2020年2月1日(土)
横浜線「小机駅」にて人身事故が発生したとの情報が入っています。

一体どのような人身事故が発生したのでしょうか。

Twitterには人身事故発生当時に現場に偶然居合わせたとみられるユーザーが当時の状況をツイートしていました。

そこで今回はTwitterに投稿された目撃情報を参考にして、どのような人身事故が発生したのかその概要と当時の状況について紹介していきます。

スポンサーリンク

2020年2月1日(土)横浜線「小机駅」で起きた人身事故の概要は?

2月1日(土)12時30分頃、横浜線「小机駅」にて人身事故が発生しました。

一体どのような人身事故が発生したのでしょうか。
Twitterには人身事故発生当時の状況が投稿されており、その投稿されたツイートから人身事故の概要を知ることができました。

Twitterに投稿された目撃情報を見てみると、今回注目している人身事故が発生したのは横浜線「小机駅」でした。
目撃情報によると、どうやら飛び降りらしい…。

「ぼこっと鈍い音がした」という目撃情報も投稿されていました。

またTwitterにはこのようなグロい当時の状況を投稿したツイートもありました。
新鮮な肉片って…、そんなの見たら間違いなくトラウマになりますよね…。

どうやら人身事故発生現場は相当なグロッキー状態だった様子。

人身事故が発生した影響で、横浜線「小机駅」では入り口のシャッターが閉められ、駅構内に人が入ることができないようにされていたと言います。

入場できないようにするということは、それだけ悲惨な現場だったのでしょう。

人身事故が発生したとの通報を受け、現場となった横浜線「小机駅」にはレスキュー隊が到着していたと言います。
目撃情報によると、救急車は到着していなかったとのこと。

救急車は皆さんご存知の通り、亡くなった人は運びません。

人身事故の発生が確認できた時点ですでに電車と接触した人は息をしていなかったのでしょう。死んでいるなら救急車は呼ばないですもんね。
飛び降りであるなら死因もはっきりしていますし。

スポンサーリンク

2020年2月1日(土)横浜線「小机駅」で起きた人身事故当時の現場の状況は?

横浜線「小机駅」にて人身事故が発生したとの通報を受け駆け付けたレスキュー隊や駅職員たちにより回収作業や現場検証等が行われました。

その間横浜線では一部区間で運転を見合わせることに。
運転を見合わせた区間は横浜線「東神奈川駅」~「八王子駅」間です。

人身事故が発生し電車の運転が一時停止する事態になったことで、各地でこのように混雑する事態になってしまいました。

人身事故により、多くの人に影響を与える事態となったことが分かります。

スポンサーリンク

2020年2月1日(土)横浜線「小机駅」で起きた人身事故の身元情報は?

人身事故が発生したということで気になる身元情報についてですが、現時点ではどのような人が飛び込んだのかという情報は公表されていません。

男性だったのか女性だったのか。
また何歳くらいの人が、そしてどのような気持ちで自らの命を絶ったのか。

うつ状態になると、吸い寄せられるという情報を耳にしましたが…。

今回注目している人身事故でも、他の人身事故と同様に身元情報は公表されないままとなることでしょう。
飛び込み自殺である可能性が非常に高いという今回の人身事故。

親族への配慮などから身元情報は公表されないのではないでしょうか。

2020年2月1日(土)横浜線「小机駅」で起きた人身事故についてSNSネットの反応は?

では最後に、横浜線「小机駅」にて発生した人身事故について今回はSNSネットの反応を調査しまとめていきたいと思います。

人身事故が発生したことで多くの人が悲痛の声を投稿していました。

いくら出勤・通学の時間帯、帰宅の時間帯でないとはいえ、多くの人が利用する路線であるため運転停止はかなりのダメージとなったようです。

まとめ

2月1日(土)に横浜線「小机駅」にて発生した人身事故について今回は気になる情報をまとめていきました。

どうやら結構グロッキーな現場だったみたいですね…。
目撃してしまった人のメンタルが非常に心配です。

全国各地で発生している人身事故。今年も変わらず増え続けています。

どうしたら人身事故発生件数は減るのでしょうか。
鉄道関係の人は被害者側ではありますが、ちょっとなんかしらの対応をしないのも悪いような気が…。

ホームドアを設置していない駅はすぐさま設置するべきなのではないでしょうか。

合わせて読みたい

スポンサーリンク
おすすめの記事