2019年11月15日(金)
りんかい線「大崎駅」にて消防車が集結という騒動が発生しました。

Twitterには当時の「大崎駅」の様子を撮影した画像などが投稿されています。
どうやら車両火災が発生した様子…。

一体なにが起こったのでしょうか。
今回の騒動の影響でりんかい線では運転を見合わせているとのこと。

そこで今回は、りんかい線「大崎駅」にて発生した騒動についての概要、SNSネットの反応といった情報をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

2019年11月15日りんかい線「大崎駅」で起きた車両火災による車両点検の概要は?

 

11月15日(金)騒動が発生したのは、午前9時半頃。
りんかい線「大崎駅」にて停車していた電車の下から煙が発生したとのこと。

突然車両の下から煙が発生したことで、「火事だ!!」と現場は騒然。
すぐに消防隊が駆け付け消火活動が行われていました。

Twitterに投稿された目撃情報を調査してみたところ、「車両の下に放水していた」とのことが明らかになっています。

車両の下から出火したのでしょうか…。

この騒動により、りんかい線では全線での運転を見合わせたと言います。
しかし、Twitterに投稿された情報によると、すぐに運転は再開したようです。

ただし、該当車両(E233系宮ハエ120編成)を除いては。

調査によると、どうやら車両内にて発生した火災だったらしい…。
どんなに早くても今日中にE233系宮ハエ120編成の運転が再開するのは難しいかも。

なぜ車両から出火してしまったのでしょうか。
現時点ではまだ詳しい原因については明らかになっていません。

また怪我人が出たのかどうか人的被害についても不明。
ですが、情報が出ていないのであれば人的被害はなかったのではないでしょうか。

同じような騒動が起きないよう、しっかり対策してもらいたいものです。

スポンサーリンク

2019年11月15日りんかい線「大崎駅」で起きた車両火災による当時の駅の状況画像は?

 

Twitterを調査してみたところ、りんかい線「大崎駅」にて発生した騒動の当時の状況を撮影した画像が投稿されています。

では、当時の「大崎駅」の状況をみていきましょう。

当時、「大崎駅」周辺には数多くの緊急車両が駆け付けていました。
ずらりと並んだ緊急車両を見たら「何事!?」と驚いてしまいますよね。

車両にて火災が発生したということで、すぐに消火活動が行われていたとのこと。
駅構内に消火用のホースが通されているのが確認できました。

Twitterに投稿された当時の状況を撮影した画像を確認してみましたが、大きな火災ではなかった様子。
消火活動はすぐに終了したようです。

消火活動が終了し鎮火した後は、現場検証が行われていたとのこと。

火災発生当時はりんかい線で一時運転が停止となりましたが、比較的すぐに運転を再開することとなりました。おそらく鎮火した時点で再開させたのでしょう。

スポンサーリンク

2019年11月15日りんかい線「大崎駅」で起きた車両火災による振替輸送と復旧の目途は?

 

りんかい線「大崎駅」にて発生した車両火災により、一時運転が停止となりました。当時、振替輸送が行われたとのこと。

今回火災が発生した車両(E233系宮ハエ120編成)の復旧についてはまだ目途が立っていないといいます。

火は鎮火しましたが、原因が明らかになり対策できないと運行できないですよね。
また同じような事態になってしまえば大変ですし…。

2019年11月15日りんかい線「大崎駅」で起きた車両火災についてSNSネットの反応は?

では最後に、りんかい線「大崎駅」にて発生した騒動について気になる情報をまとめていきたいと思います。

Twitterに投稿されたツイートを調査してみると、「大崎駅」にてたくさんの消防車が集結していたため「どうした?」「なにがあった?」と驚いた様子の方が多かったみたいです。

消防車が集結って、人身事故じゃたくさんの消防車は来ないですもんね。

まとめ

11月15日(金)の午前9時頃にりんかい線「大崎駅」にて発生した車両火災による騒動について今回は気になる情報をまとめていきました。

出火はしましたがすぐに鎮火できる規模のものでよかった。

駅で電車が全焼なんて事態になったら…、恐ろしすぎる。

人的被害も確認されていないのでおそらくなかったのでしょう。本当によかった。

スポンサーリンク
おすすめの記事