2020年3月20日(金・祝)
東武東上線「東武練馬駅」~「下赤塚駅」で人身事故が発生したとの情報が入っています。

一体どのような人身事故が発生したのでしょうか。

Twitterには人身事故発生当時に現場に偶然居合わせたとみられるユーザーが当時の状況をツイートしていました。

今回はTwitterに投稿された目撃情報を参考にして、どのような人身事故が発生したのかその概要。そして当時の状況について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

2020年3月20日(金・祝)東武東上線「東武練馬駅」~「下赤塚駅」で起きた人身事故の概要は?

3月20日(金・祝)午後6時16分頃。
東武東上線にて人身事故が発生しました。

一体どのような人身事故が発生したのでしょうか。
Twitterには人身事故発生当時の状況が投稿されており、その投稿されたツイートから人身事故の概要を知ることができました。

今回注目している人身事故は、東武東上線「東武練馬駅」~「下赤塚駅」間にある踏切にて発生してしまいました。

今回注目している人身事故は、東武東上線を走行している電車が踏切を通るタイミングで人が線路内に侵入し電車と接触してしまったようです。

そして、どうやらそのまま接触した人は電車の下敷きになってしまったようで…。

人身事故が発生したとの通報を受け、すぐに現場には救急隊が駆けつけました。
そして救助作業、現場検証が行われたと言います。

その間、東武東上線では「池袋駅」~「和光市駅」間の上下線で運転を一時見合わせることになりました。

運転再開となったのは、約1時間半後の午後7時48分頃であったとのこと。

スポンサーリンク

2020年3月20日(金・祝)東武東上線「東武練馬駅」~「下赤塚駅」で起きた人身事故当時の現場の状況は?

人身事故が発生した当時、現場は騒然としていました。

人身事故が発生し駆け付けた救急隊により作業が行われている間、該当する電車は電気を落とし真っ暗になっていたそうです。
辺りが暗くなってくるこの時間帯に停電って怖いですよね…。

どのくらいの時間停電だったのかは分かりませんが、人身事故発生当時電車に乗っていた人は怖い思いをしたのではないでしょうか。

人身事故が発生し、東武東上線の一部区間では電車の運転が停止する事態となりました。その影響で各地で行き場を失った人たちの姿が見られたそうです。

この時間、仕事が終わって早く家に帰りたいという人が多いはず。

人身事故は何時に発生しても迷惑ですが、おそらく夜に発生するのが一番困るのではないかと個人的に思います。だってはやく帰りたいですよね…。

スポンサーリンク

2020年3月20日(金・祝)東武東上線「東武練馬駅」~「下赤塚駅」で起きた人身事故の身元情報は?

人身事故が発生したということで、気になるのはどのような人が電車に飛び込んだのかということです。

そこで調査してみました。
ですが、現時点では特に情報は出ていません。

生死についても不明です。
ですが電車の下敷きになっていたという目撃情報がありましたので、今回の人身事故で電車と接触した人は亡くなっていたのではないかと思います。

一体、亡くなった方の身になにがあったのでしょうか…。

2020年3月20日(金・祝)東武東上線「東武練馬駅」~「下赤塚駅」で起きた人身事故についてSNSネットの反応は?

では最後に、東武東上線にて発生した人身事故についてSNSネットの反応を調査しまとめていきたいと思います。

東武東上線の人身事故発生件数は異常です。
あまりの発生件数の多さに、東武東上線を利用するユーザーは「ホームドアを増やすより踏切を減らせ」とツイートしていました。

どうやら東武東上線で発生する人身事故は、踏切でが多いらしい。

そうなってくると確かに踏切を減らした方が人身事故の発生件数は減らせるかも。

まとめ

3月20日(金・祝)に東武東上線にて発生した人身事故について今回は気になる情報をまとめていきました。

踏切にて発生したようで、衝突後下敷きになったようですね…。

自ら命を絶つ行為があったという事実を知ると、悲しい気持ちになります。
増え続ける人身事故の発生件数。

一体どのようにすれば、発生件数を減らすことができるのでしょうか…。

スポンサーリンク
おすすめの記事