2020年1月17日、名鉄三河線高浜港駅~三河高浜駅間で踏切事故が起きました。

現場の写真がツイッター上で見つかっていますが、列車が線路を飛び出し道路をふさいでいる状態です。かなり衝撃的です。

今回の記事では、名鉄三河線高浜港駅~三河高浜駅間で発生した踏切事故について、事故の概要や当時の状況、ネット上での反応などをまとめました。

スポンサーリンク

2020年1月17日名鉄三河線高浜港駅~三河高浜駅間で起きた踏切事故の概要は?

2020年1月17日22時24分ごろ、名鉄三河線高浜港駅~三河高浜駅間にて発生した踏切事故。事故の影響で、碧南駅~刈谷市駅間での運転見合わせとなりました。運転再開は、0時21分でした。

踏切での事故の影響により一部区間で運転見合わせとなりましたが、振り替え輸送等の実施はなかったようです。

スポンサーリンク

2020年1月17日名鉄三河線高浜港駅~三河高浜駅間で起きた踏切事故当時の状況は?

1月17日夜に名鉄三河線高浜港駅~三河高浜駅間で発生した踏切事故。事故発生当時に名鉄三河線を利用していた人々が、ツイッター上で事故当時の現場付近の状況を発信しています。

線路から列車が飛び出し、道路をふさいでいます。列車の横に並んでいる車と衝突した様子がわかりますが、どのように衝突したら線路からここまで飛び出るのでしょうか。列車が来る警報が鳴っていたのにもかかわらず線路に車が侵入したことは明白です。また、列車の中に人が乗っている様子も確認できます。おそらく事故の対応が終わるまで列車から降りないよう言われていたのでしょう。

こちらの画像は、反対側から撮ったものと思われます。踏切周辺に住宅が立ち並んでいる様子が確認できますね。列車が脱線した角度がちょうど道路で、不幸中の幸いでした。近隣の住宅に列車が突っ込んでいたら、大惨事となっていました。

スポンサーリンク

2020年1月17日名鉄三河線高浜港駅~三河高浜駅間で起きた踏切事故の身元情報は?

2020年1月17日(金)の夜に起きた踏切事故。踏切事故を起こした乗用車の運転手の身元情報が気になります。

残念ながら、乗用車を運転していた人の身元は明らかではありません。乗用車がどのような状況で線路に侵入したのかも、はっきりとはわかっておりません。

可能性としてまず考えられるのは、事故だったのか意図的なものだったのかのふたつ。純粋な事故だった場合、踏切を横断中に車に何らかのトラブルがあり動けなくなってしまい、列車が来る前に踏切を渡りきることができなかった、といったところでしょうか。事故ではなかったとしたら、自殺未遂と考えられます。夜のため視界も悪く、踏切にいても列車は気づくのに遅れるだろうと見越して、列車が来るのを踏切で待機していたと考えたらどうでしょう。

いずれにせよ、乗用車と列車が衝突したことで列車が大幅に脱線し、大きな事故へと発展しました。

2020年1月17日名鉄三河線高浜港駅~三河高浜駅間で起きた踏切事故についてSNSネットの反応は?

名鉄三河線高浜港駅~三河高浜駅間での踏切事故と電車の運転見合わせに対して、ネット上での反応はどのようなものだったのでしょうか。

ツイッターから引用しました。

名鉄では1週間以内に事故があったばかりのようで、それに言及するツイートが多く見られました。それぞれの事故に関連はないにせよ、立て続けに起こると少し怖いですね。人身事故も踏切事故も、巻き込まれたくありません。

まとめ

今回は、2020年1月17日に起きた名鉄三河線高浜港駅~三河高浜駅間での踏切事故と、それにともなう電車の運転見合わせについて取り上げました。

かなり派手に列車が脱線したため、ツイッター上では現場写真が大きく話題となりました。中にいた乗客に大きな被害はなさそうですが、乗用車の中にいた人はどうでしょうか。かなりの衝撃があったことが想像できます。近隣の住宅へ目立った被害がなかったことは、不幸中の幸いでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事