterには人身故発生当時に偶然現場に居合わせたユーザーの方々が、人身事故発生当時の現場の状況をツイートしています。

では、当時の現場の状況をみていきましょう。

人身事故が発生し、すぐに駆け付けた警察、そして救急隊により回収作業と現場検証が行われました。

作業が行われていた間、該当車両は電気を切っていたと言います。
「停電していた」と当時の状況をツイートしているユーザーが居ました。

多くの人が当時電車に乗っていたため、停電し空調設備も切られていたとなると、ムシムシして暑いと感じる人も居たでしょうね。

スポンサーリンク

2019年10月15日新京成線「元山駅」で起きた人身事故の身元情報は?

新京成線「元山駅」にて発生した人身事故の身元情報を調査していきます。

残念ながら、現時点では身元情報については不明。

全国各地で人身事故が多発していますが、そのほとんどで身元情報については明らかにされていません。

事故発生現場に駆け付けた警察により身元情報は調査されたはずなのに。間違いなく身元情報の確認は取れていることと思います。

生死関係なく情報が出てこないのは一体なぜなのでしょう。

生きていれば本人はもちろん、親族への配慮あってのことなのでしょうか。

2019年10月15日新京成線「元山駅」で起きた人身事故についてSNSネットの反応は?

では最後に、SNSネットの反応をまとめていきます。

人身事故が発生したということで、発生当時は絶望している人が多くいました。
しかし今回10分程度で再開したということで、他の人身事故のように電車の運転が停止したことによる悲痛のコメントは圧倒的に少なかったです。

今回注目している人身事故についてのツイートを調査してみると、人身事故発生から運転再開までの時間が短かったことに対して賞賛する声が多くありました。

まとめ

10月15日(火)に新京成線「元山駅」にて発生した人身事故について今回は情報をまとめていきました。

今回は運転再開までの時間が短かったですね!

なぜ10分程度の時間で運転を再開することができたのか。

人身事故が発生し1時間以上運転停止する路線が多いにも関わらずこの早さ。
早さの秘密をぜひ公開してもらいたいですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事