福岡空港を飛び立ったANAの飛行機がすぐに引き返し、緊急着陸しました。

乗客にけが人はなく、ANAからお詫びとして1万円をもらったとツイッター上で話題になっています。

今回の記事では、緊急着陸したトラブルの原因と、1万円をもらったとのツイート内容、一連の騒動に対するSNSネット上の反応を見ていきます。

スポンサーリンク

福岡発羽田行きの全日空246便緊急着陸のトラブル原因は?

緊急着陸したANA機。トラブルの原因は何だったのでしょうか?

そもそも機体のトラブルが確認されたのは、19日午前9時50分ごろでした。羽田空港に向かって福岡空港を出たところ、機体の右側にあるエンジン辺りから白煙が出ていることが機長によって確認されたようです。

福岡空港にいたと思われる人や、機内にいたと思われるによるツイートも見られました。

エンジンのトラブルのようです。戦争を扱った映画なんかで、エンジンや機体から煙が出ながら墜落… というシーンはよく目にしますよね。鳥が巻き込まれてエンジンに入ったという推測もあります。

スポンサーリンク

福岡発羽田行きの全日空246便で乗客が1万円もらった理由とツイート内容は?

福岡空港への緊急着陸を受けて、飛行機に乗っていた乗客が「1万円をもらった」とのツイートが話題になっています。

ANAの封筒の小窓部分からちょうど、福沢諭吉の顔が見えますね。話題のツイートはシンプルに、「なんと緊急着陸をすると1万円もらえました」とのこと。トラブルに早く気が付いて引き返したから乗っていた人々に恐怖はなかったのかもしれませんが、もし飛び続けていて墜落でもしたら、1万円どころでは済まないはずでした。

緊急着陸で1万円をANAが配ったことに対して、その理由を過去の経験から説明するツイートも見当たりました。

飛行機の緊急着陸により予定がキャンセルになったり、変更になったりした人々のための交通費やホテル代として1万円が配られたようです。緊急着陸の後、機体を変えて、今度はさらに入念に機体整備をし、羽田空港に向かって飛び直したと考えられます。到着時間にも大幅な遅れが出たことでしょうし、その不都合を考えると1万円では安いという気もしてきます。

スポンサーリンク

福岡発羽田行きの全日空246便緊急着陸についてSNSネットの反応は?

さて、今回の福岡空港へのANA機緊急着陸に対してSNSやネット上ではどのような反応なのでしょうか。

“まずは事故にならずに済んで良かったです
原因究明と対策はきちっとお願いします“
(ヤフーニュース)

“空港近くの会社で実際に見ました。
爆音で上見たら火吹いて飛んでいて昔のガルーダ機事故を思い出しました。
原因追及をお願いします。“
(ヤフーニュース)

ヤフーニュースのコメント欄、ツイッターから引用しました。

外からでもはっきりわかるほど火を出して飛んでいたという目撃情報には驚きです。お詫びとして1万円を配ったとしても、もちろんそれでうやむやにせずに原因をしっかり解明し、2度と同じことが内容にしてほしいですね。

「1万円もらった」というツイートに関連して、冗談で「飛行機に花火を仕掛ければ」などの発言もありましたが、今回は乗客に負傷者が出なかったから1万円の話で盛り上がれるだけ。もし飛行機が墜落していたら、300人弱の方が死の恐怖を味わっていたところでした。

まとめ

ANA機が福岡空港に緊急着陸した出来事と、それに際して乗客に1万円が払われたニュースを取り上げました。

今回の出来事から言えるのは、「事故にならなくて良かった」との一言。乗客は航空会社に命を預けているわけですから、機体の点検はもちろん、エンジンにとりが入らないような対策も完璧にとってもらわないと困ります。

スポンサーリンク
おすすめの記事