2020年1月28日(火)
東京メトロ東西線「茅場町駅」で人身事故が発生しました。

一体どのような人身事故が発生したのでしょうか。

Twitterには人身事故発生当時、偶然現場に居合わせたとみられるユーザーにより、当時の状況が詳しくツイートされています。
中にはリアル過ぎる当時の様子を撮影した画像も…。

そこで今回は、人身事故発生の概要や当時の状況をみていきたいと思います。

スポンサーリンク

2020年1月28日(火)東京メトロ「茅場町駅」で起きた人身事故の概要は?

1月28日(火)東京メトロ東西線にて人身事故が発生しました。
人身事故発生時刻は午後5時55分頃だったと言います。

一体どのような人身事故が発生したのでしょうか。
Twitterには人身事故発生当時の状況が投稿されており、投稿されたツイートから、人身事故の概要を知ることができました。

どうやら今回人身事故が発生したのは、東京メトロ東西線「茅場町駅」のホームだということがTwitterに投稿された目撃情報から明らかになりました。

該当電車のフロントガラスが割れている様子がTwitterに多数投稿されていました。間違いなく、電車と接触した人がぶつかったために割れたんですよね…。

運転席のほぼ目の前が割れています。これは、該当する電車を運転していた運転手さんは相当驚いたはず。
メンタル面が非常に心配です。

駅のホームで発生した人身事故だったということで、すぐに現場に駅職員が駆けつけました。そして救急隊も駆けつけたと言います。

そして回収作業や現場検証が行われたそうです。

Twitterには救出作業、現場検証が行われているそのときに投稿されたツイートがありました。
主電源が切られ、電車の車内は真っ暗になってしまったようです。
駅のホームにて停止したのであれば、すぐに乗客を降ろせそうなものですが…。

スポンサーリンク

2020年1月28日(火)東京メトロ「茅場町駅」で起きた人身事故当時の現場の状況は?

東京メトロ東西線「茅場町駅」にて発生した人身事故の影響で、東京メトロ東西線では「九段下駅」~「東陽町駅」間が一時運転停止となりました。

その影響で、東京メトロ東西線の各地で大混雑となる事態に…。

今回注目している人身事故が発生したのは、午後5時55分頃でした。ちょうど帰宅ラッシュにぶつかる時間帯に発生してしまったため、大混雑になった様子。

Twitterに投稿されているように帰宅難民になった方が多数居たようです。

その後、午後7時35分頃に運転再開となりましたが、ちょうど帰宅ラッシュの時間帯にぶつかってしまったため、なかなか混雑は解消されなかったと言います。

スポンサーリンク

2020年1月28日(火)東京メトロ「茅場町駅」で起きた人身事故の身元情報は?

人身事故が発生した場合、その60%が自殺目的であると言われています。(近年発生件数が異常なほど増えているため%はもっと高いかも…)

ですが、今回注目している人身事故はどうやら違ったようです。

「バランスを崩して線路に落ちた」という目撃情報が投稿されていたのです。

実は今回注目している人身事故が発生した東京メトロ東西線「茅場町駅」は、ホームが狭く、以前から「怖い」と感じる人が居たようです。

多くの人が利用する駅のホームが狭いって、どういうことなのでしょう。

今回注目している人身事故で電車と接触した人が生きていたのか、それとも亡くなったのか、残念ながら生死については明らかになっていません。

不慮の事故なので、無事だったらいいのですが…。

2020年1月28日(火)東京メトロ「茅場町駅」で起きた人身事故についてSNSネットの反応は?

では最後に、東京メトロ東西線「茅場町駅」にて発生した人身事故についてSNSネットではどのような反応であったのか調査しまとめていきます。

多くの人に影響を与えたということが、投稿されたツイートから分かります。

ホームドアをつければ防げる事故だったために、「早くホームドアをつけるべき」という声も投稿されていました。

まとめ

1月28日(火)東京メトロ「茅場町駅」にて発生した人身事故について今回は気になる情報をまとめていきました。

不慮の事故だったということで、バランスを崩し線路に落ちてしまった人の安否が気になるところ。もしかすると押されてしまったのかも…。

日本には多くの人が利用する駅であるのにホームが狭い、さらにホームドアがない駅がたくさんあります。構造上難しいこともあるのかもしれませんが、ホームドアの設置を早急に進めないといけないのではないでしょうか。

ホームドアの設置が当たり前の世の中になりますように。

合わせて読みたい

スポンサーリンク
おすすめの記事