鳥取市のイベントでハンググライダーが空中接触しました。

この事故で、山中に落ちたハングライダーに乗っていた、21歳の女子大生が亡くなったとか。まだ若いのに、とても残念です。

今回の記事では、事故の概要や負傷者の情報、ネット上での反応をまとめました。

スポンサーリンク

小松ひなさんが亡くなったハングライダー事故の概要は? 

概要から見ていきます。

27日、鳥取市でハンググライダー2機が空中で接触して落下し、21歳の女子大学生が死亡した。

27日午後0時すぎ、鳥取市で開かれていた「霊石山フライトフェスティバル」で、ハンググライダー2機が空中で接触し、山中に落下した。

この事故で、大学生の小松ひなさん(21)が、県の防災ヘリで病院に搬送されたが、頭を強く打っていて、死亡した。

もう1人の46歳の女性も、鎖骨骨折など大けがをしている。

警察は、事故当時の状況について、大会関係者などから話を聞き、原因を調べている。

引用元:ヤフーニュース

会場となっていた霊石山近辺はスカイスポーツのメッカと称されるほどで、「霊石山フライトフェスティバル」ではハンググライダー資格保有者のみが競技に参加できたようです。当日、会場がかなり混んでいたのなら2機が空中接触してしまったいきさつも理解できます。

亡くなった小松ひなさんと接触した方も山中に落下し、大けがを負っています。フェスティバル運営側には、来年以降はより安全対策を強化してほしいですね。

スポンサーリンク

小松ひなさんの顔写真は?

霊石山フライトフェスティバルでの事故で亡くなった小松ひなさんの顔写真は公開されておりません。また、小松さんと空中接触して同じく山中に落下し大けがをした40代女性の顔写真も、公開されておりません。

スポンサーリンク

小松ひなさんが亡くなったハングライダー事故がニュースでも取り上げられました

小松ひなさんが亡くなったハンググライダーの事故はニュースで報道されています。

ハングライダー事故の現場はどこ?

 
小松ひなさんが亡くなった事故が起きたのは、霊石山フライトエリアです。事故当日、「霊石山フライトフェスティバル」の競技会場となっていました。

ハングライダー事故の詳細は?

2機のハンググライダーが空中接触して女子大学生が死亡した事故。事故はどのように起こったのか、詳細を見てみましょう。

事故は、霊石山フライトフェスティバルの競技中に起こりました。10月26日、27日に鳥取市で開催されていたフライトフェスティバルで、競技への参加者は最大で60名ほどだったようです。小松さんのハンググライダーと、46歳女性のハンググライダーが空中接触し、両機とも山中に落下。小松さんは落下した際に頭を強打し、病院に搬送されたものの死亡しました。46歳女性は、鎖骨骨折などの重傷です。

事件当時の詳しい状況は、現在警察が調査中とのことです。

ハングライダー事故での被害者情報は?

亡くなった小松ひなさんの他に46歳の女性が重傷を負っています。メディアで公開されている、2人のプロフィールは以下の通りです。

氏名 小松ひなさん
年齢 21歳
住所 非公開
職業 学生(鳥取大学)

氏名 非公開
年齢 46歳
住所 滋賀県
職業 非公開

小松ひなさんのSNS情報は?

小松ひなさんのSNSアカウントについて調査をしましたが、本人の特定には至りませんでした。

ハングライダー事故についてSNSネット上の反応は?

この事件に対してネット、SNS上では、どのような反応なのでしょうか。

“危険と隣り合わせなのは承知の上でしょう、若いのに残念です。“
(ヤフーニュース)

“事前にきちんと飛行経路を決めた上で相当の間隔をあけなければ衝突は必然...駐車場で車が何台も自由に走りまわっているのと同じでしょ?ハングは搭乗姿勢から後方視界ゼロ...主催者側の過失は大きい”
(ヤフーニュース)

ヤフーニュース、ツイッターに寄せられておりましたコメントを引用させていただきました。

スカイスポーツが命の危険と隣り合わせであることを再度認識させるニュースでした。空中で衝突してしまったらどうにもならないので、その分主催者側が安全のために大会のルールをしっかり決め、周知しておくことが必要だったのでは、との議論につながっています。また、強風がない状態での事故だったとの情報もあり、なおさら主催者側の準備不足が問われそうです。

まとめ

鳥取市の「霊石山フェスティバル」で、ハンググライダーが空中接触した事故についてまとめました。

亡くなった方は21歳の鳥取大生。まだ若く、この先の将来もあったのに非常に残念です、亡くなった方のご冥福をお祈りすると同時に、骨折をした方の傷が早く癒えるよう、お祈りします。

スポンサーリンク
おすすめの記事