特別支援学校で、講師が生徒に繰り返し暴言を浴びせたことが発覚しました。

「かまってほしくて寄ってくるからやった」と事実を認めており、蹴るなどの暴力的な行為もしていたとか。

今回の記事では、ニュースの概要や加害者の情報、ネット上での反応をまとめました。

スポンサーリンク

熊本市の特別支援学校で起きた講師が生徒に起こした事件の概要は?

 
概要から見ていきます。

熊本県教委は県立の特別支援学校(熊本市)の20代男性講師が10代の男子生徒を蹴ったり「臭い」と暴言を浴びせたりするなど、不適切な指導を8回繰り返していたと発表した。講師は生徒に謝罪し退職の意向を示しているという。県教委は23日夜の保護者会で経緯を説明。講師の処分について「厳正に対処する」としている。

 県教委や学校によると講師は男子生徒の副担任。今年6~10月、教室で生徒の尻を複数回蹴った他、「臭い」「邪魔だ」「迷惑だ」といった暴言を浴びせ、ビニールテープで1分間ほど手を縛るなどしたという。

 教室内の更衣スペースで股間をつかんだこともあり、股間を痛がっている男子生徒に気づいた担任が保護者に連絡。今月11日に保護者から相談を受けた学部主事が講師らに経緯を尋ねたところ「ふざけてやった」などと認めたという。

 その後の調査で他の不適切指導も明らかになり、講師は「(生徒に)過度の身体接触をされて嫌な気持ちになり、感情的になった」と説明。21日から自宅謹慎している。

 学校は23日夜に保護者会を開催。その後の記者会見で校長が「許されるものではない。未然に防げず反省している」と陳謝した。【城島勇人】  

引用元:ヤフーニュース

教員として、やってはいけないことをしたと言ってよいでしょう。生徒の態度に耐え切れず、暴言を吐き暴力に走りました。生徒から過度な身体接触をされて不快だったとのことですが、生徒は男性講師を慕っていたのではないでしょうか。

生徒の保護者やほかの教員に相談などをして、未然に暴力を防ぐことができれま良かったです。

スポンサーリンク

特別支援学校の加害者講師のプロフィール

 
男子生徒に不適切な指導を繰り返した男性講師のプロフィールは以下の通りです。

・氏名 未公開
・年齢 20代
・住所 未公開
・職業 特別支援学校講師
・容疑 生徒に不適切な指導を繰り返した

氏名が公開されていないのは、逮捕されたわけではないからでしょうか。処分を検討中とのことですので、決定し次第新たな情報が報道されるものと考えられます。

スポンサーリンク

特別支援学校の加害者講師の顔写真

現時点で、加害者の顔写真は公開されておりません。

熊本市の特別支援学校で起きた講師が生徒に起こした事件がニュースでも取り上げられました

 
特別支援学校での不適切な指導の発覚は、毎日新聞、朝日新聞等のメディアでも報道されています。

記者会見で謝罪する熊本県教育委員会の担当者ら

引用元:毎日新聞

熊本市の特別支援学校で起きた講師が生徒に起こした事件の現場はどこ?

男性講師が男子生徒に暴言を吐くなどして不適切な指導を繰り返したのは、熊本県立の特別支援学校です。熊本県立の特別支援学校は15校以上あり、どこの学校か具体的に報道されておらず、特定はできませんでした。

熊本市の特別支援学校で起きた講師が生徒に起こした詳細は?

 
熊本県の特別支援学校で男子生徒に不適切な指導を繰り返したとされる、20代の男性講師。詳細を見てみましょう。

2019年6月から10月にかけて、生徒の股間を握ったり、生徒の尻を膝で蹴ったり、ビニールテープで手を縛ったり、計8回にわたって暴力的な行為をしていたことが発覚しました。男子生徒の副担任であった男性講師の行為に、担任の教員が気付いたことで保護者に知らされました。男性講師は学校からの聞き取りで事実を認めています。現在自宅謹慎中とのことですが、退職の意向を示しているそうです。

熊本市の特別支援学校で起きた講師が生徒に起こした事件の犯行動機や被害者情報は?

被害にあった10代の男子生徒の情報は公開されておりません。被害にあった男子生徒自身、そして彼の保護者の方がどれだけつらい思いをしたか、想像できません。教育者への信頼もなくしてしまったかもしれません。

男性講師はなぜ男子生徒に不適切な指導を繰り返したのか。男性講師本人の供述によると、「生徒がかまってほしくて寄ってくるのでやった」とのことです。大変な仕事にストレスがたまるのは自然なことですが、教員としてやってはいけないことです。

熊本市の特別支援学校で起きた講師が生徒に起こした事件についてネット上の反応は?

この事件に対しネット上では、どのような反応なのでしょうか。

“大変な事が多いと思いますが、そのイライラを他者にぶつけてはダメです。仮に生徒さんが本当に臭かったとすればまずは保護者に伝えるべきです。健常者でも身なりにだらしない人もいるなかで障害をもっていれば程度によっては難しいと思うので。”
(ヤフーニュース)

“言ってしまえば適正でなかったんだと思う。安定した職業だったから選んだだけなのかわからないし、元々特別支援に志があったのであっても現実で心が折れてしまったのかも知れないけど。”
(ヤフーニュース)


(ツイッター)

ヤフーニュース、ツイッターに寄せられておりましたコメントを引用させていただきました。

ネット上のどのコメントも、生徒に暴言や暴力で被害を加えた男性講師への批判です。男性講師の行いが正しくなかったことは明らかです。学校で預かっている生徒さんのことをもっと真剣に考えるべきですし、耐えきれないのなら、そのことを他の講師や保護者に共有して問題を解決しようとすべきでした。

まとめ

熊本の特別支援学校で、男性講師が生徒に不適切な指導を繰り返した事件をお伝えしました。

生徒に被害を加えた男性講師自身は退職の意向を示しているとのことですが、この先どの仕事を選ぶにしろ忍耐力は持ってほしいですね。簡単で、楽しいだけの仕事はありません。同じ過ちを繰り返さないでほしいです。

スポンサーリンク
おすすめの記事