2020年2月28日(金)
東京「原宿駅」付近にて火災が発生したとの情報が入ってきました。

一体どのような火災が発生したのでしょうか。

Twitterには火災発生当時に偶然現場に居合わせた、また近くに住むユーザーが投稿した現地の状況がツイートされています。
街中で発生した火災であったため、多くの目撃情報が投稿されていました。

そこで今回は、一体どのような火災が発生したのかについて注目。
火災発生当時の状況やSNSネットの反応など気になる情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

2020年2月28日(金)「原宿駅」付近で起きた火災当時の状況は?

2月28日(金)午前8時頃。
東京「原宿駅」付近にて火災が発生しました。

Twitterを調査してみると、火災発生現場を撮影した画像や動画が投稿されており、投稿された画像から火災発生当時の様子を確認することができました。

では、火災発生当時の状況をみていきましょう。

Twitterに投稿された火災発生当時の画像を見てみると、このように黒煙が高々と上がっている様子を確認することができます。

通勤・通学の忙しい時間帯ですが、立ち止まって火災の様子を見ている人が多く居たこともTwitterに投稿された画像から確認することができました。

今回注目している火災は、東京の「原宿駅」の近くという多くの人が行き交う場所にて発生したということで、テレビのニュース番組で報道されていました。

どうやら火災が発生したのは、2階建ての木造アパートだったようです。
報道によると、アパートの1階と2階合わせて60平方メートルが焼けたのだとか。

火災発生当時、このように周辺には消防車と救急車という緊急車両が複数台駆け付けていたと言います。
そのため一時現場は騒然としていたそうです。

スポンサーリンク

2020年2月28日(金)「原宿駅」付近で起きた火災の場所は?

今回注目している火災が発生した場所は、JR「原宿駅」から約1キロの距離にあり、明治通りから一歩入ったマンションや雑居ビルが立ち並ぶ一角だったそうです。

火災発生現場となった木造アパートの周辺には建物が多く、延焼の恐れが高いため怖い思いをした人は多かったのではないでしょうか。

現時点でアパート名などは公表されていません。

スポンサーリンク

2020年2月28日(金)「原宿駅」付近で起きた火災の出火元と身元情報は?

 

今回注目している火災は、木造アパートの一室で発生しました。
一体なぜ火災が発生したのでしょうか。

調査してみましたが、現時点でなぜ火災が発生したのかという原因については明らかになっていません。

ですが、アパートの一室にて火災が発生したということなので、こんろなど調理機器からの出火、またはたばこの不始末である可能性が高いでしょう。
また暖房機器からの出火という可能性も多いに考えられるでしょう。

同じような火災が発生しないためにも火災の原因は公表してもらいたいですが…。

火災が発生したということで、気になるのは人的被害についてです。

今回注目している火災では、残念ながら3人の住民が逃げ遅れたとみられています。
現時点で救助されたのかどうかは不明です。

また逃げ遅れたとみられる住民3人の他、男性が1人怪我をしたということです。

2020年2月28日(金)「原宿駅」付近で起きた火災についてSNSネットの反応は?

では最後に、「原宿駅」付近にある木造アパートにて発生した火災について、SNSネットではどのような反応であるのか調査し反応していきたいと思います。

Twitterにて反応を調査してると、多くの人が火災が発生したことについて驚いている様子でした。
また「ヘリコプターの音がうるさい」や「朝から煙ってる」といった当時の状況もTwitterには多く投稿されています。

まとめ

2月28日(金)東京の「原宿駅」付近にある木造2階建てアパートにて火災が発生したということで、今回は気になる情報を調査しまとめていきました。

逃げ遅れた人が居るとの情報で、心配です。
無事救出されているといいのですが、どうなのでしょう。

(報道によっては逃げ遅れた人は4人という情報も)

空気が乾燥しているためあっという間に火が燃え上がってしまったのでしょう。
火災は本当に怖いものです。

火を扱う際には、くれぐれも気を付けてもらいたいと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事