2020年1月5日(日)
中山7R(4歳上1勝クラス、芝2000メートル)で、大塚海渡騎手(19)と三浦皇成騎手(30)が落馬するというトラブルが発生してしまいました。

Twitterには、偶然現場で落馬トラブルを見たという人たちが心配の声をツイートしていました。

今回は落馬トラブルについて気になる情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

大塚海渡騎手・三浦皇成騎手のプロフ経歴は?

ではまず最初に、落馬トラブルに見舞われてしまった大塚海渡騎手と、三浦皇成騎手についてそれぞれどのような人物であるか紹介していきます。

まず最初に紹介するのは、大塚海渡騎手についてです。

・名前:大塚海渡(おおつかかいと)
・生年月日:2000年10月25日(現在19歳)
・出身地:茨城県

大塚海渡騎手は日本中央競馬(JRA)・三浦トレーニングセンター所属の騎手です。

2016年に競馬学校騎手過程に入学し、2019年2月に卒業。
そして2019年3月に木村哲也厩舎から騎手デビューとなりました。

では続いて、三浦皇成騎手について紹介していきましょう。

・名前:三浦皇成(みうらこうせい)
・生年月日:1989年12月19日(現在30歳)
・生年月日:東京都

三浦皇成騎手といえば、2011年にグラビアアイドルとして一世を風靡したタレントのほしのあきさんと結婚を発表し世間を驚かせました。

(ほしのあきさんの方が年上でなんと一回りも年上なんですよ!)

三浦皇成騎手は2008年度JRA騎手免許試験に合格。
同年3月に行われた中山競馬第1競走でモエレロングランに騎乗し、中央競馬初騎乗で6着。同日の中山競馬第10競走(潮来特別)で初勝利しました。

その後も目覚ましい活躍を続け、ほしのあきさんと結婚したことで競馬を知らない人たちにも名前を広く知られるようになります。

2016年8月にレース中に怪我をし休業。そしてちょうど1年後となる2017年8月に復帰し、復帰したその日に2勝を挙げるなど完全復活しました。

スポンサーリンク

大塚海渡騎手・三浦皇成騎手が中山7R(4歳上1勝クラス、芝2000メートル)で落馬した時の動画画像は?

大塚海渡騎手と三浦皇成騎手がレース中に落馬してしまいました。競走馬に載っていて落馬って大事故ですよね…。

Twitterを調査してみると、落馬時の動画や画像が投稿されていました。

(衝撃的な動画もありますので動画を見る方は自己判断でお願いします)

これ…、大丈夫なのでしょうか…。
落馬しただけでなく、競走馬とともに転がって行ってますよね…。

スポンサーリンク

大塚海渡騎手・三浦皇成騎手の怪我の容態と復帰の目処は?

Twitterには、落馬直後の現場の様子を撮影した画像も投稿されていました。

落馬直後、すぐに救急車が現場に駆けつけました。

どうやら三浦皇成騎手は意識がある様子。
ですが相当痛がっていたと言います。(そりゃそうでしょう…)

そして大塚海渡騎手は落馬後、微動だにしなかったと言います。

今回落馬トラブルに見舞われた大塚海渡騎手と三浦皇成騎手は、共に若い騎手でありますが特に大塚海渡騎手はまだデビューしたばかり。

落馬は今回が初めてではないでしょうか。

微動だにしなかったということですが、大丈夫なのでしょうか…。

現時点で、公式より発表はありません。
意識不明の重体なんていうことになっていなければいいですが…。

大塚海渡騎手・三浦皇成騎手の落馬についてレース観戦者のSNSネットの反応は?

では最後に、SNSネットではどのような反応であったのか調査していきます。

Twitterにて反応を調査してみると、このように多くの人が心配しています。

競馬をやっている以上、落馬は避けては通れないことかもしれません。しかし、新年早々というのは縁起が悪いですよね…。

まとめ

1月5日(日)に発生した中山7Rでの落馬事故について今回は気になる情報をまとめていきました。

大塚海渡騎手と三浦皇成騎手という若い騎手が見舞われた今回の落馬事故。落馬当時の画像や動画を見ましたが、かなり激しかったですよね…。

現在まだ公式より情報が出ていません。
無事だったのか、今後復帰の目途は立っているのか、気になるところです。

スポンサーリンク
おすすめの記事