2020年1月28日、西武池袋線江古田駅~桜台駅間で人身事故が起きました。

都心の利用客の多い路線で運転見合わせとなったことから多くの人が路頭に迷いました。人身事故が起きた踏切を推理する声も見つかりました。

今回の記事では、江古田駅~桜台駅間で発生した人身事故について、事故の概要や当時の状況、ネット上での反応などをまとめました。

スポンサーリンク

2020年1月28日西武池袋線江古田駅~桜台駅間で起きた人身事故の概要は?

2020年1月28日20時50分ごろ、江古田駅~桜台駅間にて発生した人身事故。事故の影響で、池袋~所沢駅間での運転見合わせとなりました。事故発生当時は、21時30分に運転が再開する見込みだったとのことです。

西武新宿線の各駅構内にはアナウンスや掲示板などで人身事故の発生と運転見合わせを知らせる動きがあったようです。今回の人身事故により、西武池袋線のみならず周辺の列車の運行状況にも乱れが生じたようで、運転見合わせと遅延が相次いで起こりました。

スポンサーリンク

2020年1月28日西武池袋線江古田駅~桜台駅間で起きた人身事故当時の状況は?

2020年1月28日、西武池袋線で発生した人身事故。事故発生当時に西武池袋線を利用していたと思われる人々らが事故当時の状況をツイートしていました。

順調に帰路についていてあと一駅というところで運転見合わせとなった人もいたようです。運転見合わせと遅延によってホームには人があふれかえったのでしょうか、「気持ち悪い」と表現している人もいました。

振り替え輸送は行われたようですが、それでも最短距離で西武池袋線を利用して移動しようとしていた人にとっては事故は迷惑であったことに変わりはありませんね。

スポンサーリンク

2020年1月28日西武池袋線江古田駅~桜台駅間で起きた人身事故の身元情報は?

2020年1月28日(火)の夜に起きた人身事故。人身事故本人の身元情報が気になります。

人身事故を起こした当本人の詳しい情報は公開されていませんが、事故現場を推測するツイートが見つかっています。こちらのツイートによると踏切での事故と推理されていますが、踏切で人身事故となると列車が来たところに飛び込んだか、線路で列車を待機していたかのどちらかですね。周囲が暗かったのもあり、運転士も気が付かなかったのかもしれません。

2020年1月28日西武池袋線江古田駅~桜台駅間で起きた人身事故についてSNSネットの反応は?

江古田駅~桜台駅間での人身事故と電車の運転見合わせに対して、ネット上での反応はどのようなものだったのでしょうか。

ツイッターから引用しました。

どうやら西武新宿線は人身事故による運転見合わせや列車の運行の乱れが頻繁に生じる路線のようで、西武新宿線沿いの方々はうんざりしているようです。普段使う電車がよく止まるとなると、不便だしストレスがたまる気持ちもわかります。

また、運転見合わせをした区間について不満を持つ人も。利用客のことを考えて最も小さい範囲で運転見合わせをするべきだった、との主張。もっともかもしれませんが、鉄道側にも事情があったのでしょう。

まとめ

今回は、2020年1月28日に起きた江古田駅~桜台駅間での人身事故と、それにともなう電車の運転見合わせについて取り上げました。

東京都内の路線ということもあり、多くの利用客が被害をこうむりました。人身事故を起こした人がいること、電車が止まっている背景には人が命を投げ出しているということは無視できませんが、知らない人の自殺に付き合わされるのも困りますよね。人身事故に遭遇しても問題ないよう、早めに行動するくらいしか個人レベルでの対策はとれなさそうです。

合わせて読みたい

スポンサーリンク
おすすめの記事