和歌山市の断水工事で、各家庭に混乱が生じています。

22時からの断水との予告でしたが、その前からすでに蛇口から出てくるのは濁った水。和歌山市のツイッターユーザーが嘆いています。

今回の記事では、和歌山市の大規模断水の概要、市民のトイレやお風呂事情、市がフライングで工事したのではとの疑惑、SNSやネット上での反応を見ていきます。

スポンサーリンク

和歌山市の大規模断水の概要は?

和歌山市で断水工事が行われています。市による漏水修繕工事として、和歌山市内の一部地域において1月19日午後22時以降に断水するとの事前通知のもと、実施されています。和歌山市を走る国道24号線花山交差点付近の水道管の修繕工事のようです。

工事現場付近の画像からもわかる通り、ショベルカーが道路に集結し大規模に工事を行っています。和歌山市の公式な情報によると、花山交差点付近の道路を10日後の29日22時まで交通規制の対象とするとのことです。

スポンサーリンク

和歌山市民の断水中のトイレやお風呂はどうするの?

水道管の工事ということで、気になるのは水が出続けるのか。和歌山市から市民へは、19日午後22時より3日間断水すると事前にお知らせがあったとのことです。

断水期間中のお風呂やトイレのための水として、断水予定地域に住む市民は水をためているようです。また、和歌山市内20か所の小中学校にて給水も実施される他、周辺のコンビニエンスストアやスーパーでも水を事前に大量に入荷して、和歌山市が断水に耐えられるよう対策が取られています。

お風呂は少量の水でなんとか持ちこたえることができるかもしれませんが、問題はトイレの水ですね。水で排泄物を流さないと、臭いも残ります。トイレ用の水の確保がマストとなります。

スポンサーリンク

和歌山市が水道管工事をフライングで工事した?

和歌山市の水道管工事による断水は、19日22時からの予定でした。ところが、断水予定地域に住む人々からは、22時より前から悲鳴が上がっています。

断水前に水をためるのは当たり前ですが、該当地域の市民が一斉に水をためだしたためか22時より以前から濁った水が蛇口から出てきて、砂まで混じっている始末。断水前に合わせてお風呂に入ろうと思っていた人たちからすれば、すでに身体を洗えない水しか出てきません。

22時以降に断水と言っておきながらもフライングして工事をはじめ、市民の生活を軽視している様子の和歌山市に対する市民の怒りが止まりません。

和歌山市の断水工事の対応についてSNSネットの反応は?

今回の和歌山市での断水工事に対する、SNSネット上の反応を見てみましょう。

ツイッターから引用しました。

今回の断水は、断水開始からわずか1週間弱前に通告されたものだったようです。インターネット上にて主に情報が拡散されていることから、ネットを駆使していないお年寄りへの周知はどうしているのかや、そもそも連絡が急すぎるなどの批判が相次いでいます。

まとめ

19日夜から和歌山市が3日間断水を迎えるニュースについて取り上げました。

市の急すぎる連絡や、フライングして工事を始めたことに対して、市への不信感が市民の間で募っているように思われます。断水の予定は3日間ですが、実際に3日で終わるのかも疑問です。寒さも厳しい今日、断水という不便が襲い掛かるのは気の毒でなりません。

スポンサーリンク
おすすめの記事