2020年1月12日(日)日本テレビ系列にて22時半より「シロとクロでもない世界でパンダは笑う」が放送をスタートしました!!

放送当日の1月12日(日)は朝から主演の清野菜名さん、そして横浜流星さんが日本テレビ系列の番組に出演し番宣を行っていましたよね。

2019年に出演したドラマで知名度が上がった2人。
2020年いえ、令和を代表する俳優、女優になるであろう2人がW主演を務めるドラマであるということで、放送前から多く人が期待していました。

今日この日を待っていたという人も少なくないのではないでしょうか。

では、1月12日(日)に放送された第1話のあらすじとネタバレ感想をしていきます!

スポンサーリンク

シロとクロでもない世界でパンダは笑う1話のあらすじ

囲碁棋士の川田レン(清野)は、かつては天才囲碁少女と呼ばれるほどだったが、23歳になった今はネガティブな性格が災いし負けてばかり。
彼女はアルバイト先の囲碁喫茶で、上坂という国会議員が竹藪に吊るされた姿で発見されたというニュースを目にする。
上坂を吊るした犯人は“ミスパンダ”の可能性が高かった。
ミスパンダとは、裏で甘い汁を吸う悪人たちを懲らしめて世間を騒がせる謎の人物。
上坂には、女性への性的暴行疑惑が持ち上がっていた。
神出鬼没で自由奔放なミスパンダ。
レンは、自分にはミスパンダのように生きることはできないと思うのだった。
精神科医・門田(山崎樹範)のカウンセリングを受けているレンにとって、通院の楽しみは医学生の森島直輝(横浜)と会うこと。
時折、「パンケーキを食べに行こう」と誘ってくれる直輝に、レンはときめきを感じていた。
直輝は、テレビ局の報道記者として働く恋人の佐島あずさ(白石聖)に頼まれて、“メンタリストN”という名でバラエティ番組に出演し、出演者たちの思考を操るようなパフォーマンスを披露する。
番組収録後、直輝は、あずさから、IT企業に勤める女性・愛菜が飛び降り自殺した話を聞く。
愛菜は自殺直前、顔に包帯を巻いた姿で「醜い私、さようなら」と言い残した遺書代わりの動画をインターネットにアップしていた。
衝撃的な愛菜の死に、ネット上では“整形手術の失敗を苦にして自殺したのではないか?”など、さまざまな噂が広まる。
一方、Mr.ノーコンプライアンス(佐藤)から指示を受けた直輝から、レンのもとに“これからパンケーキ食べに行かない?”とのメールが届く。
レンは、パンケーキ店で直輝と会う。
直輝がパンケーキにシロップをかける。流れ落ちるシロップを見ているうち、レンの意識は遠のく。
その夜、ビルの屋上で「グオオォォーー!」と吠えるミスパンダが出現。
彼女を操る飼育員さんとなった直輝が「さぁ出番だよ、ミスパンダ」と告げる。
ミスパンダは、愛菜の葬儀に現れ、騒然とする参列者に向かって「アタシがシロクロつけるから!」と言い放ち、愛菜の死の真相を暴いていく。

「シロとクロでもない世界でパンダは笑う」公式サイトより
スポンサーリンク

シロとクロでもない世界でパンダは笑う1話のネタバレ感想

物語の始まりとなった第1話について、ネタバレ感想していきます。

まずドラマの設定についてですが、

驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダと彼女を操る男・飼育員さんの“令和の最凶バディ”が「Mr.ノーコンプライアンス」からの依頼を受け、世の中のグレーな事件にシロクロつける

このようなあらすじになっていたため、第1話から2人のがっつりな絡みを見ることができると思っていました。

しかし予想に反し、清野菜名さん演じる川田レンは自分がミスパンダであることを知らず、飼育員設定の直輝に横浜流星さんが操られているという設定でした。

「えーーそういう話なの!?」と思ったのは私だけではないでしょう(笑)

川田レンは、飼育員設定のメンタリストとして活動している(?)直輝に急に呼ばれ、2人でパンケーキを食べに行きます。
そして直輝がパンケーキにシロップをかけるのですが、なにやらこのときに直輝がレンに催眠療法らしきものをかけているっぽい。

直輝が通っている大学で教授が催眠療法について話していましたよね。おそらく授業を脱線して話していた催眠療法は伏線(?)だと思います。

そしてレンはミスパンダに変身!!

シロでもクロでもないグレーな事件に思いっきり切り込んでいきます。

第1話は自殺した(ように見せかけられた)女性の話でしたね。
まさかここで去年大きな話題になった元NGT48の山口真帆さんが登場するとは思わなくて、エンドロールに名前が出ているのを見てびっくりしました。

(なんか見たことあるな~とは思っていましたが気付かず…)

そしてレンは催眠療法(?)をかけられミスパンダに変身し、亡くなった女性が死ぬ原因となった会社の社長を成敗していきます!!

といってもなんか中途半端な感じでしたが…。
やりすぎと飼育員からストップがかかった感じでしたね。

最後に吊るされた会社の社長が居ましたが(笑)

シロクロつけ、とりあえず一件落着!

ミスパンダの飼育員である直輝は、レンを背中に抱え自宅に送り届けます。
翌朝、目が覚めたレン。
すると、昨日直輝とパンケーキを食べに行ってからの記憶がありませんでした。
「どうやって帰ったんだろう…」と言ってました。

第1話の冒頭でも同じようなシーンが放送されていましたよね。

どうやら催眠療法(?)がかけられている間の記憶はないみたいです。

スポンサーリンク

シロとクロでもない世界でパンダは笑う1話視聴者のSNSでの反応は?

 

では最後に、視聴者のSNSでの反応はどうだったのか調査していきます!

元NGT48の山口真帆さんがゲスト出演、そして「あなたの番です」で藤井流星さんと共演した田中圭さんが友情出演していたことに多くの人が注目していました。

また現時点ではまだ物語が分からない…、といった声も。

「シロとクロでもない世界でパンダは笑う」は原作のないオリジナルドラマなので、今後どのような展開になるのかが気になるところ。

まとめ

1月12日(日)に放送された第1話のあらすじとネタバレ感想をしていきました。

清野菜名さんのアクションシーンかっこよかったですね!
個人的にはアクションシーンにもっと時間を使ってほしい感じ。

今後に期待します!

まだ第1話ということで、現時点では謎な部分が多いです。
私が一番気になっているのは、レンと直輝がミスパンダと飼育員という関係性(レンは気付いていないが)はどういったものなのか。

今後これらの謎について解明されることでしょう。
どのような展開で物語が進んでいくのか、はやく続きがみたいです。

スポンサーリンク
おすすめの記事