2019年10月19日、名古屋市南区の名鉄中部国際空港線大江駅前で黒煙の上がる火災が発生しました。

火柱が上がり、消防車も出動する火災だったとか。あたりには匂いも充満したようです。ツイッター上では、当時の様子を知らせるツイートが見られます。

そこで今回は、名鉄中部国際空港線大江駅前で発生した火災について、当時の状況や火災の出火元、ネット上での反応などをまとめました。

スポンサーリンク

2019年10月19日名古屋市南区名鉄大江駅前で起きた火災当時の状況は?

2019年10月19日正午ごろ、名鉄中部国際空港線大江駅前にて発生した火災。当時の様子がわかるツイートから、あたり一帯は黒煙。消防車も出動し、消火活動にあたったようです。

こちらの動画は、火災現場の横を車で通り過ぎた方による撮影のようです。一瞬ですが、赤く燃え上がる炎が確認できます。


こちらのツイートでは、ただ一言「ヤバい」と。大江駅前での火災を見た人たちを怖がらせたことが伝わってきます。

また、鎮火されたのは午後14時40分頃かと思われます。2時間半以上にわたって炎は煙とにおいを出し続けました。沿線での火災ではありますが速度を落としての運転で、電車の運転見合わせはありませんでした。主な交通への影響は国道247号から国道19号の混雑だったようです。

スポンサーリンク

2019年10月19日名古屋市南区名鉄大江駅前で起きた火災の場所は?

火災の現場は、名古屋市南区加福本通り2丁目。以下の場所です。

沿線であることに加え、建物や住宅が立ち並ぶ地区での火災でした。上のツイートの動画や写真では良く分かりませんが、どうやら激しく燃えているのは民家とのことです。

スポンサーリンク

2019年10月19日名古屋市南区名鉄大江駅前で起きた火災の出火元、身元情報は?

10月19日、休日の土曜日に起きた沿線での火災。火災の出火元、被害者がいれば被害者の身元情報も気になるところです。

当時の状況を知らせるツイートによると、出火元はある民家。火災の原因は明らかになっていません。家の中の電気回線からの発火でしょうか。火災発生が日中であったことから、放火というのは考えにくいと思いますが…。いずれにせよ、日中の火災だったため消防も迅速に対応できたのではないかと考えられます。

救急車の目撃情報があることから、この火災により怪我を負った方がいると予想できますが、何名いるのか、また容態はどうなのか等、被害の詳細な情報は明らかにされていません。

2019年10月19日名古屋市南区名鉄大江駅前で起きた火災についてSNSネットの反応は?

今回の、名鉄中部国際空港線大江駅前での火災に対する、SNS上での反応を見てみましょう。

ツイッターでの反応を引用しました。

火災が発生したのが土曜日ということもあり、お出かけの予定が入っていた方々もいたはず。道路の混雑や電車の遅延等はあったようですが、それに腹を立てた人のツイートなどは特にありませんでした。

火災現場付近では火元情報などが共有されつつある様子ですが、火災によるけが人の有無を心配する声もあり、今後の報道で火災の詳細が明らかになってほしいと思います。

まとめ

今回は、2019年10月19日に起きた名鉄中部国際空港線大江駅前での火災について情報をまとめました。

火災発生から2時間半以上も鎮火に時間がかかり、電車の遅延や周囲の道路が混雑したようです。燃え上がる火柱は目撃者に恐怖を感じさせるほどのものだったようで、火災による被害が最小にとどまったことを願うばかりです。

スポンサーリンク
おすすめの記事