2019年11月2日の週刊少年マガジン、2019年49号で(原作)岸本斉史先生・(作画)大久保彰先生のサムライ8八丸伝の25話が掲載されました。

本記事ではサムライ8八丸伝|最新話25話の「遭遇」のネタバレあらすじと感想をまとめた記事になります。

※ここから先ネタバレ注意です

スポンサーリンク

サムライ8八丸伝|最新話25話の「遭遇」のネタバレあらすじ

八丸は、竜との一騎打ちに勝利しました。

「腕―...くっついたな、立てるか?」
「あんがと竜。」

竜の手を借りて起き上がった八丸は感謝を伝えます。

(やった!八丸くんが、竜くんに勝った!)

アンはとても嬉しそうです。

逆に、骨河は竜が負けた事に唖然としていました。

八丸は、モニターの数字が減っている事に気づきます。

「もしかして師匠、自分でリタイアしちゃった!?」

やっと本気で相手してもらえると思った八丸は、ガッカリした様子です。

「拙者とはいつでも戦れる。ここで経験を積め。」

あくまでも自分は導き役だと達麻師匠は言います。

これで、あとは祭りの主催者と戦うだけになりました。

八丸は、初めて会う自分以外の”箱の鍵”が、どんな人なんだろうと期待で胸を膨らませます。

気合を入れる八丸を横目に、骨河は竜に気にするなよと声を掛けました。

何がだと聞きかえす竜でしたが、骨河の意図がわかったのか、骨河のことをいい奴だと告げます。

苦い表情を浮かべる骨河。

「今までのオレの経験がそう言ってる。」
「今までの経験ねェ...記憶喪失中の奴が言うセリフじゃねェーよ...ったく」

竜と骨河が話している時、八丸たちを遠くから監視している人物がいました。

ついに現れた祭りの主催者

自身のキーホルダーに乗って、祭りの主催者は八丸たちの元へ向かいます。

「いいか、オレがそっちに着いたら合図を出す。その合図で計画通りに動き出せ。」
「その後ゆっくり奴らの鍵を回収だ。無駄な争いは避けたい。」

祭りの主催者は、誰かに指示を出します。

ほどなくして、祭りの主催者は八丸たちの前に降り立ちました。

「待たせたな。オレが祭りの主催者だ。真ン中のお前が勝ち残った侍だな。前へ出ろ。」

祭りの主催者のデカさに、八丸は気圧されます。

(こんな強そうな人、生まれて初めて見る!アタより強そうなんだけど...)

八丸は内心怖気づきそうになりながらも、顔を引き締めて前に進み出ます。
アンは、この人が仲間なのか疑問を抱いていました。

「強そうだし、この人本当に”パンドラの箱”の鍵かも...!」
「よく知ってるな。...そうオレこそが、箱の鍵となる侍だ。」

八丸の言葉を、祭りの主催者は肯定します。

やっぱり!と喜ぶ八丸に、主催者はルールを説明しました。

「今までと同じ、己の鍵を傷つけられたら負けだ。」

祭りの主催者は、自らの侍魂を取り出すと、柄骨と組み合わせて薙刀を構えました。

(この人が箱の鍵だと分かったからには...なんとしても仲間になってもらう!オレの”義”のために!)

八丸の目に力が宿ります。

始めようとする祭りの主催者でしたが、八丸が1つお願いがあると止めました。

「実は10億より欲しいのはアナタ―...です!」

祭りの主催者を指差して宣言する八丸。

「...勝利者から告白されるのは、初めてのパターンだな。」
「いや...!あの...!オレの仲間になってほしいんだ!」

誤解されかけた八丸ですが、なんとか自分の願いを伝える事ができました。

祭りの主催者はどういう事だと八丸に問います。

「実はオレもそのパンドラの箱の鍵を持つ一人で、同じ仲間を探してんだ!」

八丸は、銀河を守るためにも箱の鍵の力が必要だと訴えます。

それを聞いて、嫌な笑みを浮かべる祭りの主催者。

「オレにメリットがないだろ。不確かな銀河の危機よりも興味があるのは金だ。」
「じゃあ、オレがアナタに”勝って”貰う10億で...アナタを雇います!」

八丸は宣言しました。

箱の鍵は主催者の真っ赤な嘘 密通者は骨河

達麻は祭りの主催者の侍魂を見ます。

侍魂は白くもなく輝きもなく、むしろ濁っていました。

「待て、こやつ信頼に欠く。」

祭りの主催者が箱の鍵であることに疑問を抱いた達麻は、自らの骨を出し解析を開始します。

『解析完了
 惑星Oー06鬼族、元降三世流侍”弁形”
 銀河球連邦規定違反の重罪多数...
 一級の詐欺師!指名手配中!
 通称”鍵狩りの弁”。

 ”箱の鍵”の確率1%
 ”箱の鍵”ではありません』

やはりと口にする達麻。

周りの侍たちもどういう事だ!?と驚きを隠せません。

「鍵にいい解析AIを付けてるじゃねーか。もしかしてその鍵には...」

祭りの主催者である弁形は、達麻がただの猫侍ではないと気づきます。

「本当の目的は何だ?」
「バレたんじゃあ仕方ねーな。」

目的を追求してくる達麻に、観念した弁形は、騙されて寄ってくる奴らを狩っていたと話します。

無線で今だ!と指示を出す弁形。

その時、八丸たちを監視していた人物が銃を発射します。

銃弾は弁形に命中し、いきなりの銃撃に八丸は驚きます。

しかし、弁形は上手くガードしていて、傷一つありません。

狙撃手を含めて、上から監視していたようです。

「やはりクロでした!主催者は標的の一人”鍵狩りの弁”です!戻ってください千隊長!」

弁形を仕留められなかった狙撃手は、すぐさま千に連絡します。

連絡を受けた千は、解析のために60秒映像を送るよう指示し、すぐ向かうと告げます。

「これしきでうろたえるな。計画通りにいけ―――骨河!」

動き出す骨河。

弁形はさらに指示出します

「ここで姫を人質に取れば、全て無駄が省ける!」

骨河の動きに気づいていないアン。

アンのすぐ背後に、骨河が迫ってきていました。

スポンサーリンク

サムライ8八丸伝の最新巻を無料で読むには!

ネタバレを最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!
以上、サムライ8八丸伝25話のネタバレでした。

漫画博士
文字だけのネタバレを読んでみて、やっぱり絵付きで読みたいと思ったんじゃないかな〜?そんな方に博士がオススメするのがU-NEXTじゃ!

U-NEXTをオススメする理由は以下となります。

U-NEXTオススメの理由

❶31日間の無料キャンペーン中!
❷無料体験時に600ポイントがもらえるので好きな漫画が1巻無料で読める!
❸アニメ化された漫画も多数配信中!
❹映画の割引クーポンも多数配信中!(最大1200円OFF)
❺ドラマ・映画・アニメ動画が9万本見放題!

U-NEXTは現在31日間の無料体験を行っており、無料体験に登録すると600ポイントをもらうことができます。

登録も簡単で数分で完了しますし、解約方法も非常に簡単ですので、この機会にU-NEXTでサムライ8八丸伝の最新巻を読んでみてください!

▼『サムライ8八丸伝』を無料で読みたい方はこちら▼

▼U-NEXTの登録/解約方法はこちら▼

スポンサーリンク

サムライ8八丸伝|最新話25話の「遭遇」を読んだ感想と考察

祭りの主催者が箱の鍵ではない事は、薄々感じてはいましたが、骨河が内通者だったのは予想外でした。

八丸たちを監視する狙撃手の登場の仕方が、ミスリードになっていて上手く誤解させられてしまいました。

内通者だった骨河ですが、今までのやり取りから悪い人には思えません。

なにか弁形に逆らえない弱みなどを握られてしまっているのでしょうか?弁形にはまだ仲間がいそうなので、その辺も気になります。

次は千の再登場に、アンの危機と見どころの多い話になりそうですね。

次回も楽しみです。

スポンサーリンク
おすすめの記事