2019年11月3日。名鉄犬山線、犬山遊園駅で人身事故が発生しました。

人身事故にともなう運転見合わせに足止めを食らった人たちが、ツイッターで嘆いています。また、事故当時犬山線を利用していたと思われる人々も、当時の状況を発信しているようです。

今回の記事では、名鉄犬山線犬山遊園駅で発生した人身事故について、事故の概要や当時の状況、ネット上での反応などをまとめました。

スポンサーリンク

2019年11月3日名鉄犬山線犬山遊園駅で起きた人身事故の概要は?

2019年11月3日11時43分ごろ、名鉄犬山線の犬山遊園駅構内にて人身事故が発生しました。その影響で、犬山駅~三柿野駅間での運転見合わせとなったようです。もともとの運転再開見込みは13時ごろでしたが、結局13時13分ごろに運転が再開したとのことです。

駅構内では掲示により人身事故発生が周知されたようですが、何も知らず電車に乗ろうとやってきた人が着いてびっくり…という光景も目に浮かびます。運転見合わせも1時間半に及んだので、土曜日の予定を狂わされた人も多かったはず。

スポンサーリンク

2019年11月3日名鉄犬山線犬山遊園駅で起きた人身事故の当時の状況画像は?

名鉄犬山遊園駅での人身事故により運転見合わせが行われた際、名鉄犬山線利用者と思われる人々が当時の状況をツイートしていました。

人身事故の影響で犬山遊園駅手前で折り返す電車が写真にとられているほか、近隣の駅のアナウンスにも犬山遊園駅での事故が表示されたようです。

事故当時の状況を伝えることとして、「変な音がした後に電車が止まった」との声も。電車と人が接触した時の音でしょうか。リアルで怖いですね。

スポンサーリンク

2019年11月3日名鉄犬山線犬山遊園駅で起きた人身事故での身元情報は?

11月3日(土)のお昼頃に起きた人身事故と、電車の運休。気になるのは、人身事故で負傷した身元情報です。

人身事故というくらいですから、人と電車が接触したようです。ある報道によると、中年の男性が線路に人が落ち、電車の下に挟まったとのことです。運転手は「人が飛び込んできたように見えた」と供述していることからも、飛び込み自殺と考えられます。

救命措置が施されたようですが、電車と接触した男性の命の安否は明らかにされておりません。

2019年11月3日名鉄犬山線犬山遊園駅で起きた人身事故についてSNSネットの反応は?

11月3日の、名鉄犬山線犬山遊園駅での人身事故、そしてそれにともなう電車の運転見合わせ。これに対するネット、SNS上での反応はどのようなものだったのでしょうか。

ツイッター上での意見をいくつか引用しました。

犬山遊園駅での人身事故で余儀なく予定変更を迫られた人たちが一定数いる様子が、伝わってきます。休日のお出かけや、大学の講義への出席などが予定変更となったようです。また単純に、人身事故が近くで起こって「怖い」と感じる人も。

たしかに予定変更だけならともかく、事故現場に居合わせた人たちの恐怖を考えると…。毎日どこかで発生する人身事故を、なんとか減らすことはできないのでしょうか。

まとめ

今回は、2019年11月3日に起きた名鉄犬山線犬山遊園駅での人身事故と、それにともなう電車の運転見合わせについて情報をまとめました。

運転は既に再開されていますが、電車と接触した方の安否や身元情報は公開されないまま。本人と、家族への配慮でしょうか。自殺ではなく、事故であることを願います。

スポンサーリンク
おすすめの記事