2019年11月4日(月・祝)
世界遺産に登録されている白川郷にて火災が発生したとの情報が。

白川郷と同じく世界遺産に登録されている首里城で火災が発生してからまだ数日しか経っていない中での世界遺産にて発生した火災…。

Twitterを調査してみると、多くの人が動揺している様子。

Twitterに投稿されたツイートを調査してみると、火災発生当時偶然現場に居合わせたユーザーの方々が撮影した動画や画像が数多く投稿されていました。

一体どのくらいの被害となったのでしょうか。

今回は白川郷にて発生した火災について情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

2019年11月4日白川郷火災当時の状況は?

11月4日(月・祝)世界遺産に登録されている白川郷にて火災が発生しました。
火災発生時刻は午後3時頃だと言います。

一体、白川郷のどの部分が燃えてしまったのか…。

調査してみたところ、燃えたのは世界遺産に登録されている集落ではなく、観光客用の駐車場にある小屋だったとのこと。

これぞまさに不幸中の幸い…。

火災が発生したことに気付いた人がすぐに119番通報を行い、消防隊が現場に駆け付け、消火活動が行われました。

火災発生現場に偶然居合わせたユーザーの投稿によると、火災発生当時「煙がすごかった」「ボン!ボン!って音がした」のだとか。

世界遺産である白川郷の集落に火がいかないよう、懸命の消火活動が行われたとのこと。火は1時間半後に消し止められたと言います。

白川郷の観光客用の駐車場にて発生した今回の火災。
火災が発生したことで、世界遺産に登録されている集落では、火の粉が合掌造りの建物に飛び散り出火するのを防ぐため、集落内に全部で59基設置した放水装置をすべて手動で稼働させるといった対応を行ったと言います。

世界文化遺産を守るために文化庁の補助を受け主な合掌造りの建物に設置された防水装置、そして日頃の訓練が白川郷を守ることとなりました。

スポンサーリンク

2019年11月4日白川郷火災の場所は?

今回注目している火災が発生したのは、岐阜県白川村にある白川郷の観光客用の駐車場に立てられた小屋です。

木造のかやぶき屋根の小屋で、普段は物置として使用していたとのこと。

今回の火災で小屋、そして配電設備の置かれた小屋の2棟、合わせて44平方メートルが全焼してしまったと言います。

スポンサーリンク

2019年11月4日白川郷火災出火元と身元情報は?

 

なぜ白川郷の観光客用の駐車場にある小屋で火災が発生したのでしょうか。

現時点で、原因は不明。
警察、そして消防が火災発生の原因を調査していると言います。

首里城が焼失して数日後に発生した今回の火災。
立て続けに世界遺産が燃えるなんてことは過去にありませんでした。

Twitterには「放火では」という声も少なからずあるみたい…。

なぜ火災が発生したのか。原因がはやく明らかになりますように。

また火災が発生したとのことで、気になるのは人的被害です。
火災が発生した本日11月4日(月・祝)は祝日で、世界遺産に登録されている白川郷には多くの観光客が訪れていたと言います。

調査したところ、今回の火災で怪我人など人的被害はなかったとのこと。

人的被害がなくてほんとうによかった。
ですが火災発生当時、現場は騒然としていたと言います。

2019年11月4日白川郷火災についてSNSネットの反応は?

では最後に、白川郷の観光客用の駐車場にて発生した火災についてSNSネットの反応をまとめていきたいと思います。

「白川郷で火災」というニュースを聞き驚いた人は多かったようで。そしてニュースを見て集落が燃えたわけではないことを知って安心した人も多かったようです。

またTwitterには「テロなのでは」といった声や「次はどこだ」といった相次ぐ世界遺産の火災を心配している声も多く投稿されていました。

まとめ

白川郷の観光客用の駐車場にて発生した火災について、当時の状況やSNSネットの反応など気になる情報をまとめていきました。

集落が燃えず、また人的被害も出ずに本当に良かった。

それにしても…、なぜ今回火災が発生したのでしょうか。
考えたくないですが、首里城が燃失ったばかりですし、何者かにより仕業な気がしてしょうがない…。

現在調査しているとのことですが、一刻も早く原因が知りたいですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事