2019年11月26日(火)
名鉄名古屋本線「金山駅」にて人身事故が発生しました。

Twitterには人身事故発生当時、偶然現場に居合わせたユーザーが当時の状況についてツイートしている投稿が数多くありました。

そこで今回は、名鉄名古屋線「金山駅」にて発生した人身事故について、事故の概要やSNSネットの反応など気になる情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

2019年11月26日名鉄名古屋本線「金山駅」で起きた人身事故の概要は?

11月26日(火)名鉄名古屋線にて人身事故が発生しました。
発生時刻は、22時57分頃だったとのこと。

Twitterには人身事故発生当時の状況がツイートされています。
投稿された目撃情報から、人身事故の概要が見えてきました。

どうやら今回注目している人身事故は、「金山駅」の4番線にて発生したらしい。

名鉄名古屋線を走行していた電車が「金山駅」に侵入しようとしてきたまさにその時、駅のホームから線路に人が飛び込み、接触したものと見られています。

乗ってた電車の後続車両にて発生したということが明らかになっています。

2

スポンサーリンク

019年11月26日名鉄名古屋本線「金山駅」で起きた人身事故当時の現場の状況は?

名鉄名古屋本線「金山駅」にて発生したという人身事故に今回は注目しています。

人身事故が発生してすぐ、通報により警察や救急隊が駆けつけました。
そして救出作業や現場検証が行われたと言います。

人身事故が発生した影響で、名鉄名古屋本線は「栄生駅」~「鳴海駅」間の上り線で運転を一時停止することとなりました。

また人身事故の影響により、名鉄犬山線にも影響が出ることに…。
「栄生駅」~「岩倉駅」間で運転を一時見合わせることになったと言います。

今回注目している人身事故が発生したのは、22時57分頃でした。
そしてなんと、運転再開となったのは日付が変わった0時20分頃だったと言います。

通常であれば、終電が終了した時刻に運転再開…。

終電が終了した時間であったため、このように電光掲示板が真っ暗に…。
なかなかこういった状況って見ることないですよね。

なぜ今回、人身事故が発生し電車が復旧するまでに時間がかかったのでしょう。

原因を調査してみたところ、どうやら今回注目している人身事故では、電車と接触した人がそのまま電車の下敷きになってしまったらしい…。

「ブルーシートが張られた」という目撃情報があることから、今回の人身事故で電車と接触した人はおそらく亡くなってしまったのでしょう。

遺体の回収作業に時間がかかってしまい、復旧にも時間がかかったとのこと。

スポンサーリンク

2019年11月26日名鉄名古屋本線「金山駅」で起きた人身事故の身元情報は?

名鉄名古屋本線「金山駅」にて発生したという人身事故について、今回は気になる情報をまとめています。

ここでは身元情報についてみていきましょう。

今回注目している人身事故で電車と接触した人の身元情報について調査してみましたが、残念ながら明らかになりませんでした。

こういった人身事故の場合、身元情報が明らかになることは少ないです。

亡くなった方、また自殺目的である可能性が高いため、身元情報が分かったとしても公表はしないのでしょう。

人が亡くなったにも関わらず報道されないのもそういった理由があるのかも。

ただ単に発生件数があまりに多過ぎて報道しきれないというのも理由としてあるのではと思いますが…。

2019年11月26日名鉄名古屋本線「金山駅」で起きた人身事故についてSNSネットの反応は?

では最後に、SNSネットの反応について情報をまとめていきたいと思います。

11月26日(火)の深夜に発生した人身事故。
夜の23時前という時間に発生した人身事故であったため、「今日中に帰れない」「まぢか」といったツイートが多く投稿されていました。

今日中に帰れないと見越した方はすぐにタクシーを利用し帰宅したとのこと。
電車を待っていた人は日付が変わっての帰宅になってしまいました。

まとめ

11月26日(火)名鉄名古屋本線「金山駅」にて発生した人身事故について今回は情報をまとめていきました。

深夜のこの時間に人身事故とは…。いつ起こっても迷惑ですが、帰る足がない深夜の時間帯に発生するのは非常に迷惑です。

酔っぱらいではないかとの情報もあるようですが…。

多くの人が利用する駅であるならば、ホームドアを付けるなどの対応をしてもらいたいものです。

合わせて読みたい

スポンサーリンク
おすすめの記事