夜遅くに女性が路上で襲われ、下着を奪われました。

奈良県の住宅街で、夜23時前に起きた事件。容疑者は「女性の穿いている下着が欲しかった」とか。

今回の記事では、事件の概要や容疑者の情報、ネット上での反応をまとめました。

スポンサーリンク

加藤規彰容疑者が起こした事件の概要は?

 
概要から見ていきます。

帰宅中の女性の下着を奪った上、けがを負わせたとして、奈良県警奈良西署などは16日、大和高田市吉井、建設作業員加藤規彰容疑者(26)を強盗傷害の疑いで逮捕した。「女性のはいている下着が欲しかった」と容疑を認めているという。

 発表では、加藤容疑者は9月7日午後10時55分頃、奈良市学園大和町の路上で、歩いていた女性会社員(22)の背後から襲って引き倒し、下着を強奪。その際、両膝などに約1日のけがをさせた疑い。

 奈良西署によると、現場近くまで車で来ており、付近の防犯カメラの映像などから加藤容疑者を特定した。自宅を捜索したが、女性の下着は見つかっておらず、さらに詳しく調べる。

引用元:ヤフーニュース

引用元:ヤフーニュース
26歳の男性が路上を歩いていた女性が穿いていた下着を奪って逃げたとのこと。犯行時刻も23時前と遅く、あたりに人気がなかったことが予想できます。

加藤規彰容疑者の人柄などは知りませんが、十分に魅力のある男性は、路上の女性を狙わなくても交際相手の女性との関係に満足していると思います。こんな事件を起こして全国に名前をさらされる前に、発想を転換すべきでした。

スポンサーリンク

加藤規彰容疑者のプロフィール

 
容疑者のプロフィールは下記となります。  
名前 加藤規彰
年齢 26
住所 奈良県大和高田市吉井
職業  建設作業員
逮捕理由 強盗傷害

スポンサーリンク

加藤規彰容疑者の顔写真

防犯カメラの映像が証拠となって加藤規彰容疑者が逮捕されましたが、その映像は公開されていません。

加藤規彰容疑者が起こした事件の現場はどこ?

加藤規彰容疑者が女性を襲った現場は、奈良県奈良市学園大和町の路上です。

加藤規彰容疑者が起こした事件詳細は?

強盗傷害の容疑で逮捕された加藤規彰容疑者。詳細はどのようなものだったのでしょうか。

9月7日午後23時前、路上を歩いていた女性の腰を後ろから掴んで引き倒し、下着を強奪したとのことです。女性は持っていた折り畳み傘で容疑者を叩くなどして抵抗しました。下着を脱がして奪うと、容疑者は北へ逃走したとのことです。

逮捕につながったのは、住宅街に設置されていた防犯カメラの映像。現場近くまで車で来ていた加藤容疑者の姿が写っていました。

加藤規彰容疑者が起こした事件の犯行動機や被害者情報は?

被害にあった女性の、公開されている情報は以下の通りです。

・年齢 22歳
・職業 会社員

無理やり下着を奪われたことによるケガはすぐに癒えますが、深く負った心の傷を想うと、容疑者への怒りが湧いてきます。

加藤規彰容疑者のSNS情報は?

加藤規彰容疑者のSNSアカウントについて調査をしましたが、本人の特定には至りませんでした。

加藤規彰容疑者が起こした事件についてSNSネット上の反応は?

この事件に対しネット上では、どのような反応なのでしょうか。

“逮捕してくれた事は有難いけど、事件から40日経過していて、もっと早く逮捕出来なかったかな?と思う。逮捕されるまでの間、現場付近に住んでいる女性の恐怖心は相当あったと思うし、その間に犯行を積み重ねていたかもしれないし。“
(ヤフーニュース)

“こういうのって女性はトラウマになる。彼氏が出来て、そういう事をするってなって脱がされる時、この事がフラッシュバックする子だっている。膝に約一日の怪我だけでなく、心に相当ダメージがあると思う。軽い刑だけで許してはならない事件です。”
(ヤフーニュース)

“ICチップを埋め込んで、常時居場所をアプリで検索できるようにする。抑止効果も期待できるし再犯もかなり防ぐことができると思いますが。“
(ヤフーニュース)

ヤフーニュースに寄せられておりましたコメントを引用しました。

被害を受けた女性の心の傷を心配する声、それと同時に容疑者の行為の批判、そして厳罰化を求める声が主にネット上で見られました。こうした事件の抑止や再犯防止のために、GPS
などで前科者を管理する方法が提案されています。正直言って、全国に溢れる性犯罪前科者全員に対して警察がGPSを配布、24時間体制で居場所を管理するというのは考えにくいですね。費用がかかりすぎます。

容疑者の心理を徹底的に追求し、研究し、それを防犯に活かすことが必要かと思われます。

まとめ

奈良県の路上で、女性が引き倒され下着を奪われた事件を取り上げました。

事件当時の被害者女性の恐怖を想像するとても不快な事件で、逮捕された容疑者は十分に反省してほしいものです。被害にあった女性の、今後の心理的サポートがきちんとなされることを願います。

スポンサーリンク
おすすめの記事