婦人科に訪れた妊婦の女性に性的暴行を加えたとして、開業医の男が逮捕されました。

「タイプだった」と容疑を認めており、犯行はベッドのある個室で行われたとのことです。

今回の記事では、事件の概要や容疑者の情報、ネット上での反応をまとめました。

スポンサーリンク

矢追正幸容疑者が起こした事件の概要は?

概要から見ていきます。

妊娠中の女性患者に対し性的暴行を加えたとして、都内の開業医の55歳の男が逮捕された。

警視庁によると、東京・足立区の「矢追医院」の院長、矢追正幸容疑者は去年11月、婦人科に訪れた妊娠中の30代の女性患者に対し、性的暴行を加えた疑いがもたれている。

矢追容疑者は診察中に女性をベッドがある個室に誘導し、「先生のことを好きと言ってごらん」などと言いながら、胸や下半身を触るなどしたという。

調べに対し、矢追容疑者は「タイプだった」などと話し、容疑を認めているという。

ほかにも複数の患者から同様の被害の相談が寄せられていて、警視庁が裏付けを進めている。

引用元:ヤフーニュース

お腹の中の子供のための診察で訪れた病院で、医者に性的暴力を加えたれるとは。衝撃的なニュース過ぎて言葉が出ません。被害に遭った女性は、夫と行かなかったことを公開しているに違いありません。また、今回の事件のみならず同様の被害の相談が寄せられているとのこと。余罪を徹底的に暴き、厳罰に処してほしいものです。

スポンサーリンク

矢追正幸容疑者のプロフィール

矢追正幸容疑者のプロフィールは下記となります。
・名前 矢追正幸
・年齢 55歳
・住所 東京都足立区
・職業 開業医(「矢追医院」院長)
・逮捕理由 強制性交の疑い

スポンサーリンク

矢追正幸容疑者の顔写真は?

矢追容疑者の顔写真は、ニュースでの報道で公開されています。

矢追正幸容疑者が起こした事件がニュースでも取り上げられました

矢追正幸容疑者による患者への性的暴行事件はメディアでも報道されています。

矢追正幸容疑者が起こした事件の現場はどこ?

矢追正幸容疑者が患者の女性に性的暴行を加えたのは、容疑者が院長を務める矢追医院でした。東京都足立区にあります。

矢追正幸容疑者が起こした事件詳細は?

自身が院長を務める矢追医院で、患者の女性に性的暴行を加えたとして強制性交の容疑で逮捕された矢追正幸容疑者。事件詳細はどのようなものだったのでしょうか。

今回逮捕に至った事件が発生したのは、2019年11月のことでした。30代の妊婦の女性が矢追医院の婦人科に診察に訪れた際個室に通され、胸や下半身を矢追容疑者に触られました。その際、「好きと言ってごらん」などと言っていたとのことです。被害を受けた女性がすぐに近くの交番に相談に行き、事件が発覚しました。

矢追容疑者は、「タイプだった」と容疑を認めています。

矢追正幸容疑者の犯行動機や被害者情報は?

被害にあった30代女性の情報は公開されておりません。

他にも同様の被害の相談があることを踏まえると今回の一件だけではないことが予想されます。今回の事件では被害者が勇気をもって警察に相談に行きましたが、ショックと恐怖で性被害を相談できないケースは多々あります。きちんと被害を届け出て、矢追容疑者の逮捕に至らせた通報をした女性の勇気はすばらしいですね。

矢追正幸容疑者の家族構成・年収・SNS情報は?

矢追正幸容疑者の家族構成・SNSアカウントについて調査をしましたが、本人の特定には至りませんでした。

年収についてですが、開業医で産婦人科医院となると2千万円前後くらいでしょうか?

人として決して許されざる行為をし、この先の人生を破滅させてしまいましたね。

矢追正幸容疑者が起こした事件についてSNSネット上の反応は?

この事件に対しネット上では、どのような反応なのでしょうか。

“バレないと思ったのかね。55歳、イケメンか如何か分からないが、いくらイケメンでもねえ。医学生の非常識破廉恥はまだ分かるような気がするが、良い大人が。医師会から派遣された処分委員会は甘すぎる決定が続いている。裁判所が有罪にしない限り、医師免許の剥奪は無い。上級国民の医師、判事、検事に対して国民はガンガン抗議しないと被害は国民持ちでバカを見続ける。“
(ヤフーニュース)

“初めて個人病院の婦人科を診察に訪れた時、同じ目にあったので、このニュースを見て同じ事をされてる人は居るんだと思いました。私の場合は、看護師に真裸になって待つように言われ、その後老人の医師がやってきて検察と言う名の元胸を鷲掴みにされて揉まれた。
男性経験も無かったので、今でもトラウマになってます。“
(ヤフーニュース)

“気持ち悪いなぁ。物言いが完全に成人向け映像作品のそれ。見過ぎで現実と仮想の区別がつかなくなったんじゃないの?完全にどこか頭のネジが緩んでるよね。”
(ヤフーニュース)

ヤフーニュース、ツイッターに寄せられておりましたコメントを引用させていただきました。

矢追医院に行ったことがあるという人たちも、院長の逮捕に共感の声を寄せています。広告を多く打ち出しているようですが、あまり評判の良い医者ではなかったようです。また、今回の事件を知って過去の被害を思い出したという方も。医者と個室になる病院では、性的被害は頻繁に起こっているようです。

まとめ

婦人科を訪れた妊婦に性的暴行を加えたとして、開業医の男が逮捕された事件を取り上げました。

余罪は複数ありそうで、妊婦が「タイプだった」というだけで手を出すとは、医者である資格がないような男でした。被害を受けた女性の精神的ショックを思うと気の毒です。厳しく罰してもらいたいですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事