2019年11月28日「東武スカイツリーライン「せんげん台駅」にて人身事故が発生しました。

Twitterには人身事故発生当時、偶然現場に居合わせたユーザーが当時の状況についてツイートしている投稿が数多くあります。
どうやら救急車が来るなどして一時現場は騒然とした様子。

そこで今回、東武スカイツリーライン線にて発生した人身事故について、事故の概要やSNSネットの反応など気になる情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

2019年11月28日「東武スカイツリーライン「せんげん台駅」で起きた人身事故の概要は?

11月28日(木)東武スカイツリーラインにて人身事故が発生しました。
人身事故が発生したのは13時頃。

Twitterに投稿された目撃情報によると、今回注目している人身事故は、東武スカイツリーライン「せんげん台駅」近くの踏切にて発生したとのこと。

東武スカイツリーラインを走行していた電車が、人と接触したようです。

人身事故の発生現場となった踏切は、地元の人曰く自殺の名所らしい。

人身事故が発生したとの通報を受け、現場に警察と救急隊が駆けつけました。
そして、回収作業と現場検証が行われたのだとか。

Twitterに投稿された目撃情報によると、人身事故が発生したことで踏切は遮断したままとなり、救急車や消防車がたくさん来たと言います。

多くの救急車に消防車…、現場は騒然としたことでしょう。

回収作業や現場検証が行われている間、東武スカイツリーラインでは「北越谷駅」〜「春日部駅」間で一時運転を見合わせることとなりました。

また、以下の路線でダイヤの乱れが生じたと言います ↓

東京伊勢崎線
東武日光線
東京メトロ半蔵門線
東京メトロ日比谷線

13時頃に発生した人身事故は、当初は14時30分頃に運転を再開となる見込みでしたが、少し早まり14時20分頃には運転を再開させることが出来たと言います。

スポンサーリンク

2019年11月28日「東武スカイツリーライン「せんげん台駅」で起きた人身事故当時の現場の状況は?

東武スカイツリーライン「せんげん台駅」にて発生した人身事故の影響により、一部区間で運転が停止したりダイヤの乱れが生じるといった事態となりました。

そのため、多くの人に影響を与えてしまったとのこと。

Twitterには、人身事故発生当時の状況がツイートされていました。

人身事故が発生したことで該当する路線の駅ではお目当ての電車に乗ることができなかったりといった事態になったとのこと。

スポンサーリンク

2019年11月28日「東武スカイツリーライン「せんげん台駅」で起きた人身事故の身元情報は?

人身事故が発生したことで、気になるのは身内情報です。
そこで、東武スカイツリーラインにて発生した人身事故を調査してみました。

ですが、残念ながら身元情報は明らかにならず。
男性なのか女性なのか。いくつくらいの人なのか、情報は全て不明です。

現在東武スカイツリーラインは運転を再開しているため、現場検証により身元情報は明らかになっているはず。

連日発生する人身事故でもそうですが、身元情報については明かされないケースがほとんどです。暗黙のルールのようなものがあるのでしょうか。

2019年11月28日「東武スカイツリーライン「せんげん台駅」で起きた人身事故についてSNSネットの反応は?

では最後に、東武スカイツリーライン「せんげん台」駅付近にて発生した人身事故についてSNSネットの反応をまとめていきたいと思います。

Twitterに投稿されたツイートを見てみると、このように怒りの声が多く投稿されていました。

予定していた電車に乗ることができず、その日の予定が崩れてしまったのであれば、怒りのツイートを投稿したくなるのは当然です。

まとめ

11月28日(木)東武スカイツリーライン「せんげん台駅」にて発生した人身事故について今回は情報をまとめていきました。

毎日のように発生する人身事故。
特に最近は踏切にて発生する人身事故が多いように思います。

駅であればホームドアを設置するなど対策が取れますが(といっても設置している駅はまだ少ない)、踏切は対応が難しい…。

ずっと見張っておくわけにはいかないですしね。
自殺目的が多いようですが、なぜ電車にはねられるという死の方法を選択するのでしょうか。理解に苦しみます。

スポンサーリンク
おすすめの記事