2019年11月17日(日)
阪急神戸線「塚口駅」にて人身事故が発生したとの情報が入ってきました。

Twitterには、人身事故発生当時に偶然現場に居合わせたとみられるユーザーが当時の状況を撮影した画像などが投稿されていました。

今回注目する人身事故は、どうやら踏切にて発生した人身事故らしい。

そこで今回は、人身事故の概要について。
SNSネットの反応といった気になる情報をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

2019年11月17日阪急神戸線「塚口駅」で起きた人身事故の概要は?

11月17日(日)阪急神戸線「塚口駅」にて人身事故が発生しました。
人身事故発生時刻は、20時10分頃だとのこと。

今回注目している人身事故は、阪急神戸線を走行している電車が、「塚口駅」を通過しようとしたときに発生しました。

こちら、該当する電車に乗っていたユーザーのリアルな当時の状況です ↓

目撃情報によると、「塚口駅」を通過しようとしたときに突然衝突。
「乗り上げた感じ」とあることから、接触した人は電車に轢かれたのでしょう。

バキバキという人の音(骨?)を聞いたという人も居ました。

人身事故が発生したということで、すぐに警察と救急隊が現場に駆けつけました。
そして回収作業や現場検証が行われたとのことです。

人身事故が発生したことにより、阪急神戸線では一部区間で運転を見合わせることとなりました。運転見合わせとなったのはこちらです ↓

「大阪梅田駅」~「西宮北口駅」
「神戸三宮駅」~「新開地駅」

回収作業、現場検証にかなりの時間がかかったようで、人身事故発生時刻は20時10分頃でしたが、運転再開となったのは22時だったとのこと。

スポンサーリンク

2019年11月17日阪急神戸線「塚口駅」で起きた人身事故の当時の現場の状況は?

Twitterには、人身事故発生当時の現場の状況が投稿されています。
では、当時の現場の状況をみていきましょう。

こちらは、かなりリアルな当時の状況を撮影した画像となります。

線路にブルーシートが置かれ、なにやら回収しているみたい…。

今回注目している人身事故は、発生時刻から運転再開までに時間がかかりました。
目撃情報によると電車に轢かれたようですし、もしかすると遺体がバラバラになってしまい、その回収作業に時間がかかったのかも…。

スポンサーリンク

2019年10月17日阪急神戸線「塚口駅」で起きた人身事故の身元情報は?

人身事故が発生したということで、気になるのは接触した人の安否情報、そして身元情報についてです。

まず安否情報についてですが、亡くなっていると考えていいでしょう。
電車に轢かれたようですし、現場にはブルーシートが置かれていたと言います。

線路内に侵入してきた人と接触したという人身事故が発生した今回、おそらく自殺目的でしょう。
となると亡くなってよかったのか…。

身元情報についてですが、現時点では公表されていません。
警察が駆け付け現場検証が行われたとのことなので、明らかにはなっているはず。

ですが、他の人身事故同様に公表されることはないと言えるでしょう。

全国的に多発している人身事故。
そのほとんどで身元情報は明かされていません。

なにか暗黙のルールのようなものがあるのかもしれませんね。

2019年10月17日阪急神戸線「塚口駅」で起きた人身事故についてSNSネットの反応は?

では最後に、阪急神戸線「塚口駅」にて発生した人身事故についてSNSネットの反応をまとめていきたいと思います。

阪急神戸線にて人身事故が発生したことについて、「またか…」といった声が多く投稿されていました。

休日のこの時間に人身事故が発生することが多いのだとか。

まとめ

阪急神戸線にて発生した人身事故について情報をまとめていきました。

毎年の統計を見ると、年末にかけて人身事故発生件数は増えていくと言います。
今年は特に人身事故発生件数が多いので、年末にかけてやばそう…。

人身事故が発生してしまうことは、鉄道関係者に罪はありません。
しかし、あまりにも人身事故が発生し過ぎている…。

なんかしらの対策はできないものなのでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事