2019年11月6日の週刊少年マガジン、2019年49号で猪ノ谷言葉先生のランウェイで笑っての116話が掲載されました。

本記事ではランウェイで笑って|最新話116話の「繋がる」のネタバレあらすじと感想をまとめた記事になります。

※ここから先ネタバレ注意です

スポンサーリンク

ランウェイで笑って|最新話116話の「繋がる」のネタバレあらすじ

照美への連絡手段を探す美依は、柳田の初コレクション動画を見つけます。

そこで自分の靴が使われていることを知ります。

美依が柳田に電話をかけようとしたとき、動画の中の千雪の笑顔に見入ってしまいます。

そして柳田に電話をした美依は、千雪の連絡先を問うのでした。

(―あ。なんでウチの靴がでてたのか、聞くの忘れちゃった。)

自分の靴が出てるのか聞くつもりだった美依ですが、すっかり聞きそびれてしまいます。

「千雪ちゃんの連絡先...とむらくんが知ってるって。」

柳田から千雪の連絡先は育人が知っていると教えられた美依は、育人に連絡先を問います。

「え!?知り合いなんですか!?」
「うん親友~」

美依が千雪と知り合いだったことに驚く育人。

育人は、千雪に電話をかけてそのまま美依渡そうとしました。

「直接かけてるの?連絡先、教えてくれたらいいのに。」
「...そっか。」

育人は、千雪が電話に出た瞬間に通話を切ってしまいます。

どうやって連絡先を教えるのか、携帯の扱いがわからない育人は美依に任せようとします。

しかし、ふと頭によぎる考えがありました。

(連絡先知らない親友ってなんだ??)

育人は、美依に連絡先を知りたい経緯を問います。

それに美依は説明しました。

Aphro I dite代表取締役の麻衣は、自身の仕事場で物思いにふけります。

(美依には正直、クリエイターの才は薄いと思う。ただ、そんなモノより代え難い才を持ってる―)

『人脈』

家柄なのか、人柄なのか、運なのか、繋がる。

必要なとき必要な場所で可能性を見つける人脈。

「千雪ちゃん。照美さんの連絡先は知らなかったけど、会う予定があるから、カバン持ってってくれるって!」

千雪は照美の連絡先は知りませんでした。

しかし、会う予定があるので、カバンを持って行ってくれるように約束してくれたようです。

ひと段落したことに美依は一息つきます。

あとは、千雪と照美が会う予定までに、カバンを作るのが課題になりました。

カバン制作 必要だったのは過去の自分

作業室に入った美依は、育人と花岡が言い合う姿を見つけました。。

「どうしたの~?」
「どうしても皮がヘタっちゃって、形が歪んじゃうんですよ...」

問いかける美依に、育人が形が上手くいかないことを伝えます。

それに、美依がアドバイスを出しました。

「ジャケットとかと同じで、”芯材”を入れたらいいと思うよ。」

美依の言う通りに作ってみると、綺麗に形を作ることができました。

美依の事を、すごいと育人は褒めます。

育人は他にも上手くいかないところを、美依に伝えます。

「バッグの蓋が綺麗に形にならなくて...」
「革は同じ動物でも”張り”と”固さ”が違うから、柔らかい革を選ぶと上手くいく...よ」

アドバイスしながら美依は、靴を作り始めのときも、同じことで悩んでたなと昔のことを懐かしみます。

「糸が解れちゃって...」
「”ロウ引き”って言って、糸をロウでコーティングするとほつれなくなるよ」

他にも、美依のアドバイスを聞きつつ試行錯誤を繰り返しながら、カバンが完成しました。

革の知識が全然なかったから、美依がいなかったら絶対完成しなかったと育人は喜びます。

「佐久間さんのおかげです!ありがとうございます!」

育人のその言葉に、呆気にとられる美依。

慣れないことに照れる美依は、次はミシンで作れるようにしなきゃと課題を語ります。

美依が実家にある革用のミシンを、明日持ってくると言いました。

過去を振り返れば 頑張っていた自分

自宅に戻った美依は、革用のミシンを探しています。

「はじめくんが言ってた、カバンも靴も同じだろって、”革”の知識のことだったんだ。」
「うわ懐かし~これ初めて作ったやつだ!」

過去に自分が作った靴を見て、へたくそだと思いながらも嬉しくなる美依。

革用のミシンを探す間に、次々と、自分の作った靴を見返す美依は、自分の上達を身にしみて感じていました。

「ちゃんと上達してるじゃん」

美依は、何をどうしたら”頑張れる人”になれるのか悩んでいました。

誰でもいいから教えてほしいと切望していた美依。

「美依、頑張ったわね。」
「佐久間さんのおかげです!ありがとうございます!」

美依の脳裏に、麻衣と育人の言葉がよみがえります。

美依の頬には大粒の涙が流れ落ちます。

「ウチ...頑張ってたんだ...っ。ちゃんと...頑張ってたんだ...!!」

涙を流す美依でしたが、その顔には笑顔が浮かんでいます。

過去の自分の確かな努力に、美依自身が気づいた瞬間でした。

スポンサーリンク

ランウェイで笑っての最新話を無料で読むには!

ネタバレを最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!
以上、ランウェイで笑っての116話のネタバレでした。

『ランウェイで笑って』の最新話ですが、せっかくなら文章だけじゃなく、描写されているマンガで読んでみたいですよね。

U-NEXT(という配信サービス)なら、週刊少年マガジンで『ランウェイで笑って
』の最新話を今すぐ無料で読むことができるので、ぜひ試してみてください!

漫画博士
登録後すぐに600ポイントを無料でもらえる上に、31日以内に解約すれば月額1,990円を支払わず0円で済ませられるんじゃ!

U-NEXTをオススメする理由は以下となります。

U-NEXTオススメの理由

❶31日間の無料キャンペーン中!
❷無料体験時に600ポイントがもらえるので好きな漫画が1巻無料で読める!
❸アニメ化された漫画も多数配信中!
❹映画の割引クーポンも多数配信中!(最大1200円OFF)
❺ドラマ・映画・アニメ動画が9万本見放題!

U-NEXTは現在31日間の無料体験を行っており、無料体験に登録すると600ポイントをもらうことができます。

登録も簡単で数分で完了しますし、解約方法も非常に簡単ですので、この機会にU-NEXTで週刊少年マガジンで『ランウェイで笑って』の最新話を読んでみてください!

▼『ランウェイで笑って』を週刊少年マガジンから無料で読みたい方はこちら▼

▼U-NEXTの登録/解約方法はこちら▼

スポンサーリンク

ランウェイで笑って|最新話116話の「繋がる」を読んだ感想と考察

美依がようやく自分が頑張っている事に、気づけた回でした。
大粒の涙に、今までの苦労や苦難が想像できます。
思わずもらい泣きしてしまいました。

照美への連絡をとるために、人脈をフルに使う美依はかっこいいと思います。
また、革の知識でアドバイスする姿は頼もしかったです。
柳田の初コレクションに自分の靴が使われている事については、聞きそびれてしまうドジも、全部含めて美依の事が一段と好きになりました。
ここまで来たら、カバン絶対に成功してほしいですね。

今後の展開に期待です。

スポンサーリンク
おすすめの記事