2020年2月28日(金)
千葉県印西市木下にて火災が発生したとの情報が入ってきました。

一体どのような火災が発生したのでしょうか。

Twitterには火災発生当時に偶然現場に居合わせた、また近くに住むユーザーが投稿した現地の状況がツイートされています。
街中で発生した火災であったため、多くの目撃情報が投稿されていました。

そこで今回は、一体どのような火災が発生したのかについて注目。
火災発生当時の状況やSNSネットの反応など気になる情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

2020年2月28日(金)千葉県印西市木下で起きた火災当時の状況は?

2月28日(金)午前9時頃。
千葉県印西市木下にて火災が発生しました。

Twitterを調査してみると、火災発生現場を撮影した画像や動画が投稿されており、投稿された画像から火災発生当時の様子を確認することができました。

では、火災発生当時の状況をみていきましょう。

Twitterに投稿された火災発生当時の様子を撮影した画像を見てみると、このように黒煙が高々と上がっている様子を確認することができました。

遠くからでも黒煙が上がっている様子を確認することができます。

Twitterに投稿された目撃情報によると、どうやら今回注目している火災が発生したのは住宅などではなく、車であったとのことです。

車両火災でこれだけの濃さ、量の黒煙が出ているって心配ですよね…。

スポンサーリンク

2020年2月28日(金)千葉県印西市木下で起きた火災の場所は?

今回注目している火災は一体どこで発生したのでしょうか。

Twitterにて情報を調査してみると、このような情報が投稿されていました。

どうやら今回注目している火災は千葉県印西市木下1730番「千葉県月の友の会赤門会員店」の近くにて発生したとのこと。

そして、車両火災であったとの情報が明らかになりました。

走行中の車両が燃えたのか。
それとも駐車場などで停車している車両が燃えたのか。

詳しい火災の概要については、現時点では公表されていませんでした。

スポンサーリンク

2020年2月28日(金)千葉県印西市木下で起きた火災の出火元と身元情報は?

 

火災が発生したということで、気になるのは出火の原因と身元情報についてです。

まず最初に注目するのは出火の原因についてです。
調査してみたところ、原因については公表されていませんでした。

Twitterに投稿された情報通りに車両火災だったのであれば、燃料漏れやオイル漏れといったことで発生したのではないかと思われます。

車両火災は決して珍しいことではありません。
特に高速道路などで発生するケースが高いです(夏場は特に)。

また火災が発生したということで、人的被害についても気になるところ。

今回は車両火災であったということで燃えてしまった車を運転していた人(所有者)が無事であったかどうかが気になります。

現時点では特に情報は出ていません。
火災が発生しすぐに車内から外に逃げたことを願います。

2020年2月28日(金)千葉県印西市木下で起きた火災についてSNSネットの反応は?

では最後に、千葉県印西市木下1730番にある「千葉県月の友の会赤門会員店」の付近にて発生した火災についてSNSネットではどのような反応であったのか調査し、その反応をまとめていきたいと思います。

Twitterにて反応を調査してみると、火災が発生したことに気付いた人たちが心配そうな声を投稿していました。

またここら辺では最近火災が多いと言います。

まとめ

2月28日(金)千葉県印西市木下1730番にある「千葉県月の友の会赤門会員店」の付近にて発生した火災について気になる情報をまとめていきました。

今回注目している火災は車両火災であるとのこと。

住宅火災でももちろん言えることですが、車を運転するドライバーであれば車両火災もいつ身に降りかかるか分からない恐ろしい火災です。

車両火災を防ぐためにできることは、定期的な車両点検ではないでしょうか。
2年ごとの車検のときにしか点検しないという人は少なくありません。

自分の身を守るためにも、定期的な車両点検を行うことをおすすめします。

スポンサーリンク
おすすめの記事