新型コロナウイルスの影響でマスクが品切れ状態になっている日本。
「マスク入荷」の広告が出れば開店前から長蛇の列が殺到するなど、今日本は異常事態となっています。

そんな中、生活必需品も品薄になる事態に…。
品薄になっている生活必需品は、生理用品、トイレットペーパーやティッシュペーパーです。

マスクに続き買い占めの動きとなり、品薄になっています。

そこで今回は、生理用品、トイレットペーパーやティッシュペーパーの買い占めについて今日本はどのような状態になっているのか調査しまとめていきます。

スポンサーリンク

生理用品・ティッシュ・トイレットペーパー品薄状態の概要は?

ドラックストアやスーパーマーケット、ホームセンターなどで生理用品、トイレットペーパーやティッシュペーパーが品薄状態になっています。

なぜこのような状態になっているのでしょうか。

新型コロナウイルスの影響でマスクが品薄になっているその理由は明確です。
その理由は、マスクの生産工場が中国にあるから。

中国は日本以上に新型コロナウイルスの影響を受けています。
そのため工場で働く人でも少なくなっており、生産が追い付いていないのです。

需要と供給が合っていないというのがマスク品薄の理由でもあるでしょう。

では、現在品薄状態になっている生理用品、トイレットペーパーやティッシュペーパーはどうなのでしょうか。

調査してみたところ、生理用品、トイレットペーパーやティッシュペーパーはマスクとは違い、ほとんどが日本の工場で作られていると言います。

ではなぜ…。

その理由は、不安心理からであると思われます。

「マスクのように品薄になるかもしれない」という思いから買い占めしようとする人が現れる。お店に商品が無くなる。不安になって買い占める。

この無限のループに今日本国民はハマっているのだと思われます。

スポンサーリンク

ドラッグストアの店内の様子は?

ここでは、ドラックストアの店内様子をみていきましょう。
Twitterを調査してみると、生理用品、トイレットペーパー、ティッシュペーパーといった生活必需品がなくなった空の棚を撮影した画像が投稿されていました。

こうしてみると、ほんとうに空ですよね…。

スポンサーリンク

これから品薄対策はどうすればいい?

品薄対策として私たちができること。
それは不要な買い占めはしないということです。

「無くなったらどうしよう…」と心配する気持ちは非常に分かります。
私も正直不安です。

ですが、出たら出ただけ買い占めとしまうとどこも品薄状態になってしまいます。

必要な分だけ購入すること。
買い占めないことが、品薄対策として私たちができることだと思います。

どうしても必要な人だけ店員さんに申告して購入することができるというシステムにすれば不要な買い占めが減りそうですが…。
でもそうすると店員さんたちの負担になってしまいますよね。

一日でもはやく日常が戻ってくるといいですが…。

生活必需品が品薄状態についてSNSネットの反応は?

では最後に、生理用品やトイレットペーパー、ティッシュペーパーといった生活必需品が品薄になっていることについてSNSネットではどのような反応となっているのかここでは調査しまとめていきたいと思います。

Twitterにはこのように「困る」といった声が多数投稿されていました。

マスクは最悪なくても困らないですが(花粉症の人は別)、トイレットペーパーやティッシュペーパーは困りますよね。

中でも生理用品の品薄状態は、女性として本当に困る…。

まとめ

今回は現在日本で起こっている生理用品、トイレットペーパー、ティッシュペーパーといった品薄状態について気になる情報をまとめていきました。

私も今身近に起こっていることで、困っています。
幸い買っていたものがあったのですぐに困るということにはなりませんが、それでもこの品薄状態が続くといずれは困る状態になってしまいます。

一日でもはやく、元の日常に戻るといいのですが…。

スポンサーリンク
おすすめの記事