2019年10月12日(土)の夜から13日(日)にかけて東日本に上陸した台風19号。
″地球史上最大級″と言われた台風19号は、各地に大きな被害を与えました。

各地で河川が氾濫。
濁流が住宅地に流れ込み、多くの家が浸水してしまう事態に…。

残念なことに、全国各地で死者が出てしまいました。
最も多くの死者を出してしまったのは福島県で、なんと30人にもなるんだとか…。

そんな福島県で10月25日(金)、大雨の影響で夏井川が氾濫。
夏井川周辺に住んでいる住民の安否が心配されています。

今回は夏井川氾濫について、現地の様子やSNSネットの反応をまとめていきます。

スポンサーリンク

福島県いわき市内を流れる夏井川氾濫の概要は?

2019年10月25日(金)午後9時頃。
福島県いわき市内を流れる夏井川が氾濫したとの情報が入っています。

今回注目している夏井川は、台風19号により堤防が決壊。
当時、多くの濁流が町に流れ込み大きな被害をもたらせてしまいました。

堤防が決壊し、充分な修復が出来ていない中で発生した今回の大雨。
住民の不安は的中し、今回の大雨でも夏井川が氾濫してしまう事態となりました。

夏井川が氾濫したことで、いわき市内は警戒レベル5を発令。
警戒レベル5は災害がすでに発生していることを示すものです。

警戒レベル5が発令したら、「命を守るための最善の行動」をとる必要があります。
命の危機がすぐそこに迫っている、大変危険な状態となります。

スポンサーリンク

夏井川の様子画像動画は?

突然ですが皆さん、河川の様子を確認することができるライブカメラの存在を知っていますでしょうか。

ライブカメラにより撮影された河川の様子は、私たち一般人でも見ることが可能。

こうした大雨の場合、なにより心配されるのが河川の氾濫です。
ですが、河川まで様子を見にいくことは大変危険。

そんなときに、大変役立つのがライブカメラなんです!!

今回の大雨により、夏井川は危険水域を超えてきました。
そして、あっという間に氾濫してしまったのです。

Twitterには、夏井川の様子を撮影した画像や動画が投稿されています。

ライブカメラにて撮影された夏井川の様子となります。
これらの画像、動画はすべて氾濫する前のものとなるみたいです。

氾濫危険水域を超えているのを確認することができるでしょう。

今回夏井川が氾濫したのは9時半頃だったとのこと。

スポンサーリンク

福島県いわき市内を流れる夏井川氾濫についてSNSネットの反応は?

では最後に、夏井川が氾濫したことについてSNSネットの反応をまとめていきます。

台風19号が上陸した際、夏井川は氾濫しました。
そして今回また氾濫…。

そのためTwitterには「もうこれ以上はやめてくれ…」と、夏井川周辺に住む住民たちを心配するツイートが多く投稿されていました。

台風19号の影響で夏井川が氾濫し、発生当時周辺では断水状態になっていました。
最近になってようやく断水が解除されたというのにまた今回の氾濫…。

「また断水となるのか…」と悲痛の声も多く投稿されていました。

まとめ

10月25日(金)に発生した局地的大雨の影響により、福島県いわき市内を流れる夏井川が氾濫したことについて今回は情報をまとめていきました。

夏井川が氾濫し、やっと落ち着いて生活できるようになった矢先の出来事…。

もう、心が折れてしまいますよね。
ほんとうに、いわき市に住む方が心配です。

福島県いわき市といえば、忘れることのできない2011年に発生した東日本大震災でも大きな被害を出しました。

平穏を取り戻した矢先に立て続けに自然災害…。

いくら文明が発展しても、私たち人間は自然災害の前では無力です。

現時点で、今回の氾濫による被害の詳細は明らかになっておらず。
死者、行方不明者が出ないことを祈るしかできません…。

スポンサーリンク
おすすめの記事