2020年1月31日、京浜東北線蒲田駅~大森駅間で人身事故が起きました。

踏切での人身事故のようで、事故の対応には1時間以上かかったそうです。列車と接触した人は、亡くなったものと見られます。

今回の記事では、京浜東北線蒲田駅~大森駅間駅で発生した人身事故について、事故の概要や当時の状況、ネット上での反応などをまとめました。

スポンサーリンク

2020年1月31日京浜東北線蒲田駅~大森駅間で起きた人身事故の概要は?

2020年1月31日18時50分ごろ、京浜東北線蒲田駅~大森駅間駅にて発生した人身事故。人身事故により、品川~蒲田駅間での運転見合わせとなりました。20時6分ごろに運転が再開しましたが、列車の運行に遅れが生じました。

1時間以上に及ぶ運転見合わせでした。金曜夜の時間帯ということもあり、仕事や学校終わりで帰路についていた方々が多く足止めを食らったようで、運転が再開してからもホームや階段には人があふれていました。

スポンサーリンク

2020年1月31日京浜東北線蒲田駅~大森駅間で起きた人身事故当時の状況は?

1月31日金曜日、京浜東北線の根岸線蒲田駅~大森駅間駅の踏切で発生した人身事故。事故発生当時に京浜東北線を利用していたと思われる人々らが、事故当時の状況をツイートしていました。

京浜東北線が人身事故により運転見合わせとなった影響で、他の路線で迂回して帰る人が多数出ました。ふだんから通勤ラッシュと帰宅ラッシュの時間帯は列車が混むというのに、人身事故で他の路線の利用客が流れてくればなおさらのこと。駅のホームに、京浜東北線を利用できなくなった人たちがあふれかえりました。

こちら事故現場の踏切でしょうか。ツイートには、「人型を保っていたのですぐ再開できそう」とあります。人身事故に遭遇して運転見合わせを食らい足止めされる利用客も気の毒ですが、事故によるダメージが一番大きいのは列車の運転士や先頭車両の乗客でしょう。人をひいてしまうなんて経験したくないし、人が死ぬ場面なんて見たくありません。

スポンサーリンク

2020年1月31日京浜東北線蒲田駅~大森駅間で起きた人身事故の身元情報は?

2020年1月31日の昼間に起きた人身事故。人身事故本人の身元情報が気になります。

今回の事故は、駅構内ではなく踏切で起きた事故でした。人身事故を直接目撃した人による情報の発信は見つからず、列車と接触した方の性別や背格好などはわかりません。ただ、現場の踏切周辺に住んでいると思われる方のツイートでは、「人型をとどめていた」との表現も。一命をとりとめた可能性は小さそうです。

人身事故の主な原因は、自殺です。自殺した方々と家族への配慮から、人身事故の身元情報はまず明らかにされることはありません。今回の京浜東北線での人身事故も、自殺とみるのが妥当かと思われます。

2020年1月31日京浜東北線蒲田駅~大森駅間で起きた人身事故についてSNSネットの反応は?

京浜東北線蒲田駅~大森駅間駅での人身事故と電車の運転見合わせに対して、ネット上での反応はどのようなものだったのでしょうか。

ツイッターから引用しました。

実はこの日、朝にも京浜東北線で人身事故が起こりました。朝の通勤の時間帯に人身事故で運転見合わせが起こり、夜も運転見合わせとなりました。人身事故の多さにうんざりする人、イライラを隠すことができない人が多くいます。

まとめ

今回は、2020年1月31日に起きた京浜東北線蒲田駅~大森駅間駅での人身事故と、それにともなう電車の運転見合わせについて取り上げました。

金曜日の夜の人身事故ということで、一週間の疲れもあり、京浜東北線の利用客の間にはかなり不満がたまっているように見えます。人身事故は防ぎようがありません。帰宅を妨げられたあなたより、自殺した本人が一番つらかったことを理解する努力はしたいところです。

合わせて読みたい

スポンサーリンク
おすすめの記事