2020年3月16日、東海道本線西岐阜駅で人身事故が起きました。

西岐阜駅にいた方によるつぶやきも見つかっており、東海道本線の利用客の間ではきちんと運転再開見込みの時刻についても共有されていなかった様子が伝わります。

今回の記事では、東海道本線西岐阜駅で発生した人身事故について、事故の概要や当時の状況、ネット上での反応などをまとめました。

スポンサーリンク

2020年3月16日東海道本線西岐阜駅で起きた人身事故の概要は?

2020年3月16日(月)14時15分ごろ、東海道本線西岐阜駅にて人身事故が発生しました。事故の影響で、岐阜~大垣駅間での運転見合わせとなりました。15時40分に運転再開見込みだったようです。

東海道本線の西岐阜駅構内での人身事故。事故の該当列車は特急しらさぎ号でした。今回の人身事故により運転見合わせと遅延が発生し、平日の日中という時間帯、また東海道本線以外の代替がない地域ということもあり、多くの人に不都合を生じさせたようです。

スポンサーリンク

2020年3月16日東海道本線西岐阜駅で起きた人身事故当時の状況は?

東海道本線西岐阜駅で発生した人身事故。事故発生当時に東海道本線西岐阜駅を利用していたと思われる人々らが事故当時の状況をツイートしていました。

駅の構内ではアナウンスが流れ、運転見合わせと運転再開時刻についての周知が行われていました。駅のホームは閑散としているようです。

東海道本線を利用していた方が駅に着いたところ、ちょうど人身事故に鉢合わせえてしまったようです。人身事故は予測ができないため、発生してから迂回を求められます。予定がすでに入っていた場合、その予定に遅れるのはまず避けがたく、疲れもたまってしまいます。ツイートの方が載せている画像は代わりの列車でしょうか。乗客はあまり多くないようです。

スポンサーリンク

2020年3月16日東海道本線西岐阜駅で起きた人身事故の身元情報は?

2020年3月16日の午後に、東海道本線で起きた人身事故。人身事故本人の身元情報が気になります。

通常人身事故の身元情報が公開されることがなく、今回の事故も例にはもれません。特急しらさぎ号と接触した方の詳しい情報は明らかになっていません。他の人身事故と同様、特に事件性がなければ自殺の可能性が高いと考えられるでしょう。

生きていることに苦しみを感じ、自ら命を絶ってしまう行動をとってしまった方への気持ちに共感します。ご冥福をお祈りします。

2020年3月16日東海道本線西岐阜駅で起きた人身事故についてSNSネットの反応は?

東海道本線西岐阜駅での人身事故と電車の運転見合わせに対して、ネット上での反応はどのようなものだったのでしょうか。

ツイッターから引用しました。

人身事故に関する情報を周知するツイートや、現場に居合わせた方のツイートが目立ちます。平日昼間の人身事故、仕事やお出かけなどの予定がちょうどぶつかってしまった人もいました。東海道本線を利用する方々の間では正しい情報が共有されていない様子がうかがえ、運転再開見込みの時間もあまり知らされていなかったようです。

まとめ

今回は、2020年3月16日に起きた東海道本線西岐阜駅での人身事故と、それにともなう電車の運転見合わせについて取り上げました。

月曜日の昼下がりの事故、世間は新型コロナウイルスで大騒ぎですが今もなお仕事のために外出しなければならず、いつも通り日常を送る人々がいます。電車の運転見合わせはそんな人々にとって不便な出来事となりました。

スポンサーリンク
おすすめの記事