2020年1月22日(水)
JR神戸線「塚本駅」~「大阪駅」間の橋桁にて衝突事故が発生しました。

一体なぜ、橋桁に車が衝突してしまったのでしょうか。

Twitterには事故発生現場を偶然目撃したユーザーが当時の状況をツイートしていました。
どのような事故が発生したのか。
SNSネットの反応などをまとめていきます。

スポンサーリンク

2020年1月22日(水)JR神戸線「塚本駅」~「大阪駅」間の橋桁で起きた衝突事故の概要は?

1月22日(水)午後6時10分頃、JR神戸線「塚本駅」~「大阪駅」間の橋桁にて衝突事故が発生したとの情報が入ってきました。

事故発生現場は大阪市福島区鷺洲2丁目であるとのこと。

橋桁に衝突したのは、大型トラックであるとのこと。
普通に運転していれば、橋桁に衝突なんてしないですよね…。

大型トラックを運転していた運転手は「当たるかなと思って徐行して入ったが、当たってしまった」と言っていたとのこと。

「当たるかな」と思った時点で辞めてほしいですが急には止まれないですよね…。

こちらは事故発生現場を撮影した画像になります。
事故直後、JRの車がサイレンを鳴らしながら事故現場を確認に来たみたいですね。

今回注目している衝突事故では、幸いにも怪我をした人は居なかったとのこと。
巻き込まれた人もおらずほんとうに良かった。

スポンサーリンク

2020年1月22日(水)JR神戸線「塚本駅」~「大阪駅」間の橋桁で起きた衝突事故当時の現場の状況は?

JR神戸線「塚本駅」~「大阪駅」間の橋桁にて衝突事故が発生したということで今回は注目しています。

幸いにも怪我人は居ませんでした。

ですが今回注目している衝突事故により、JR神戸線「大阪駅」~「摩耶駅」間では運転を見合わせることになったと言います。

また以下の路線にも大きな影響を与えました ↓

・JR大阪線
・JR琵琶湖線

今回の衝突事故の影響で、JRの各駅で大混雑が発生してしまう事態に。

Twitterにはさまざまな駅で混雑が発生した当時の様子が投稿されていました。

今回注目している衝突事故でJRのさまざまな路線で運転が停止になったりダイヤが乱れたりといった事態となりました。

そのため、それ以外の路線に乗客が集中してしまうことに。

衝突事故が発生した午後6時台は、多くの人が電車を利用する時間帯です。各駅で大渋滞となり、多くの人に影響を与えることになりました。

スポンサーリンク

2020年1月22日(水)JR神戸線「塚本駅」~「大阪駅」間の橋桁で起きた衝突事故の身元情報は?

大型トラックが橋桁に衝突したという今回の事故。
幸いにも今回の事故で怪我人は出なかったと言います。

ということは衝突した大型トラックを運転していた人も怪我をしなかったみたいですね。大怪我をしてもおかしくない事故だったので、幸いでした。

大型トラックを運転していたのは男性であることが明らかになっています。
しかし名前や年齢、身元情報については公表されていませんでした。

2020年1月22日(水)JR神戸線「塚本駅」~「大阪駅」間の橋桁で起きた衝突事故についてSNSネットの反応は?

では最後に、今回注目している衝突事故についてSNSネットではどのような反応であるのか調査し情報をまとめていきたいと思います。

実は今回JR神戸線の橋桁で衝突事故が発生したのとほぼ同時刻に、琵琶湖線の沿線沿いでは火災が発生し電車の運転が一時停止となる事態になりました。

そのため多くの人に影響を与えてしまったようです。各地で大混雑が発生したのも納得ですね…。

また、JR神戸線では過去にも橋桁に衝突する事故が発生したことがあるのだとか。ツイートにもありましたが、引き寄せられるなにかがあるのでしょうか…。

同じような事故がまた発生しないことを願います。

まとめ

1月22日(水)JR神戸線「塚本駅」~「大阪駅」間の橋桁にて大型トラックが衝突したという事故について今回は注目していきました。

死亡事故、また怪我人が居なくてよかったですね。

怪我人は居なかったですが残念ながら電車の運転が停止する事態となり多くの人に影響を与えることになってしまいましたが…。

事故の対応に追われた方、混雑に巻き込まれた方、お疲れ様でした。

スポンサーリンク
おすすめの記事