警察官が児童ポルノ法違反の疑いで逮捕されました。

竹橋容疑者は容疑を認めており、スマートフォンから複数の少女の裸の写真が見つかったとか。警察官による犯罪ですから、驚きですね。

今回の記事では、事件の概要や容疑者の情報、ネット上での反応をまとめました。

スポンサーリンク

竹橋翔平容疑者が起こした事件の概要は?

 
概要から見ていきます。

女子高校生に裸の画像を送らせたとして京都府警の巡査部長の男が逮捕された事件で、男のスマートフォンから別の少女とみられる裸の画像が複数見つかっていることがわかりました。

児童買春・児童ポルノ法違反の疑いで逮捕されたのは、京都府警亀岡警察署刑事課の巡査部長・竹橋翔平容疑者です。

竹橋容疑者はことし8月、SNSで知り合った兵庫県内の15歳の女子高校生に、裸の画像6枚と動画2本を撮影させ、スマートフォンで送信させた疑いがもたれています。

広島県内の10代の少女が同様の被害にあったことを広島県警が把握し、先月、竹橋容疑者の自宅を捜索したところ、押収したスマートフォンから今回の女子高校生の画像が見つかりました。

竹橋容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているということです。

竹橋容疑者のスマートフォンからは名前付きのフォルダに整理された別の少女とみられる裸の画像が複数見つかっていて、広島県警が余罪を調べています。

引用元:ヤフーニュース

警察官が逮捕されたという、なんとも恥ずかしい事件です。

10代の女子高校生らが自らの裸の写真や動画を容疑者に送ったとのことですが、彼女たちも同意して行ったことではなかったのか、私は疑問に思いました。SNS上で出会ったのならば現実に恐怖を感じるほどの脅しなどはされていないはず。おそらく竹下容疑者からお金をもらって、裸の写真を提供していたのでしょう。

児童買春、児童ポルノ禁止法違反ということで逮捕はされましたが、被害者の少女たちへの精神的ダメージは少ないかと思います。

スポンサーリンク

竹橋翔平容疑者のプロフィール

竹橋翔平容疑者のプロフィールは下記となります。  
名前 竹橋翔平
年齢 26歳
住所 非公開
職業  警察官(京都府警亀岡警察署刑事課)
逮捕理由 児童買春、児童ポルノ法違反の疑い

スポンサーリンク

竹橋翔平容疑者の顔写真は?

現時点で、竹橋翔平容疑者の顔写真は公開されておりません。

竹橋翔平容疑者が起こした事件がニュースでも取り上げられました

竹橋翔平容疑者による女児への強制わいせつ事件はメディアでも報道されています。

竹橋翔平容疑者が起こした事件事件詳細は?

 
10代の少女たちの裸の画像を集めていたとして逮捕された竹橋翔平容疑者。事件の詳細は、どのようなものだったのでしょうか。

広島県内の10代の少女が、自身の裸の画像や動画を竹橋容疑者に送らされたことを広島県警が把握し竹橋容疑者の家宅捜索に踏み切った結果、容疑者のスマートフォンから他の少女の裸の画像等が見つかったということです。追加の調査によると、2019年9月に兵庫県の女子高校生の裸の画像も入手していたほか、複数の少女の裸の画像を持っていることが判明しました。

気になるのは、どうやって少女らに画像や動画を送らせたか。児童買春で逮捕されましたが、売春した方にも非はあるかと思います。

竹橋翔平容疑者が起こした事件の犯行動機や被害者情報は?

被害にあった女子高校生や10代の少女らの情報は公開されておりません。犯行動機に関しては詳細に報道されていませんが、竹橋容疑者の性癖と考えるのが自然かと思います。

竹橋翔平容疑者のSNS情報は?

竹橋翔平容疑者のSNSアカウントの特定はできませんでした。

竹橋翔平容疑者が起こした事件についてSNSネット上の反応は?

この事件に対しネット、SNS上では、どのような反応なのでしょうか。

“教師もやけど、警官の採用方法や採用後も雇用を更新制にするとか、抜本的に見直した方がえぇと思うわ。“
(ヤフーニュース)

“そしてこの事件を担当した捜査員がまた画像を保存する。“
(ヤフーニュース)

ヤフーニュース、ツイッターに寄せられておりましたコメントを引用させていただきました。

今回逮捕されたのは警察官ということで、本来は正義の側の人間であっても信頼してはならないことが判明しました。きちんとした人間に警察の任務を全うしてもらうためにも、契約は更新制が良いとの意見も。ごもっともです。

また、捜査官も画像や動画を保存する可能性があるとの指摘もありました。竹橋容疑者と少女たちの間に金銭のやり取りがあったのなら、少女たちも同意して画像や動画を送っていたかもしれませんが、少女たちに何の利益ももたらさない捜査官に自分の裸の動画を見られたらたまったものではありません。

まとめ

児童買春、児童ポルノ禁止法違反の疑いで、京都府警の巡査部長が逮捕された事件をとりあげました。

警察官の不祥事が目立ちます。公務員だからと信頼しきってしまうのはもはや難しく、国のために働くそうした人たちの信頼を守るためにも、採用の基準を見直す等の対処が必要かもしれません。

スポンサーリンク
おすすめの記事