2019年12月14日、福岡市東区和白東5丁目で火災が発生しました。

かなり黒煙が上がり、消防車だけでなくヘリコプターも出動したようです。火災に衝撃を受けたツイッターユーザーが、現場の様子をツイートしています。

今回の記事では福岡市東区和白東5丁目での火災について、火災当時の状況や火災の出火元、ネット上での反応などをまとめました。

スポンサーリンク

2019年12月14日福岡県福岡市東区和白東5丁目で起きた火災当時の状況は?

2019年12月14日13時半ごろ、福岡市東区和白東5丁目付近にて発生した火災。火災現場付近にいた人々がツイッター上に火災の様子を発信しています。

辺りにはサイレンが鳴り響いていますね。そして、かなりの黒煙が見えます。すごい勢いで煙が空へと昇っています。木々の間から、もうもうと燃える赤い炎も確認できます。これだけ煙も上がっていたら、あたりに飛びまわる灰や、充満する匂いもかなりのものかと予想できます。

消火活動が始まって、火勢は落ち着いてきているようです。12月に入り、より空気も乾燥してきています。火元には十分気を付けたいですね。

スポンサーリンク

2019年12月14日福岡県福岡市東区和白東5丁目で起きた火災の場所は?

火災の現場は、福岡市和白東5丁目21番付近でした。以下の場所です。付近に電車が通っており、住宅が広がっている様子が分かります。火災は列車の運行状況には影響を及ぼさなかったようです。

スポンサーリンク

2019年12月14日福岡県福岡市東区和白東5丁目で起きた火災の出火元、身元情報は?

12月14日、土曜日に起きた福岡市東区和白東5丁目での火災。出火元や負傷者の情報を調べてみました。

現場付近の方々のツイートからもわかりますが、火災が発生したのは山。山火事というやつですね。近隣に住宅地も広がる中、周りの住宅への被害は特になかったようで何よりです。

自然発生的な山火事となると、木々の葉がこすれあう摩擦で起きることもあるようです。人為的なものでは、たばこの不始末やたき火の不始末、放火が主因となっているようです。ここまで大きな炎が上がるくらいですから、もし自然発生したとなると恐ろしいですね。

2019年12月14日福岡県福岡市東区和白東5丁目で起きた火災についてSNSネットの反応は?

福岡市和白東5丁目での火災に対するSNS及びネット上での反応を追ってみます。

ツイッターでの反応を引用しました。

ツイッター上でのこの火災に対する反応の多くは、やはり現場付近の人々によるツイートでした。黒煙を見て驚き、ツイートをする人が続出したようです。それだけ、火災が恐怖を与えた様子が伝わってきます。

また、鎮火活動のために消防車が出動したも、「道が狭くて無理だろう」との声も。鎮火活動に向かう前にこうした現場の細かい情報が共有され、より効率的に作業に取り組めるようになると良いですね。

まとめ

今回は、2019年12月14日に起きた福岡市東区和白東5丁目での火災について情報をまとめました。

住宅地のほど近くにある山で、火柱が上がっている様子が確認できました。山火事のようで、自然発生したのか、人為的に発生したのかは明らかではありません。12月も中旬に入り、空気がより一層乾燥していることを意識して、火を取り扱った後には始末を徹底したいところです。

スポンサーリンク
おすすめの記事