2020年2月19日(水)
大阪・難波にて火災が発生しました。

一体どのような火災が発生したのでしょうか。

Twitterには火災発生当時に偶然現場に居合わせた、また近くに住むユーザーが投稿した現地の状況がツイートされています。

そこで今回は一体どのような火災が発生したのかについて注目。
火災発生当時の状況やSNSネットの反応など気になる情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

2020年2月19日(水)大阪市中央区難波千日前で起きた火災当時の状況は?

2月19日(水)午前8時50分頃。
大阪・難波にて火災が発生しました。

Twitterを調査してみると、火災発生現場を撮影した画像や動画が投稿されており、投稿された画像から火災発生当時の様子を確認することができました。

では、火災発生当時の状況をみていきましょう。

Twitterに投稿された火災発生当時に撮影された画像や動画を見てみると、このようにビルの屋上から出火している様子を確認することができました。

ビルの屋上で火災って、一体なぜ発生したのでしょうか。

「火事です。黒い煙が見えます。」という男性からの119番通報があり、すぐに消防隊が駆け付け消火活動が行われました。

目撃情報によると、複数の消防隊が出動していたようです。

また火災発生現場には警察も駆けつけ、規制線が張られていたと言います。
現場にカメラ(マスコミですね)も駆けつけていたそうです。

多くの人が行き交う難波という場所にて発生した火災であったため、多くの人が立ち止まり火災発生時の様子を見ていたとのこと。

スポンサーリンク

2020年2月19日(水)大阪市中央区難波千日前で起きた火災の場所は?

大阪・難波にて発生した火災について今回は注目しています。
一体どこで発生したのでしょうか。

Twitterに投稿された目撃情報によると、「タイトーステーション 難波店」の隣にあるビルにて発生したとのことが明らかになりました。

住所:大阪府大阪市中央区難波千日前15−12

どうやら今回注目している火災が発生したビルは、建設中のビルだったらしい。
8階建てのビルで、やはり予想通り屋上からの出火だったと言います。

スポンサーリンク

2020年2月19日(水)大阪市中央区難波千日前で起きた火災の出火元と身元情報は?

 

大阪・難波にある建設中のビルの屋上から出火した火災について今回は注目しています。

一体なぜ火災が発生したのでしょうか。

調査してみると今回の火災では、建設中の8階建てのビルの屋上にある断熱材が燃えてしまったことで発生したと言います。

火器があるようなところではありませんが…、たばこの火などでしょうか。

火災が発生したということで、人的被害についても気になるところ。

Twitterに投稿された目撃情報によると、どうやら今回注目している火災では建設現場で作業をしていた作業員が負傷したと言います。

現場には救急車も駆けつけていたのだとか。
負傷者が発生したということで、命に別状があるのか心配なところ。

調査してみたところ、今回の火災で負傷したのは30代の男性であると言います。
火災が発生したビルの屋上で、煙を吸ってしまったそうです。

すぐに駆け付けた救急車にて緊急搬送されました。
幸いなことに、命に別状はなかったとのことです。

2020年2月19日(水)大阪市中央区難波千日前で起きた火災についてSNSネットの反応は?

では最後に、大阪・難波の建設中のビルの屋上にて発生した火災について、SNSネットではどのような反応であるのか調査していきたいと思います。

大阪・難波という多くの人が行き交う場所にて火災が発生したということで、ツイッターには火災発生当時の画像や動画が多数投稿されていました。

まとめ

2月19日(木)に大阪・難波にある建設中のビルの屋上にて発生した火災について今回は気になる情報をまとめていきました。

街中で火災が発生すると、怖いですよね…。

また今回の火災が原因で、すぐ隣にあったビル「タイトーステーション 難波店」はお店を一時閉店せざるを得なくなってしまったと言います。

一日もはやいお店の復旧を願います。

スポンサーリンク
おすすめの記事