2019年10月28日(月)
横須賀線「北鎌倉駅」にて沿線火災が発生しました。

Twitterに火災発生当時の状況を撮影した画像や動画が投稿されていたのですが、激しい火災が発生していることを確認することができました。

今回の火災の影響により、横須賀線では一部区間で運転を見合わせることとなり、2時間以上も遅れが発生してしまったとのこと。

また周辺道路が混雑するなど、多方面に影響を与えてしまったみたいです。

そこで今回は、横須賀線「北鎌倉駅」にて発生した沿線火災について、当時の状況やSNSネットの反応といった気になる情報をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

2019年10月28日横須賀線「北鎌倉駅」沿線で起きた火災当時の状況は?

10月28日(月)午前4時14分頃。
横須賀線「北鎌倉駅」にて沿線火災が発生しました。

Twitterには火災発生当時の状況を撮影した動画や画像が多数投稿されています。
では、火災発生当時の状況をみていきましょう。

Twitterに投稿された目撃情報から、横須賀線の沿線沿いに建つ住宅から出火したということが分かりました。

火災が発生した住宅だけでなく、周辺の住宅も燃えてしまったみたい…。

風向きの方向に家が燃えていったという目撃情報がありました。

火災が発生しすぐに119番通報、現場に消防隊が駆け付け、すぐに消火活動が行われたと言います。

午前4時14分に発生した火災が鎮火したのは、午前5時15分頃だったとのこと。

今回注目している火災は出火元となった住宅の他に、残念ながら何軒か延焼してしまったとのことなので、消火活動に時間がかかってしまったのでしょう。

鎮火したため、問題なしかと思いきや、そうはいかないのが沿線火災。

夜が明けた早朝から横須賀線では現場検証などが行われ、横須賀線そして宇都宮線も運転を見合わせることとなりました。

朝の多くの人が利用する時間帯に運転を見合わせることとなり、駅は大混雑。

運転再開となったのは、午前7時28分だったそうです。

ちょうど朝のピーク時には間に合ったものの、それ以前の電車が運転見合わせだっため駅は大混雑。遅れ、乗れないなど駅は大混乱の様子だったようです。

スポンサーリンク

2019年10月28日横須賀線「北鎌倉駅」沿線で起きた火災の場所は?

今回注目している火災が発生したのは、横須賀線「北鎌倉駅」の近くの沿線沿いに建つ住宅です。

https://goo.gl/maps/ZVoaMdcQerNSrbtW9

具体的な場所は分かりませんが、だいたいここらへんと思っていただけたら。

スポンサーリンク

2019年10月28日横須賀線「北鎌倉駅」沿線で起きた火災の出火元と身元情報は?

 

出火したのは、沿線沿いに建つ住宅でした。

早朝の時間帯に発生した今回の火災。
火災発生の原因については現時点では明らかになっていません。

午前4時14分ということで、可能性として考えられるのは放火…。

放火は深夜や明け方といった、外を人が出歩いていない寝静まった時間帯に発生するケースが多いと言います。
火災発生の原因は一体なんだったのでしょうか。

また火災が発生したということで気になる被害状況についてですが、幸いにも今回の火災で人的被害は確認されていないとのことです。

早朝でしたが、火災が発生しすぐに避難したのでしょう。

2019年10月28日横須賀線「北鎌倉駅」沿線で起きた火災についてSNSネットの反応は?

では最後に、SNSネットの反応をまとめていきたいと思います。

沿線火災の影響で朝から運転停止となってしまい、このように多くの人に影響を与えることになってしまいました。

朝から電車が動かないは辛い…。

Twitterに投稿された情報を見てみると、横須賀線「武蔵小杉駅」では運転を見合わせることの影響で入場規制が行われたと言います。

運転が停止していた時間が2時間ということで、大混雑していたのでしょう。

まとめ

10月28日(月)に横須賀線にて発生した沿線火災について、今回は気になる情報をまとめていきました。

電車が安全第一です。そのため、沿線で火災が発生したということで現場検証がしっかりと行われたのでしょう。

月曜日の朝。
それでなくても憂鬱な気分のときに電車が運転しておらず大混雑していたということで、多くの人のモチベーションを下げることになってしまいました。

スポンサーリンク
おすすめの記事