2020年1月14日(火)
京急空港線「大鳥居駅」~「糀谷駅」間にて人身事故が発生したとの情報が入ってきました。

全国各地で連日発生している人身事故。
今回注目していく人身事故は、一体どのような人身事故だったのでしょうか。

Twitterには人身事故発生当時に偶然現場に居合わせたとみられるユーザーが当時どのような状況であったのかということを投稿していました。

そこで今回は京急空港線にて発生した人身事故について情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

2020年1月14日京急空港線「大鳥居駅」~「糀谷駅」間で起きた人身事故の概要は?

1月14日(火)京急空港線にて人身事故が発生してしまいました。
人身事故発生事時刻は午後7時20分頃であるとのこと。

一体どのような人身事故が発生したのか。
Twitterに投稿された情報により、人身事故の概要が明らかになりました。

今回注目している人身事故は、京急空港線「大鳥居駅」~「糀谷駅」間にある踏切(糀谷第3踏切)にて発生したということが明らかになっています。

「線路内に人が侵入していた」という情報がTwitterに投稿されていたことから、線路内に侵入していたところを走行していた電車にはねられたのでしょう。

こちらはTwitterに投稿されていた人身事故発生現場となった踏切です。

踏切から少し離れた位置に多くの人が集まっていますが、(鉄道関係者や救急隊でしょう)電車に跳ねられ、少しとばされたのかもしれません。

「すごい音がした」という目撃情報がTwitterに投稿されていました。

スポンサーリンク

2020年1月14日京急空港線「大鳥居駅」~「糀谷駅」間で起きた人身事故当時の現場の状況は?

京急空港線「大鳥居駅」~「糀谷駅」にて人身事故が発生し、現場に鉄道関係者や救急隊が駆けつけました。
そしてすぐに回収作業や現場検証が行われたと言います。

この時間、京急空港線では一部区間で運転を一時停止することになりました。
一時停止となったのは、京急空港線「京急浦田駅」~「羽田空港国内線ターミナル駅」間です。

また京急空港線だけでなく、他の路線でも人身事故の影響でダイヤが乱れるなど影響を受けたと言います。

ダイヤが乱れるなど影響を受けた路線はこちら ↓

・京急空港線
・京急本線
・都営浅草線
・京成押上線
・成田スカイアクセス線
・北総線
・京急逗子線
・京急久里浜線

このように複数の路線でダイヤが乱れることになり、各地で混雑となりました。
ちょうど帰宅ラッシュの時間帯でしたしね…。

多くの人に影響を与えてしまっているのかということが分かると思います。

スポンサーリンク

2020年1月14日京急空港線「大鳥居駅」~「糀谷駅」間で起きた人身事故の身元情報は?

京急空港線「大鳥居駅」~「糀谷駅」にて発生した人身事故について今回は注目しています。

人身事故が発生したということで、気になるのは身元情報についてです。

今回注目している人身事故について、現時点では詳しい情報は入っていません。
亡くなっているのか、生存しているのか…。

これはあくまでも予想ですが、今回注目している人身事故で電車と接触した人は亡くなってると思います。

電車と接触しとばされ、生存したケースは非常に少ないです。

また人身事故発生現場の状況を撮影した画像を見ましたが、人身事故発生現場に救急車が到着していたという目撃情報はありませんでした。

おそらく息を引き取っていたため、救急隊のみの出動となったのでしょう。
(亡くなった人を救急車は運びませんから…)

身元情報は現時点で明かされていませんが、今後明かされることはないでしょう。自殺のケースが高いため、親族への配慮などがあってのことだと思います。

2020年1月14日京急空港線「大鳥居駅」~「糀谷駅」間で起きた人身事故についてSNSネットの反応は?

では最後に、京急空港線にて発生した人身事故についてSNSネットではどのような反応であったのか調査しまとめていきたいと思います。

「いい迷惑」「困った」といった悲痛の声が多く投稿されていました。

今回注目している人身事故はちょうど多くの人が自宅へと帰宅する時間帯に発生したため、Twitterには「早く帰りたい」といった声も多数投稿されていました。

まとめ

1月14日(火)京急空港線「大鳥居駅」~「糀谷駅」間にて発生した人身事故について今回は気になる情報をまとめていきました。

踏切にて発生した人身事故だったということで、電車を利用する人はもちろんですが、周辺を車で運転するドライバーにも大きな影響を与えることになりました。

ほんとうに、人身事故は迷惑ですよね…。

亡くなった方が居るのは残念なことではありますが、やはり「他人を巻き込むなよ」という怒りが出てしまいます。
人身事故など発生しない世の中にするにはどうしたらいいのでしょう…。

合わせて読みたい

スポンサーリンク
おすすめの記事