覚せい剤を使用した疑いのある男が、手錠をつけたまま逃走しました。

護送中に暴れて車から逃げたとのことです。すごい度胸ですね。

今回の記事では、事件の概要や容疑者の情報、逃走先、ネット上での反応をまとめました。

スポンサーリンク

大植良太郎容疑者が起こした事件の概要は?

 
概要から見ていきます。

11月9日午前4時前、東大阪市新町の路上で、覚せい剤取締法違反などの罪などに問われている大植良太郎被告(42)が、大阪地検の護送中の車両から逃走しました。大植被告は9日午前9時の時点も逃走しています。

 大阪地検によりますと、大植被告は保釈を取り消され、検察事務官らに車で護送されていた時に、片手に手錠したまま逃走したということです。警察によりますと、大植被告は身長171cmくらいのやせ型で、紺色の長袖シャツに迷彩柄ズボンを着用し、裸足だということです。

 大阪地検をめぐっては、今年10月にも岸和田市で保釈を取り消された女が収容される直前に車で逃走する事件が起きています。

引用元:ヤフーニュース

覚せい剤を使用した疑いで捕まっていた男が、護送中に逃げたようです。周りを警察官から固められている中で、逃げようと思ったこと、また逃げおおせたこと、すごいですね。完全に逃げ切ることはほぼ不可能だと思いますが、この後の作戦などがあるのでしょうか。

スポンサーリンク

大植良太郎容疑者のプロフィール

大植良太郎容疑者のプロフィールは下記となります。  
・名前 大植良太郎
・年齢 42歳
・住所 非公開
・職業  非公開
・逮捕理由 覚せい剤取締法違反

スポンサーリンク

大植良太郎容疑者顔写真

大植良太郎容疑者の顔写真は以下の通りです。

大植良太郎容疑者が起こした事件の現場はどこ?

大植良太郎容疑者が覚せい剤取締法違反の疑いをかけられたのは、東大阪市新町の路上とのことです。

大植良太郎容疑者の逃走先は?

覚せい剤取締法違反の疑いをかけられている大植良太郎容疑者。保釈が取り消された直後、留置するため枚岡警察署に護送されている最中の車両から逃走しました。どこに逃走したのでしょうか?

未だに警察に確保されていないため逃走先は定かではありませんが、同じく覚せい剤を使用している仲間のもとに逃げたのではないでしょうか。覚せい剤を使っていることを打ち明けてもなお敬遠されない、さらには警察からかくまってくれそうな人と言えば、同種の仲間である可能性が高いでしょう。

42歳の大の大人が家族のものにすがるとも考えにくいです。

もし覚せい剤仲間のもとに身を隠しているのであれば、大植容疑者の身柄が再度確保できた暁には、他の覚せい剤使用者も確保できるかもしれません、

大植良太郎容疑者のSNS情報は?

大植良太郎容疑者の名前でSNSにて検索しましたが、本人のアカウントの特定には至りませんでした。

大植良太郎容疑者が起こした事件についてSNSネット上の反応は?

この事件に対しネット上では、どのような反応なのでしょうか。

“最近この手の不祥事が多すぎる。
よほど人数が足りないのか犯罪者を扱ってる意識が緩いのかどちらだ? “
(ヤフーニュース)

“何故に片手だけ手錠なのか?
逃走防止や二次被害防止観点でも、手錠は後ろ手で行う方が良いと感じる。“
(ヤフーニュース)

ヤフーニュース、ツイッターに寄せられておりましたコメントを引用させていただきました。

大阪府警は10月30日にも容疑をかけられていた女に逃走されたことから、大阪府警の失態を責める声が圧倒的に多くをしめます。なぜ、片手だけでの手錠で許していたのか?犯罪者を扱っているという自覚はあるのか?など、今後の逃走防止を切に望む声に溢れています。犯罪者が逃げて、恐怖を感じるのは一般市民ですからね。

まとめ

覚せい剤取締法違反で逮捕されていた容疑者が、護送中に逃走した事件を取り上げました。

先月にも容疑者に逃走されたばかりの大阪府警には批判の声が集中します。大植容疑者はどこに逃げたのか?市民が安心して生活をするためにも、大植容疑者を早期に確保すること、そして今後は容疑者を取り逃がさないことを徹底してほしいです。

スポンサーリンク
おすすめの記事