帰宅途中の女性の後をつけ家に侵入、わいせつな行為をした男が逮捕されました。

知らない男性に突然家にはいられ、力ずくで身体を触られたのでしょうか。被害者の女性の恐怖を思うと、性犯罪への怒りがわくばかりです。

今回の記事では、事件の概要や容疑者の情報、ネット上での反応をまとめました。

スポンサーリンク

黒瀬翔己容疑者が起こした事件の概要は?

概要から見ていきます。

東京・足立区で、28歳の会社員が帰宅途中の女性のあとをつけ、女性宅に侵入して、わいせつな行為をした疑いで逮捕された。

会社員の黒瀬翔己容疑者(28)は7月、足立区内の路上で、帰宅途中の20代の女性のあとをつけて女性宅に侵入し、わいせつな行為をした疑いが持たれている。

女性のあとをつけている姿が付近の防犯カメラに映っていて、黒瀬容疑者は調べに対し、「間違いない」と容疑を認めているという。

警視庁は、黒瀬容疑者の余罪を調べる方針。

引用元:ヤフーニュース

報道の仕方からして、逮捕された黒瀬容疑者と被害者の女性は顔見知りではなさそうです。こんな事件に遭遇してしまったら、トラウマになります。帰宅の時間を早めようにも会社に事件のことを話さなければ納得してもらえないでしょうし。

性欲が満たされずに行った犯行なら、お金を払って風俗に行き処理してきてほしいものですね。被害を受ける側としては、容疑者との性行為を全く求めていませんから、ただの迷惑です。

スポンサーリンク

黒瀬翔己容疑者のプロフィール

 
黒瀬翔己容疑者のプロフィールは下記となります。  
・名前 黒瀬翔己
・年齢 28歳
・住所 非公開
・職業  会社員
・逮捕理由 強制わいせつ

スポンサーリンク

黒瀬翔己容疑者の顔写真は?

フジテレビのニュース報道で、黒瀬容疑者の顔が公開されています。

また、ツイッターユーザーによる容疑者の会社の特定も進んでいるようです。

黒瀬翔己容疑者が起こした事件がニュースでも取り上げられました

黒瀬翔己容疑者による自宅侵入、わいせつ事件はメディアでも報道されています。

黒瀬翔己容疑者が起こした事件の現場はどこ?

 
黒瀬翔己容疑者が家まであとをつけ侵入した20代女性宅は、東京都足立区にあるようです。

黒瀬翔己容疑者が起こした事件詳細は?

路上で女性の後をつけ、家に侵入し強制わいせつの容疑で逮捕された黒瀬翔己容疑者。事件の詳細はどのようなものだったのでしょうか。

事件が起こったのは今年7月。東京都足立区の路上で帰宅途中の女性に目をつけ、およそ30mにわたって後をつけました。家を特定した後に黒瀬容疑者は黒い服に着替えて戻ってきて、女性宅に侵入しわいせつな行為をしたとのことです。黒瀬容疑者は「好みの女性がいたからやった」と供述している模様。

潔く認めているようですが、「好みの女性がいたから」と言っても、相手の女性にとっては強姦してくる男などまったく好みではないでしょう。女性へのアプローチの仕方を180度変えないと、恋人もできなさそうですね。

黒瀬翔己容疑者の犯行動機や被害者情報は?

被害にあった20代女性の情報は公開されておりません。今回の事件が女性の心に傷を負わせたことは容易に想像できます。自分の欲求だけを優先して女性を襲った黒瀬容疑者が厳罰に処されることを願います。

黒瀬翔己容疑者のSNS情報は?

黒瀬翔己容疑者の名前でfacebookアカウントについて調査をしましたが、本人の特定には至りませんでした。

黒瀬翔己容疑者が起こした事件についてSNSネット上の反応は?

この事件に対しネット上では、どのような反応なのでしょうか。

“似通った事件が頻繁に起きて
防犯カメラが、あらゆる場所に設置され
犯人が写り込み逮捕されてる中で
理性をなくし、犯罪を起こしますよね。
被害者の恐怖を考えと、本当に苦しくなります。初犯だとしても、厳刑を望みます。“
(ヤフーニュース)

“性犯罪者と殺人犯罪者は終身刑制度を取り入れて欲しいです。
それが難しいならチップ埋込みで管理して欲しいです。
これは日本の全女性、子供を犯罪者から守る唯一の手段だと思います。“
(ヤフーニュース)

“このような性犯罪は本人は勿論、家族に笑顔が消え、耐え難い悲しみを背負って生きていかなければならない。性犯罪を失くすには厳罰でしかないのではと思います。ただし誤認もあるので冤罪で無理やり犯人にされることがないようしっかりした裏付け捜査が必要な事案はするべきです。”
(ヤフーニュース)

ヤフーニュースに寄せられておりましたコメントを引用させていただきました。

警察により余罪の有無を調査中とのことですが、NHKの報道では黒瀬容疑者は家を特定した後黒い服に着替えて女性宅に侵入したようです。それを勘案すると、犯行に慣れているように思います。以前の犯行が通報されなかったから味をしめて再犯に及んだ可能性は十分にあると思います。

思い出したくもない記憶でしょうに、通報した女性の勇気は素晴らしいと思います。家が特定された恐怖が彼女を警察まで突き動かしたのでしょう。被害者の女性の心のケアを重点的に行ってほしいと思います。

まとめ

帰宅途中の女性の後をつけ家に侵入し、わいせつな行為をした男が逮捕されました。

被害者の女性は今後、一人で道を歩くことすら恐怖を感じるでしょう。自分の欲求しか考えない、無責任で残酷な性犯罪がなくなることを願うばかりです。

スポンサーリンク
おすすめの記事