2019年12月19日(木)
近鉄名古屋線「烏森駅」にて人身事故が発生したとの情報が入っています。

Twitterには、人身事故発生当時に偶然現場に居合わせたとみられるユーザーが当時の状況を投稿していました。

中には「乗ってる電車がガタンと何かに乗った感じがした」というリアルな投稿も…。

そこで今回はどのような人身事故が発生したのか情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

2019年12月19日近鉄名古屋線「烏森駅」で起きた人身事故の概要は?

12月19日(木)近鉄名古屋線にて人身事故が発生しました。
人身事故発生時刻は午後5時33分頃であるとのこと。

今回注目している人身事故は、近鉄名古屋線「烏森駅」にて発生。

Twitterに投稿された情報によると、線路内に侵入し歩いていた人が走行していた電車と接触したことにより人身事故が発生したと言います。

近鉄名古屋線を走行していた電車が「烏森駅」にて侵入するときに人身事故は発生したようで、すごい汽笛が聞こえてきたとの情報が入っています。

凄い汽笛が聞こえてきたって、嫌な予感しかしないですよね…。
「ガタンと何かに乗った感じ…」って、電車に接触した人を轢いたのでしょう…。

人身事故が発生したとの通報を受け、すぐに救急車両が現場に駆けつけました。
そして回収作業、現場検証が行われたと言います。

今回注目している人身事故の影響で、近鉄名古屋線「名古屋駅」~「桑名駅」間の運転を一時見合わせることになりました。

また近鉄名古屋線以外に以下の路線でもダイヤの乱れが発生したとのこと ↓

近鉄名古屋線
近鉄山田線
近鉄鳥羽線
近鉄志摩線

人身事故発生当初、運転再開見込みは午後6時50分を見込んでいました。
ですが実際には午後7時過ぎに運転再開となったと言います。

スポンサーリンク

2019年12月19日近鉄名古屋線「烏森駅」で起きた人身事故当時の現場の状況は?

Twitterには人身事故発生当時の状況を撮影した画像が投稿されています。

人身事故発生当時、近鉄名古屋線「烏森駅」には消防車や救急車、パトカーといった緊急車両が複数台到着していたと言います。

そして「烏森駅」に規制線が張られ、進入禁止になったとのこと…。

人身事故発生時刻はちょうど帰宅ラッシュになる時間帯。
そのため駅封鎖ということで多くの人が行き場を失っていました。

スポンサーリンク

2019年12月19日近鉄名古屋線「烏森駅」で起きた人身事故の身元情報は?

人身事故が発生したということで、気になるのは電車と接触したのはどのような人であったのかということです。

そこで、目撃情報がないかどうか調査してみました。

調査してみたところ、電車と接触した人の情報については出て来ず…。

人身事故は全国各地で連日発生しています。
その多くでどのような人が電車と接触したのかという情報は出てきません。

人身事故の多くが、自殺目的であると言います。
(今年は特に多いのでもしかすると全体の90%を超えるかも…)

今回の人身事故は線路内を人が歩いていたと言います。
なぜそのようなことをしたのか分かりませんが自殺目的の可能性は高いでしょう。

自殺目的である可能性が高いため、身元情報は公表されないのかもしれません。
身内に対する配慮などがあるのかもしれませんね。

2019年12月19日近鉄名古屋線「烏森駅」で起きた人身事故についてSNSネットの反応は?

では最後に、近鉄名古屋線「烏森駅」にて発生した人身事故についてSNSネットの反応をみていきましょう。

人身事故が発生したことで電車の運転が一時停止となり、多くの人に影響を与えたかがTwitterに投稿されたツイートから分かります。

ほんと帰宅ラッシュの時間にやめてほしいですよね…。

まとめ

12月19日(木)近鉄名古屋線「烏森駅」にて人身事故が発生したということで気になる情報をまとめていきました。

人身事故、ほんと多いですよね…。

自殺目的の人身事故が多いことに、悲しさを覚えます。
自ら命を絶つことはいけないことですが、こんなにも多くの人が自らの命を絶つことを選択してしまう世の中というのに問題があるのではないでしょうか。

人身事故はどうしたら減るのでしょう。

合わせて読みたい

スポンサーリンク
おすすめの記事