会計の女が6億円以上横領した疑いで逮捕されました。

会社の金で高級車や馬を購入していたとか。一度着服してバレずに済んで、味をしめたのでしょう。6億円取られるまで会社も気づかないとは情けないですね。

今回の記事では、事件の概要や容疑者の情報、ネット上での反応をまとめました。

スポンサーリンク

田村純子容疑者が起こした事件の概要は?

概要から見ていきます。

住友重機械工業の労働組合で会計を担当していた60歳の女が5000万円を横領したとして逮捕されました。6億円以上を着服したとみられています。

 田村純子容疑者は2013年12月、住友重機械工業の労働組合が管理する口座から5000万円を自分の口座に振り込んで横領した疑いが持たれています。警視庁によりますと、田村容疑者は労働組合の会計を1人で担当していました。
 田村容疑者と同じアパートの人:「派手じゃない。普通の人。すごい車乗ってるねって娘と話をした」
 田村容疑者は横領した金で馬術競技の馬6頭なども購入していたということです。取り調べに対して容疑を認めています。警視庁は6億4000万円ほどを横領したとみて調べています。

引用元:ヤフーニュース

遡ること6年。労働組合の金である5000万円を自分の口座に振りこみ、田村容疑者の暴挙が始まりました。会計を一人で担当していると、ついつい手が出た時に抑制できなくなってしまいますね。おそらくこの労働組合は田村容疑者を信頼していたから一人だけに会計業務を任せていたのだとは思いますが、会計担当のためにも組合のためにもより厳しいチェックの目を置いておくべきでした。

見出し2(田村純子容疑者のプロフィール)  
田村純子容疑者のプロフィールは下記となります。  
・名前 田村純子
・年齢 60歳
・住所 不明
・職業  書記
・逮捕理由 業務上横領

スポンサーリンク

田村純子容疑者が起こした事件がニュースでも取り上げられました

田村純子容疑者による横領事件はメディアでも報道されています。

スポンサーリンク

田村純子容疑者が起こした事件の現場はどこ?

田村純子容疑者が書記として働いていたのは、住友重機械工業の労働組合連合会でした。本社は東京都品川区大崎に位置しています。

グーグルマップ引用

田村純子容疑者が起こした事件詳細は?

業務上横領の容疑で逮捕された田村純子容疑者。事件詳細はどのようなものだったのでしょうか。

田村容疑者が最初に労働組合の金に着服したとされるのは、2013年の12月でした。5千万円を自分の口座に振り込み、着服しました。それからおよそ5年間にわたって労働組合の積立金6億4千万円を、ポルシェや馬の購入に使ったとのことです。田村容疑者は容疑を認めています。

田村純子容疑者の犯行動機や家族情報は?

犯行動機は、はっきりとわかっておりません。

ただ、田村容疑者が高級車や競技用の馬の購入に金を使ったことから、ただ単に贅沢がしたかっただけなのかもしれません。購入した馬で、これから稼ごうと思っていたのかもしれませんね。

家族情報についても調べましたが、詳細は分かりませんでした。
もし、家族がいるなると家族ぐるみで横領していたことを知っていたのでしょうか?

田村純子容疑者のSNS情報は?

田村純子容疑者のSNSアカウントについて調査をしましたが、本人の特定には至りませんでした。

田村純子容疑者が起こした事件についてSNSネット上の反応は?

この事件に対しネット上では、どのような反応なのでしょうか。

“普通の考えなら何億も扱うようなポジションに1人だけ置くのは有り得ないと思う。
信頼出来る人材を最低でも10人は置きたい。
それで、外部の人間入れて月1の監査と銀行から逐一報告。
この手の犯罪は犯人はもちろんだけど、会社にも責任があるよ。“
(ヤフーニュース)

“皆さんが言うように、会計管理なんて大事なことを何故一人でやらせるのかな?人件費をケチらないで、繋がりの薄い人を二人以上で交代でやらせるべきだと思いますよ。“
(ヤフーニュース)

“いつも思うけどなんでもっと早い段階でわからないんだろう?一回で六億横領じゃないだろうし、そもそも横領が生まれる仕組みに問題があるよね。“
(ヤフーニュース)

ヤフーニュースに寄せられておりましたコメントを引用させていただきました。

多くの人が言うように、今回の事件は数億円を管理する立場にいたのが一人だけだったことが原因でした。扱う金額を考えると10人程度は必要だとは言え、少なくとも田村容疑者の行動をチェックする誰かの存在が必要でした。自由に触れられる数億円が前にあれば、目もくらむのもわかります。

まとめ

会計を担当していた労働組合の積立金6億円以上を着服した女が逮捕された事件を取り上げました。

今回の事件で、会計担当がもし1人しかいない団体があれば背筋が凍ったのではないでしょうか。改めて会社の体制を見直し、不正を未然に防ぐよう気を付けましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事