2019年10月22日、伊勢湾岸道長島出口付近で大規模な事故が起こりました。

7台の車が関係する事故で、そのうち3台が炎上。救急車や消防車が駆け付け、あたりは渋滞。通行止めにもなりました。

今回の記事では、伊勢湾岸道長島出口付近で発生した事故について、当時の状況やドライバーの安否、ネット上での反応などをまとめました。

スポンサーリンク

2019年10月22日伊勢湾岸道長島出口付近で起きた事故の概要と当時の画像動画は?

2019年10月22日11時ごろ、伊勢湾岸道にて事故車が炎上しました。事故当時現場付近にいたと思われる方々が、現場での様子をツイートしています。

派手に車が転倒している様子が分かります。白煙が出ており、写真真ん中の車からは炎が上がっているのも見えます。車のそばには、消防らしき方がいます。

こちらのツイートからは何台の車が事故に関係しているのかわかりにくいですが、6台による事故とみられています。6台も絡むとなると追突事故かと思われますが、高速道路でスピードが出ていたからなのか、車の転倒具合からもかなり激しい事故だったことが予想されます。

事故現場から少し離れたところでの様子だと思われます。サイレンが鳴り響き、救急車や消防車、パトカーが事故現場に駆け付けているとのこと。

事故現場付近の方々のツイートが午前11時ごろから始まっていることから、事故はそれより前に起きたことが分かりますが、鎮火がいつ完了したのか明らかではありません。

スポンサーリンク

2019年10月22日伊勢湾岸道長島出口付近で起きた事故でのドライバーの安否と身元情報は?

10月22日に伊勢湾岸道で起きた交通事故とそれに伴う事故車の炎上。気になるのは、事故の被害です。

今回の事故車炎上の原因となった事故は、7台が関係する事故のようです。7台のうち3台が炎上しており、転倒している車の中に人がいる様子が動画から確認できます。

事故による負傷者は15人と報道されていますが、いずれも命に別状はないようです。命に危険のないケガで済んでよかったですが、事故の恐怖はこれからも車を運転するたびについて回るのでしょうね。

スポンサーリンク

2019年10月22日伊勢湾岸道長島出口付近で起きた事故で渋滞や通行止めの影響は?

伊勢湾岸道で10月22日に起こった事故により、交通状況に影響が出ています。

事故の影響で、伊勢湾岸道下り湾岸弥富ICから弥富木曽岬ICの間が通行止めになっています。

交通規制だけではなく渋滞も起こり、事故当時現場付近はまったく交通が動かない状況だった模様。こちらのツイートでは一時間以上も進まなかったようです。事故発生が午前11時ごろと見られますが、現場付近の渋滞が動き出したのは13時ごろとのことです。

2019年10月22日伊勢湾岸道長島出口付近で起きた事故について目撃者のSNSネットの反応は?

今回の、伊勢湾岸道での事故車炎上に対する、SNS上での反応を見てみましょう。

ツイッターでの反応を引用しました。

伊勢湾岸道は直線が続くため、かなりスピードを出して走るドライバーが普段から多いようです。そのスピードの中事故が起きて、15人の負傷者というのは小さな事故ではありませんが、たしかに命に別条がないというのは素晴らしいことだと思います。日ごろからのシートベルト着用は、ドライバーや同乗者が今後も怠ってはならないことのひとつです。

運転の技術やマインドに触れるツイートもありました。自分が十分に気を付けていても、防ぎきることができないのが交通事故。ドライバーひとりひとりが周りの状況をよく見て運転することが大切です。

まとめ

今回は、2019年10月22日の伊勢湾岸道での事故について取り上げました。

事故を起こすと、当事者の予定が狂うのはもちろんのこと、巻き込まれた人たちも渋滞や通行止めで予定変更を余儀なくされます。事故を起こしたい人はいません。高速道路でもより慎重に運転することを心掛けたいものです。

スポンサーリンク
おすすめの記事