2019年11月11日の週刊少年ジャンプ、2019年50号で吾峠呼世晴先生の鬼滅の刃の182話が掲載されました。

本記事では鬼滅の刃|最新話182話の「激怒」のネタバレあらすじと感想をまとめた記事になります。

※ここから先ネタバレ注意です

スポンサーリンク

鬼滅の刃|最新話182話の「激怒」のネタバレあらすじ

炭治郎は、無惨に対して腹の底から嫌悪感を感じていました。

しかし、無惨は強敵のため、炭治郎は作戦を練ります。

(無惨は頸を斬っても倒せない。なんとかこの男を太陽の下へ引きずり出さなければ。)

作戦を頭の中で組み立てる炭治郎でしたが、無惨が自身の腕を変形させ、鞭のように攻撃してきます。

無惨の攻撃を、富岡が凪で防御します。

しかし、刃物のような切れ味で伸縮する無惨の腕は、間合いが長く、目で追えない速さをしていました。

感覚だけで何とか避ける炭治郎は、無惨との距離を詰めます。

(抜けろ!抜けろ!抜けた!)

いける!と思った炭治郎は、無惨に右目を切られてしまいます。

片目を失う炭治郎 絶体絶命に

「間合いを詰めるな!斬り込まなくていい!無惨の力は上弦の比ではない!」

切り付けられ体勢を崩した炭治郎を、富岡が救います。

しかし、遮蔽物が無く扉もない状況は、炭治郎と富岡には不利な状況です。

「時間稼ぎ...夜明けまでか?光届かぬこの城の中。”柱三人”でそれは可能なのか?」

無惨の言葉に、炭治郎と富岡は目を見開いて驚きます。

「縞の羽織の柱と女の柱はすでに、私の部下が殺したようだぞ?」

無惨が鳴女の目を通じて見た光景に、伊黒と甘露寺の亡骸が横たわる姿が映っていました。

動揺した炭治郎と富岡を、無惨の攻撃が更に追い立てます。

足手纏いにならないために、炭治郎は富岡から離れます。

(片目を潰されたから何だ!俺は”匂い”で物を見ているんだ!嗅げ!嗅ぎ分けろ透き通る世界を...)

そう思った炭治郎ですが、無惨の攻撃が速すぎて嗅げず、息が続きません。

さらに周りが全然見えていなかった炭治郎は、頭を壁に思い切りぶつけてしまいます。

そこに無惨の攻撃が迫った時でした。

続く激闘 そこに恋柱と蛇柱が間に合います

「やめなさいよーー!!」

甘露寺が壁を勢いよくぶち破って、乱入してきました。

甘露寺が生きていることに驚く無惨と富岡。

すかさず甘露寺は、恋の呼吸陸ノ型猫足恋風で無惨に切り込みます。

「手応えあり!」

甘露寺の攻撃は無惨に直撃します。

(うわああ!?無傷!!未だ嘗てない衝撃!!)

しかし、無惨は無傷で、甘露寺は衝撃を受けてしまいます。

また、炭治郎のことは伊黒が助けていました。

「足手纏の厄介者。お前はもう引っ込んでいろ」

「伊黒さん...よかった...生きてる...甘露寺さんも...」

涙を流す炭治郎に、重症な炭治郎に伊黒は自分の心配をしたらどうだと嫌味で返しました。

(何故殺したはずの此奴等が此処にいる?どういうことだ。鳴女)

自分の見た状況と食い違う現状に、無惨は狼狽します。

「何をしている鳴女!!」

怒号をあげる無惨。

「何をしているかだって?操っているんだよ。この女の視覚を。」

愈史郎は、鳴女の背後に回って術を使っていました。

「無惨お前は、この世で最も重い罪を犯した。俺から珠世様を奪ったこと。後悔して跪け!!」

愈史郎の言葉と共に、城全体が揺れだします。

「今からお前を、地上へ叩き出してやる!!」

怒りの露わにする愈史郎、その瞳からは涙が流れていました。

スポンサーリンク

鬼滅の刃の最新巻を無料で読むには!

ネタバレを最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!
以上、鬼滅の刃182話のネタバレでした。

漫画博士
文字だけのネタバレを読んでみて、やっぱり絵付きで読みたいと思ったんじゃないかな〜?そんな方に博士がオススメするのがU-NEXTじゃ!

U-NEXTをオススメする理由は以下となります。

U-NEXTオススメの理由

❶31日間の無料キャンペーン中!
❷無料体験時に600ポイントがもらえるので好きな漫画が1巻無料で読める!
❸アニメ化された漫画も多数配信中!
❹映画の割引クーポンも多数配信中!(最大1200円OFF)
❺ドラマ・映画・アニメ動画が9万本見放題!

U-NEXTは現在31日間の無料体験を行っており、無料体験に登録すると600ポイントをもらうことができます。

登録も簡単で数分で完了しますし、解約方法も非常に簡単ですので、この機会にU-NEXTで鬼滅の刃の最新巻を読んでみてください!

▼『鬼滅の刃』を無料で読みたい方はこちら▼

▼U-NEXTの登録/解約方法はこちら▼

スポンサーリンク

鬼滅の刃|最新話182話の「激怒」を読んだ感想と考察

序盤、無惨に押されっぱなしの末に、甘露寺と伊黒の倒された姿がでてきて、一瞬ドキリとさせられました。
愈史郎の術の汎用性の高さには、いつも驚かされますね。

とうとう無惨のテリトリーの城自体に着手してきました。
このまま愈史郎の計画通りにいってくれるのか、はたまた無惨が悪あがきをしてくるのか。
予想外の事ばかりなので、まだまだ先が読めません。

次作も楽しみですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事