病院で寝たきりの患者に、男が便を塗る事件が起こりました。

理解しがたいこの行動、しかも逮捕された容疑者は病院で働くヘルパーでした。仕事からのストレスでしょうか。まるで小学生のような行動です。

今回の記事では、事件の概要や容疑者の情報、ネット上での反応をまとめました。

スポンサーリンク

中村大介容疑者が起こした事件の概要は?

 
概要から見ていきます。

寝たきりの入院患者に嫌がらせをした32歳のヘルパーの男が逮捕された。

偽計業務妨害の疑いで逮捕されたのは、中村大介容疑者(32)。

中村容疑者は、2019年12月17日と19日、ヘルパーとして勤務していた東京・台東区の病院で、入院中の70代から80代の寝たきりの患者3人に汚物を塗りつけ、病院の業務を妨害した疑いが持たれている。

病院からの相談で事件が発覚し、中村容疑者は「自分がやったことに間違いありません」などと供述していて、警視庁は、余罪を追及する方針。

引用元:ヤフーニュース

今回中村容疑者の逮捕に至ったのは高齢患者3名に汚物を塗りつけたことでした。警察は余罪がないかどうかより詳しく調べるとのことですが、余罪があってもおかしくはないのではないでしょうか。被害があってもなかなか上まで報告が行かないもので、現場の看護師らが対処していたかもしれません。

入院患者の親戚やお子さんらが患者のために入院させている病院で、このような悪ふざけが起こるとは残念でなりません。こんな人がヘルパーという職に就いているのにも、驚きを隠せません。

スポンサーリンク

中村大介容疑者のプロフィール

中村大介容疑者のプロフィールは下記となります。  
・名前 中村大介
・年齢 32歳
・住所 不明
・職業  ヘルパー
・逮捕理由 偽計業務妨害の疑い

スポンサーリンク

中村大介容疑者の顔写真は?

逮捕された中村容疑者の顔写真は、報道で公開されております。

中村大介容疑者が起こした事件がニュースでも取り上げられました

中村大介容疑者による患者への汚物塗りつけ事件はメディアで報道されています。

中村大介容疑者が起こした事件の現場はどこ?

中村大介容疑者が高齢患者3名に汚物を塗り付け病院の業務を妨害したとされるのは、東京都台東区の病院でした。

中村大介容疑者が起こした事件詳細は?

病院で患者に便を塗り付けたとして偽計業務妨害の容疑で逮捕された中村大介容疑者。詳細はどのようなものだったのでしょうか。

事件が発生したのは、2019年12月17日と19日でした。中村容疑者が自分の便を、寝たきりの患者の服に塗り付けました。患者のおむつに排泄物がついていないのに服が汚れていることから病院が不審に思い、警察に相談したとのことです。被害に遭ったのは、いずれも70代、80代の寝たきり患者でした。

中村大介容疑者の犯行動機や被害者情報は?

中村容疑者の犯行動機については、供述で触れられています。

いわく、「ヘルパー“の仕事が大変でストレスがたまり、うっぷんを晴らすためにやった」とのことでした。仕事が大変で、うっぷんを晴らすために患者に自分の便を塗るとは。正直な供述ですが、介護士として許されることではありません。

中村大介容疑者のSNS情報は?

中村大介容疑者のSNSアカウントについて調査をしましたが、本人の特定には至りませんでした。

中村大介容疑者が起こした事件についてSNSネット上の反応は?

この事件に対しネット上では、どのような反応なのでしょうか。

“32歳にして・・・その行為は子供とも取れるし異常とも取れる。こういう奴は自分で経験しないとわからないのだろうか。施設としては業務妨害だろうが、被害者からしたら傷害事件だと思う。特に高齢者は抵抗力も下がり感染しやすい、洗浄したと言っても安堵できない。”
(ヤフーニュース)

“こんなニュースの陰で、事件が発覚しないまま患者が亡くなったり意志表示できないまま誰にも知られないケースがたくさんあるのではないか?
意識清明な患者は、地獄のような絶望と苦悩で人生を終えることになる。
高齢化で介護要員が不足し「誰でも介護士」になっていないだろうか?
厚労省は真剣かつ早急に対策をとるべきだ。“
(ヤフーニュース)

“介護の現場での事件は、過去にも凄惨なものがあったな。
この事件も氷山の一角のような気がする。
“介護は儲かる“みたいな風潮から、他業種からの参入も多かったが、心ある人で無ければ出来ない業務が多いのに、金儲け優先の経営者が責任者では、こんな事件は繰り返されそう。”
(ヤフーニュース)

ヤフーニュースに寄せられておりましたコメントを引用させていただきました。

超高齢化社会の日本で需要がある介護士の仕事。その仕事の性質柄、「誰でも歓迎」という風潮が蔓延していないか警鐘を鳴らす意見が多く見られました。たしかに今回の事件はただ介護士が病院の業務を邪魔しただけではなく、患者の命をも犯しうる行為をしました。現場で働く介護士の質を疑ってしまう事件だったことは同意できますね。

まとめ

台東区の病院で、ヘルパーが寝たきり患者に汚物を塗り付けた事件を取り上げました。

ヘルパーの仕事への需要が高まっている現代社会において、今後の介護の在り方や介護士の選び方についてもより深く考える必要があることを再確認させるような事件でした。今後こうした事件が繰り返されないよう、国が何らかの政策をとることが求められます。

スポンサーリンク
おすすめの記事