2019年10月12日(土)の夜から13日(日)にかけて東日本に上陸し、大きな被害を与えた台風19号。
雨台風で各地で記録的豪雨をもたらし、多くの川が氾濫し町を飲み込みました。

まだ被害の爪痕が残る中、10月25日(金)に関東地方では大雨となっています。

中でも千葉県はひどく、千葉県鴨川市では午前10時20分までの1時間に82.5㎜の熱烈な雨を観測。なんと統計を開始した1976年以来、1位の記録だったそうです。

今回注目するのは、千葉県佐倉市にある総武本線「佐倉駅」。
JR「佐倉駅」では線路が完全に水没して、列車が動けなくなってしまいました。

そこで今回は総武本線「佐倉駅」の当時の状況を紹介していくとともに、SNSネットの反応について気になる情報をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

10月25日関東地方の大雨による佐倉駅冠水の概要は?

10月25日(金)関東甲信地方では湿った空気が流れ込み、広い範囲で雨が降っています。

とくに千葉県の雨量がすごく、冒頭でも紹介したように、1時間に82.5㎜の熱烈な雨を観測した地域も…。

今回注目するのは、千葉県佐倉市にある総武本線「佐倉駅」。

グーグルマップで総武本線「佐倉駅」を見てみると、数m離れた場所に高崎川があるのが見えます。この高崎川が今回の大雨により危険水域に達しています。

総武本線「佐倉駅」を通る電車は高崎川にかかる橋を走行するのですが、高崎川が危険水域に達しているため、電車の運行はストップ。

といいますか、すでに線路が浸水しています。
総武本線「佐倉駅」はちょっと土地が低いところにあるため早い段階から雨が溜まってしまい、今回の大雨により線路が浸水してしまったとのことです。

線路が浸水してしまえば、電車は進むことができません。
そのため、当時電車に乗っていた乗客は強制的に降ろされたと言います。

スポンサーリンク

10月25日関東地方の大雨による佐倉駅冠水の様子画像動画は?

Twitterには、総武本線「佐倉駅」を当時利用していたユーザーの方々が駅の様子を撮影した画像、動画が多数投稿されていました。

では、総武本線「佐倉駅」の様子をみてみましょう。

Twitterに投稿された総武本線「佐倉駅」の画像や動画を見てみると、このように線路が川のようになっている様子を確認することができました。

これは…、電車が止まってしまうのも納得です。これは動けない。

スポンサーリンク

10月25日関東地方の大雨による佐倉駅冠水の影響で電車運行ダイヤはどうなってる?

線路が浸水し川のようになっている総武本線「佐倉駅」。
気になるのは、電車の運行ダイヤです。

現在、大雨の影響により総武本線「佐倉駅」~「銚子駅」間で運転が一時停止となっています。運転再開がいつになるかは不明とのこと。

現在佐倉市では現在、警戒レベル4が出ています。
線路の水がひき、避難勧告が解除されなければ運転再開は難しそう…。

今日中の運転再開は…、諦めた方がいいと言っていいでしょう。

ちなみに現在、千葉県の多くの路線で大雨の影響により運転停止となっています。

10月25日関東地方の大雨による佐倉駅冠水についてSNSネットの反応は?

では最後に、総武本線「佐倉駅」が浸水し「ヤバい!」ということで、SNSネットの反応をまとめていきたいと思います。

総武本線「佐倉駅」の線路が浸水してしまったことについてTwitterでは「川みたい」というツイートから「スプラッシュマウンテンみたい」というツイートまで…。

多くの人が驚きの声、そして「帰れない…」という悲痛の声もありました。

まとめ

10月25日(金)関東を中心に大雨洪水警報が発令しており、いくつもの地域で避難勧告が出されています。

今回は千葉県佐倉市の総武本線「佐倉駅」が浸水したことについて気になる情報をまとめていきました。

やはりこうした大雨の場合、土地が低いところに立地している場所はすぐに浸水してしまいますね…。線路がほんとうに川のようでした。

現在もまだ千葉県内では避難勧告が出されています。
雨が止み水がひき、はやく電車の運転が再開するといいですが…。

スポンサーリンク
おすすめの記事