2019年12月3日(火)
南海本線「羽倉崎駅」~「吉見ノ里駅」間にて人身事故が発生したとの情報が入っています。

Twitterには人身事故発生当時、偶然現場に居合わせたと見られるユーザーが当時の状況についてツイートしている投稿が多くありました。
どうやら今回注目している人身事故は、踏切にて発生したらしい。

そこで今回は、南海本線「羽倉崎駅」~「吉見ノ里駅」間にて発生した人身事故について、事故の概要やSNSネットの反応など気になる情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

2019年12月3日南海本線「羽倉崎駅」~「吉見ノ里駅」間で起きた人身事故の概要は?

12月3日(火)南海本線にて人身事故が発生しました。
人身事故発生時刻は15時41分頃であると言います。

今回注目している南海本線「羽倉崎駅」~「吉見ノ里駅」間にて発生した人身事故は、一体どのような経緯で発生した人身事故だったのでしょうか。

Twitterには、人身事故発生当時の目撃情報が多数投稿されています。その投稿されたツイートから、人身事故の概要が見えてきました。

まずは、Twitterに投稿されたこちらのツイートを見てみて下さい。

Twitterに投稿されたこちらのツイートから、人身事故が発生したのは踏切であるということが明らかになりました。
「吉見ノ里駅」寄りの踏切にて発生したとのこと。

おそらく南海本線を走行していた電車が踏切を通るときに接触したのでしょう。

またこのような投稿も、Twitterには投稿されていました。
これらの投稿から、現場の悲惨な状況が見えてきます。

人身事故が発生し、すぐに警察や救急隊が現場に駆けつけました。
そして救出作業や現場検証が行われたとのことです。

「ブルーシートが…」という投稿があったことから、電車と接触した人が亡くなっている可能性は高いと言えるでしょう。

スポンサーリンク

2019年12月3日南海本線「羽倉崎駅」~「吉見ノ里駅」間で起きた人身事故当時の現場の状況は?

今回は、南海本線「羽倉崎駅」~「吉見ノ里駅」にて発生した人身事故について注目しています。

人身事故発生当時、現場ではどのような状況だったのでしょうか。

駅の改札には、見たくない人身事故のお知らせの看板が立てられていました。

この「急告」という赤文字が書かれたホワイトボード。
ほんとうにこの看板は見たくない…。

今回注目している人身事故の影響で、南海本線では「羽倉崎駅」~「和歌山市駅」間で一時運転が見合わせとなりました。

また、以下のダイヤで運転見合わせになったと言います ↓

南海本線
南海空港線

全線で運転が再開したのは、17時14分頃だったのだとか。

Twitterに投稿されたツイートを見るに、時間帯がちょうど帰宅ピークの前であったこともあり、大混雑とはならなかったみたいです。

スポンサーリンク

2019年12月3日南海本線「羽倉崎駅」~「吉見ノ里駅」間で起きた人身事故の身元情報は?

人身事故が発生したとのことで、気になるのは身元情報についてです。

今回注目している人身事故で、身元情報を調査してみました。
ですが、残念ながら身元情報を見つけることが出来ず…。

南海本線にて発生した人身事故は、自殺目的の飛び込みではと見られています。
自殺目的だった場合、やはり身元への配慮などもあり公表しないのかも。

目撃情報もTwitterに投稿されていましたが、どのような人が電車と接触したのかというような投稿はしていませんでした。

2019年12月3日南海本線「羽倉崎駅」~「吉見ノ里駅」間で起きた人身事故についてSNSネットの反応は?

では最後に、12月3日(火)に南海本線にて発生した人身事故についてSNSネットの反応をみていきましょう。

人身事故が発生したことで予定していた電車に乗ることが出来なかったユーザーが、Twitterに悲痛の声を投稿していました。

まとめ

12月3日(火)に南海本線「羽倉崎駅」~「吉見ノ里駅」間にある踏切にて発生した人身事故について今回は気になる情報をまとめていきました。

駅のホームで人身事故が発生するケースは多いですが、同じくらい踏切にて発生する人身事故も多いです。

駅のホームであればホームドアを付けるなど対策ができますが(している駅はまだ少ないですが…)、踏切って対策が取れないですよね…。

なにかしらの対応策はないものなのか…。

合わせて読みたい

スポンサーリンク
おすすめの記事