2019年11月18日の週刊少年ジャンプ、2019年51号で堀越耕平先生の僕のヒーローアカデミアの250話が掲載されました。

本記事では僕のヒーローアカデミア|最新話250話の「エンディング」のネタバレあらすじと感想をまとめた記事になります。

※ここから先ネタバレ注意です

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア|最新話 250 話の「エンディング」のネタバレあらすじ

エンデヴァーの家を見張る一人の男がいました。

(第一印象は...そうだな。”猛き紅焔”そりゃあもう輝いて見えたさ。)

その男は、エンデヴァーへの執着を募らせます。

(何もかもに絶望し、たゆたう秋雲すら疎ましく思えたあの日、鷹見という窃盗犯を捕らえたあんたを見たんだ。あの日からあんたは俺の希望となった。7年前は日和っちまって、生きてあんたに捕らえられた。)

ただ一点を見続ける男。

(人が唯一平等に選べるのは、人生の幕の降ろし方だけだ。)
(出所して...俺がまずした事は何だと思う?飯より先にあんたの身元を嗅ぎ回ったんだ。)

轟家から出てくる夏雄の姿を見つけた男は、息を荒くしながら自身の首に何かを刺しました。

乗り越えた者 許しきれない者

家の中では、デクと爆豪、轟と冬美の4人が机を挟んで座っています。

話の内容は、轟家の事情についてでした。

「夏は橙矢兄と、とても仲良しでね...よく一緒に遊んでた。」

冬美は懐かしむように、髪を耳に掻き上げて話します。

「お母さんが入院して、まもなくの頃だった...お母さん更に具合悪くなっちゃって、焦凍にも会わせられなくて...。」

でも乗り越えたと冬美は言います。

家が前向きになってきているなか、夏雄だけが振り上げた拳を下ろせないでいました。

「お父さんが殺したって思ってる。」

冬美は切ないような悲しいような表情をして俯きます。

冬美の話を聞いた爆豪は、夕食の時の夏雄の行動に納得しました。

「そろそろ学校に送る時間だ。」

デク達に向かって、廊下からエンデヴァーが声をかけます。

家を出ると、送る用の車が準備されていました。

「ごちそうさまでした!」

冬美にデクはお辞儀します。

「四川麻婆のレシピ教えろや。」

「俺のラインに送ってもらうよ。」

爆豪の要望に、轟が横から答えます。

冬美は学校の話しを聞くつもりだったのにと、話題が逸れた事をデク達に謝りました。

車に半身乗り込んだエンデヴァーは、冬美の名を呼びます。

「ありがとう。」

視線は外してしまいますが、エンデヴァーは冬美に感謝を伝えたのでした。

デク達と別れ際に、冬美はデクにお礼を言います。

「焦凍とお友だちになってくれて、ありがとう。」

冬美の言葉に、こちらこそとデクは答えます。

二人のやり取りに、轟本人は、頬を指で掻きました。

車の中での世間話 次のステップ

走り出した車の中で、助手席に座るエンデヴァーはデク達に言います。

「貴様らには早く力をつけてもらう。今後は週末に加え...コマをズラせるなら平日最低2日は働いてもらう。」

エンデヴァーの言葉に、後部座席に座るデク達は、思い思いの反応をしました。

「前回、麗日や切島たちもそんな感じだったな。」

「期末の予習もやらなきゃ...轟くん英語今度教えて。」

学校授業の調整について話す轟とデク。

同じ後部座席に座っている爆豪は、No.1ならもっとデカイ車を用意してくれよと不満を口にします。

「ハイヤーに文句言う高校生かーー!!」

爆豪の文句に運転手の男が注意をします。

運転手はエンデヴァーに、いつからこんなジャリンコ乗せるようになったのかと運転手は問いました。

「頂点に立たされてからだ。」

淡々と答えるエンデヴァーに、運転手は立場が人を変えるってやつかと一人納得します。

すると、車の進行方向に、人影が見えました。

歪んだ男 終焉を望むエンディング

車道の真ん中に仁王立ちしたその男は、突如声を張り上げます。

「良い家に住んでるな、エンデヴァー!」

男が操る包帯には、夏雄が拘束されていました。

突然現れた男に驚く車内。

運転手が車のハンドルを切り、男に当たる寸前で回避しました。

停止した車から、エンデヴァーが炎を体中に纏い飛び出します。

その次の瞬間には、車は包帯に巻き付かれ、デク達は車から出られなくされました。

「彼を離せ!」

エンデヴァーは叫びます。

男は夏雄を盾にしつつ、自分を憶えているかとエンデヴァーに問いかけてきます。

「7年前...!暴行犯で取り押さえた...!ヴィラン名を自称していた名は...」

思い出しつつ言葉を紡ぐエンデヴァーに、男は歓喜の声をあげます。

「憶えているのか嬉しい!!そうだ俺だよ”エンディング”!」

エンディングが笑顔で名乗ります。

さらに一人語りを続けるエンディング。

エンデヴァーは炎の威力を強め、エンディングとの距離を詰めます。

「俺がひっくり返っても手に入れられないものを、あんたは沢山持っていた。憧れだったんだ!」

エンディングは言いながら、夏雄の拘束をきつく締め上げます。

「俺は何も守るものなんてない!」

自らの包帯を自由自在に動かすエンディングは、その1つを矢印型に変形させ、夏雄に突きつけました。

エンデヴァーは険しい表情を、さらに険しくします。

「この男を殺すから、頼むよエンデヴァー!今度は間違えないでくれ!」

懇願するようにエンディングは言いました。

「俺を、殺してくれ。」

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミアの最新巻を無料で読むには!

ネタバレを最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!
以上、僕のヒーローアカデミア250話のネタバレでした。

漫画博士
文字だけのネタバレを読んでみて、やっぱり絵付きで読みたいと思ったんじゃないかな〜?そんな方に博士がオススメするのがU-NEXTじゃ!

U-NEXTをオススメする理由は以下となります。

U-NEXTオススメの理由

❶31日間の無料キャンペーン中!
❷無料体験時に600ポイントがもらえるので好きな漫画が1巻無料で読める!
❸アニメ化された漫画も多数配信中!
❹映画の割引クーポンも多数配信中!(最大1200円OFF)
❺ドラマ・映画・アニメ動画が9万本見放題!

U-NEXTは現在31日間の無料体験を行っており、無料体験に登録すると600ポイントをもらうことができます。

登録も簡単で数分で完了しますし、解約方法も非常に簡単ですので、この機会にU-NEXTで僕のヒーローアカデミアの最新巻を読んでみてください!

▼『僕のヒーローアカデミア』を無料で読みたい方はこちら▼

▼U-NEXTの登録/解約方法はこちら▼

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア|最新話250話の「エンディング」を読んだ感想と考察

轟家の確かな前進を感じれて、胸がほっこりする話しでした。
心のなかでまだ折り合いをつけられない夏雄ですが、何か一つ乗り越えられたら、手が届くところにいるように思います。

そう思ったところに、見るからに危ない新キャラクターが登場しましたね。
そして捕まってしまう夏雄。
王道の持ち味を発揮してくれます。

新キャラ「エンディング」の狙いは彼が話した通りだと思いますが、他にも、エンデヴァーが一線を超えてしまった時の、失墜を狙っているとも考えられます。

次回は、エンディングの策にかからずに、夏雄を助け出すエンデヴァーの雄姿が見どころになりそうですね!
これからの展開が楽しみです。

スポンサーリンク
おすすめの記事