2019年12月11日、水曜日。
JR常磐線の松戸駅で人と電車が接触する事故が発生しました。

Twitterには事故当時の現場状況が多数ツイートされています。
駅のホームでの事故だったようで、飛び込み自殺である可能性がかなり高そうです。
事故にあった方の安否も気になるところ。

今回はJR常磐線の松戸駅で発生した人身事故について、SNSネットの反応や現場状況などをまとめていきます。

スポンサーリンク

2019年12月11日JR常磐線の松戸駅で起きた人身事故の概要は?

2019年12月11日午前9時30分頃、JR常磐線の松戸駅ホームにおいて、電車と人が接触する人身事故が発生しました。

居合わせたTwitterユーザーの投稿によれば、現場には警察や救急隊によってブルーシートがかけられており、飛び込み自殺の可能性が高いとのことでした。

この事故の影響で常磐線は運転を見合わせていましたが、10時34分頃に運転を再開。
現在は通常運転に戻っているようです。

スポンサーリンク

2019年12月11日JR常磐線の松戸駅で起きた人身事故当時の現場の状況は?

Twitterには人身事故が発生した当時の様子が、画像や動画などで多数投稿されていました。
さっそく、人身事故当時の現場の様子を見ていきましょう。

こちらは事故当時、駅のホームに居合わせた方による投稿動画です。
朝の混雑する時間帯というのも相まって、ホームには立ち往生する人が多数確認できました。
振替輸送もあったようですが、品川~取手駅間の上下線では完全に運行停止となりました。

こちらも現場に居合わせた方のツイートです。
事故があってからしばらくは、松戸駅のホームに「ブー」という音が鳴り響いていたようです。
おそらく緊急停止ボタンが押されたのでしょうが、停止は間に合わず人と接触してしまったのでしょう。

現場にはブルーシートが広げられ、救助活動が行われました。
この画像でも奥にブルーシートが広げられているのが確認できます。
救助隊もあまり急いでいる雰囲気ではなかったようですし、おそらく電車と接触した方は亡くなってしまったのでしょう。

スポンサーリンク

2019年12月11日JR常磐線の松戸駅で起きた人身事故の身元情報は?

JR常磐線の松戸駅で発生した人身事故について、電車と接触した人の安否が気になります。
ですがニュースなどでは一切身元情報は公開されていません。

年齢も性別も分かりませんが、現場に居合わせたTwitterユーザーによれば、飛び込み自殺の可能性が高く、おそらく亡くなったのだろうということでした。

毎週のように線路への飛び込み自殺が起こっています。人身事故というのは多くの方に迷惑がかかるので、例え自殺するにしても別の方法を選択してほしいものですね。

2019年12月11日JR常磐線の松戸駅で起きた人身事故についてSNSの反応は?

最後にJR常磐線の松戸駅で起きた人身事故について、SNSネットの反応をまとめていきます。

平日の朝方に起きた人身事故だったので、通勤や通学のために電車を利用していた多くの人の足に影響が出ました。
師走の忙しい時期なので、イライラしている人も多かったようですね。

まとめ

12月11日JR常磐線の松戸駅で発生した人身事故について、Twitterユーザーの投稿を紹介しながらまとめてきました。

今回の事故はおそらく飛び込み自殺であり、電車と接触した人も亡くなってしまったようですね。

年末になると電車への飛び込み自殺が多くなるようですが、今年も人身事故ラッシュが起こってしまうのでしょうか。
少しでも人身事故が少なくなるように、鉄道会社が何らかの対策を講じてくれることを祈るばかりです。

スポンサーリンク
おすすめの記事