2019年10月19日(土)
大阪市港区弁天町付近にて火災が発生しました。

Twitterには火災発生当時の状況を撮影した画像や動画が投稿されていました。
どうやら今回注目する火災は、船で発生した火災のよう…。

そこで今回は火災発生当時の状況やSNSネットの反応をまとめていきます。

スポンサーリンク

2019年10月19日大阪市港区弁天町付近で起きた小型船火災当時の状況は?

10月19日(土)大阪市港区弁天町の港で火災が発生しました。

Twitterには火災発生当時、偶然現場に居合わせたユーザーが火災発生当時の状況が分かる動画、画像が多くツイートしています。

では、火災発生当時の状況をみていきましょう。

Twitterに投稿された当時の動画を見てみると、船が燃えているのが分かります。

水上消防署の艦艇による消火活動が行われている様子を撮影した動画もTwitterには投稿されていました。

火災発生現場となった弁天町の港には、消防車が多数出動していました。
船が激しく燃えていることで、現場は騒然としたと言います。

「川の方からも放水してる」という目撃情報も投稿されていました。

今回火災が発生した船は400トンの運搬船で、積荷はなかったとのこと。

スポンサーリンク

2019年10月19日大阪市港区弁天町付近で起きた小型船火災の場所は?

今回注目している火災が発生したのは、大阪市港区弁天町の港です。

弁天埠頭に船舶していた船が爆発したとの情報が入っています。

住所:大阪府大阪市港区弁天7

スポンサーリンク

2019年10月19日大阪市港区弁天町付近で起きた小型船火災の出火元と身元情報は?

 

今回注目している火災は、弁天埠頭に船舶している船から出火したということが明らかになっています。

では、なぜ船から出火したのでしょうか。

実は、停泊火災が発生することは珍しいことではないのだとか。

停泊火災が発生する原因として考えられるのは、荷役時においてバッテリーなど発火源となる異物の除去を含む防火・消防対策が不十分であったためだと言います。

今回注目している弁天埠頭に船舶している船から出火したことについてですが、なぜ出荷したのかその原因は公表されていません。

現場検証が行われていると思うので、もう原因は分かっているはず。

おそらく今回紹介したようなことが原因で火災が発生したのではと予想します。

弁天埠頭に船舶している船から出火したということで、気になるのは火災発生により被害に遭った人がいないかどうかです。

調査したみたところ、逃げ遅れた人が2人居るという情報が…。

今回注目している火災が発生した船は乗客を乗せる船ではなく、運搬に使用する船であったと言います。

そのため逃げ遅れたとされるのは船で仕事をする人でしょう。

現時点で逃げ遅れた人は救出されたのかどうか。
また身元情報は明らかになっていません。

救出されているといいのですが…。

2019年10月19日大阪市港区弁天町付近で起きた小型船火災についてSNSネットの反応は?

では最後に、弁天埠頭に船舶していた船の火災について、SNSネットの反応をまとめていきたいと思います。

Twitterを調査してみると、火災について多くのツイートがありました。

今回注目している火災発生場所となった弁天埠頭の周辺はわりと高層階のマンションが立ち並ぶエリアとなっています。

そのため自宅から撮影した動画や画像がTwitterに多く投稿されていました。

今回の火災が発生したのは、おそらく19時頃。
自宅に居る人が多い時間帯に発生したため目撃した人が多かったのでしょう。

まとめ

10月19日(土)大阪市港区弁天町の弁天埠頭に船舶していた船にて発生した火災について今回は気になる情報をまとめていきました。

逃げ遅れた人が2人居るという情報が気になります。
無事に救出されたのでしょうか…。

今回注目している火災について、現時点では原因は公表されていません。
同じような火災が他で発生しないためにも、火災が発生した原因について明らかになればきちんと後日にでも報道するべきだと思います。

火災が発生したという報道は多いですが、なぜ火災が発生したのかその情報が報道されることってあまりないような気がします。

最後までしっかりと責任をもって報道してもらいたいものです。

スポンサーリンク
おすすめの記事