2019年12月22日、京急屏風浦駅で人身事故が起きました。

「人身事故の瞬間を見てしまった」とのツイートも見つかっており、列車の運転見合わせだけでなく周囲の利用客にも衝撃を与えた人身事故でした。

今回の記事では、京急屏風浦駅で発生した人身事故について、事故の概要や当時の状況、ネット上での反応などをまとめました。

スポンサーリンク

2019年12月22日京急屏風浦駅で起きた人身事故の概要は?

2019年12月22日14時20ごろ、京急屏風浦駅にて発生した人身事故。事故の影響で、上大岡~金沢文庫駅間での運転見合わせとなりました。15時18分に運転が再開したようです。

1時間に及ぶ運転見合わせはきついですね。運転が再開したところで列車の遅延はなかなか解消されないでしょうし、周辺の路線で振り替え輸送を行っていたと言っても京急線で一本で行きたかった場所がある人には不便でした。

スポンサーリンク

2019年12月22日京急屏風浦駅で起きた人身事故当時の状況は?

京急屏風浦駅で発生した人身事故。事故発生当時に屏風浦駅を利用していたと思われる人々や、京急を利用していた人々らが事故当時の状況をツイートしていました。

人身事故の現場に居合わせた人のツイートがありました。「もろ見てしまった」「線路にばったり倒れていた」とのこと。これはトラウマになりそうですね。駅を利用するたびにその光景を思い出してしまいそうです。

ホームから線路に飛び込んで列車にひかれ、ばたりと倒れ込んだ様子。出血状況などはどうだったのでしょうか。

京急線を利用しようとして駅に言った途端、人身事故発生を知らせる看板が。事故が起きたっから仕方がないですね…。でも、列車の利用客には一切事故の非がないので、いらいらする気持ちもわかります。

スポンサーリンク

2019年12月22日京急屏風浦駅で起きた人身事故の身元情報は?

12月22日日曜日の昼間に起きた人身事故。人身事故本人の身元情報が気になります。

人身事故を起こした本人の身元情報は、明らかにされておりません。人身事故は多くの場合自殺であり、自殺するに至るまで本人は苦しんできたのです。線路に身を投げた本人とその家族への配慮もあって、人身事故での身元情報が公開されない場合がほとんどです。

2019年12月22日京急屏風浦駅で起きた人身事故についてSNSネットの反応は?

京急線屏風浦駅での人身事故と電車の運転見合わせに対して、ネット上での反応はどのようなものだったのでしょうか。

ツイッターから引用しました。

京急線屏風浦駅での人身事故のため振り替え輸送を利移用してJRを利用した方々。たまたまJR川崎駅付近でも損路に人が立ち入るという事件が発生し、JRでも列車が遅延するという事態に巻き込まれた人が複数いたようです。災難ですね。迂回した先でまたもや障害にぶち当たるとは。

また、空港に向かっていたところ人身事故に出くわした人も。飛行機に遅れないよう、迂回ではなくその場で列車を待ち続ける選択をしたようです。飛行機搭乗前の人身事故は焦りますよね。余裕をもって空港に移動したいですね。

まとめ

今回は、2019年12月22日に起きた京急線屏風浦駅での人身事故と、それにともなう電車の運転見合わせについて取り上げました。

日曜日の昼間ということもあり、気晴らしに出かけようと思っていた人々の予定を狂わせました。また運悪くJR川崎駅周辺でも列車遅延が発生し、移動にいつも以上に時間がかかる日曜日となりました。いらいらするのもわかりますが、駅員や京急に責任はないので、八つ当たりはしないであげてくださいね。

スポンサーリンク
おすすめの記事