2020年2月6日(木)、鹿児島本線箱崎駅で人身事故が起きました。

「通るときぐしゃっていった」などの証言も見つかっており、人身事故を起こした本人の無事はまず見込めなさそうな人身事故でした。

今回の記事では、鹿児島本線箱崎駅で発生した人身事故について、事故の概要や当時の状況、ネット上での反応などをまとめました。

スポンサーリンク

2020年2月6日(木)鹿児島本線箱崎駅で起きた人身事故の概要は?

2020年2月6日14時30分ごろ、鹿児島本線箱崎駅にて発生した人身事故。事故の影響で、折尾~博多駅間での運転見合わせとなりました。JR九州により運営されていると思われるツイッターアカウントでは、当該列車は二日死13時56分発の門司港行の列車だったとの情報が発信されています。

スポンサーリンク

2020年2月6日(木)鹿児島本線箱崎駅で起きた人身事故当時の状況は?

鹿児島本線箱崎駅で発生した人身事故。事故発生当時に箱崎駅を利用していたと思われる利用客らが事故当時の状況をツイートしていました。

人身事故による影響で、特急列車も運転見合わせとなりました。何も知らずに駅を利用しようとして駅に行ったら運休だと知るのはかなりがっかりしますよね。逆に、普段とは違う様子の運転状況を表示する電光掲示板を物珍しく見る方もいたようです。

列車が一時間以上止まってしまって、足止めされた方も。人身事故現場付近では警察が駆け付け、現場検証を行っていたようです。周囲に他にも使える路線やバスがあれば人身事故による運転見合わせもなんとか振り替え輸送を利用して乗り越えられますが、付近の主要路線がつぶれたとなると、利用客にはとても不便です。

スポンサーリンク

2020年2月6日(木)鹿児島本線箱崎駅で起きた人身事故の身元情報は?

2020年2月6日(木)の14時ごろ、昼間に起きた人身事故。人身事故本人の身元情報が気になります。

人身事故は自殺のケースが多く、基本的には本人と家族に配慮して身元情報を公開することはまずありません。自殺した本人は、命を投げ出すまで苦しみ、その家族らはこれから列車を止めた賠償金を払うことになります。列車を止めたことで多くの人の予定を狂わせ、家族に支払いをさせる人身事故による自殺は、世の中や周囲の人間を恨む人にはもってこいの自殺方法なのかもしれません。

箱崎駅にいた人、そして当該列車に乗っていたと思われる人たちによるツイートです。「上下いってる」「通るときぐしゃっていった」などの表現から、列車と接触した人の命はまず助かっていないものと見られます。ご冥福をお祈りします。

2020年2月6日(木)鹿児島本線箱崎駅で起きた人身事故についてSNSネットの反応は?

鹿児島本線箱崎駅での人身事故と電車の運転見合わせに対して、ネット上での反応はどのようなものだったのでしょうか。

ツイッターから引用しました。

圧倒的に多いのが、箱崎駅での人身事故のニュースを聞き驚き、イライラを示す人たちです。出かける予定などがあったなら、不便極まりないですもんね。また、当該列車に乗っていたと思われる方々のツイートも目立ちました。列車が突然止まったようですが、それが人身事故なのかなんなのかわからずに乗客は混乱しています。

まとめ

今回は、2020年2月6日(木)に起きた鹿児島本線箱崎駅での人身事故と、それにともなう電車の運転見合わせについて取り上げました。

今回の人身事故では当該列車が通った際に人を踏み潰したような音がしたようで、目撃情報こそなかったものの人身事故による精神的ショックを受けた人は少なからずいたようです。誰かの死に方についてどうこう言うことはできませんが、人身事故を起こすと周囲の人たちに物理的な不都合と精神的なショックを与えうるので、勘弁してほしいです。

合わせて読みたい

スポンサーリンク
おすすめの記事